学生アリスシリーズ

有栖川有栖(学生アリスシリーズ第4段)「女王国の城」ようやく5人で戦います!

昔の戦隊ものは、4人の男性+1人の女性というパターンが多い。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ガッチャマンとかな(古い・・・)

なぜかはよく解らないけど、男性5人だと華がないから、1人くらい女性を入れておけ・・・みたいな感じなのか。

その戦隊もののチーム編成通りになった、推理小説研究会第4作目「女王国の城」いってみましょう!

有栖川有栖(学生アリス)「女王国の城」あらすじ

英都大学・推理小説研究会の部長、江神が謎の宗教団体「人類協会」の調査に行ったきり、帰ってこない。

心配した部員たち(アリス・麻理亜・望月・織田)が「人類協会」に探しにいくも、なぜか会わせてもらえない・・・。

同じ宿に泊まっている、元刑事・椿と、UFOマニア・荒木と共に、何とか人類協会内部に入ることができ、江神とも会える。

よかったよかった・・・と思いきや、今度はなぜか全員が帰らせてもらえないことになる。

協会は、一体何を隠しているのか?そしてついに起こった殺人事件。

11年前の未解決事件もリンクさせながら、人類協会内で死者は増えていく・・・。

有栖川有栖(学生アリス)「女王国の城」 感想

最初に思ったのがこれ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
学生アリスシリーズ第3段『双頭の悪魔』と同じ展開?

双頭の悪魔レポはこちら!

部員の一人が、怪しげなところに行ったきり帰ってこないこと。
帰ってこない部員を探しに、ほかのメンバーが乗り込むところ。
そしてそこで殺人事件が起こること・・・などである。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
まさかの二番煎じか・・・?

と思いきや、全然違う。内容は『女王国の城』のほうが濃い。

なぜなら謎が3重になっているのである。

 

その3重の謎とはこれ。

協会内で起こる、連続殺人事件の犯人・動機
11年前の事件の結末
人類協会が隠していることは何なのか?

順番に見ていこう。

連続殺人事件の犯人・動機について

当然のことながら、これがメインテーマ。

大事な証拠品のはずの「ビデオテープ」の扱いが少々雑なことや、しっかり作りこんだアリバイを持っている人物がいないことなど、「ちょっとずさんな、遊びの幅」があり捜査は難航。

なかなか「これ!」という人物まで行きつかない。

11年前の事件の結末

11年前に起こった殺害事件は、殺人なのか?自殺なのか?

決定打がないまま未解決になっている。

それだけでなく、その事件をきっかけに行方不明になった、工藤悦司という男もいまだ見つからない。

旅館で働いている晃子が、駆け落ちを約束したのに、男が来なかった謎もある。

これらは、人類協会内で起こった殺人事件と、おそらく関係があるのは解りつつも、なかな解決の糸口がつかめない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
第2の謎と第1の謎が、いかに絡み合っていたのかを解明するのかが、「女王国の城」のだいご味や

人類協会が隠していることは何なのか?

そして最後の謎はこれ。

人類協会の人間は、やたらとこう言う

人類協会幹部
人類協会幹部
後●日したら必ず○○します! 
人類協会幹部
人類協会幹部
後●日だけ待ってください! 

でも●日後に、一体何があるのかは、絶対に言おうとしない。

このもどかしさ、怪しさが、物語の中に、かすかながら常にただよっている。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネコ缶は「野上公子なる人物は、本当は存在しないのではないか」と思ってたんやけどな・・・

最後は、これらの複雑にからみあった謎を、江神氏が見事に解き明かしてくれて、大団円になるのがいい。

個人的には、教祖様の「野上公子」をもっと登場させて、卑弥呼様みたいにして、もっと怪しい宗教団体みたいにしたらいいのに~

・・・と思ったが、それは松本清張に任せよう。「神々の乱心」とかな。

有栖川有栖(学生アリス)「女王国の城」 まとめ

ネコ缶の評価

3種類の謎、部員たちの信頼と掛け合い(今回は、短いが3手に分かれるところがある)、伏線の張り巡らし方のすばらしさと、内容がてんこ盛り。

学生アリスシリーズの、フィナーレにふさわしい。
教祖様を、個人的にもっと動かしてほしかったので、そこだけ残念。でも双頭の悪魔と同じくらい、よろしおまっせ!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きさんを救う「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です