今村昌弘

今村昌弘「屍人荘の殺人」映画にもなったけど・・・好みがある内容やな

ネコ缶には、ミステリーに持ち込んでほしくないことがある

それはこれ

1、不必要な恋愛(この恋愛がないと進まない・・のはええのよ)
2、偶然・超自然的なこと(超能力とかUFOとか。それ入れたら何でもアリになる)
3、精神疾患を理由とした殺人(これも入れるとなんでもありになる)

そして4番目は「ホラー要素!」

ネコ缶、ホラー映画大嫌いなんや。
で、ゾンビとか出たら2と同じで、なんでもありになってしまうしな。

2の理由で「ラプラスの魔女」もあんまし好きやない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
今回の「屍人荘の殺人」はもろに3や。
ちなみに屍人=ゾンビなんやて。ネコ缶知らんかったで(無教養)

だいじょうぶやろか・・・そんな思いで読んでみました「屍人荘の殺人」!

今村昌弘「屍人荘の殺人」あらすじ

大学の夏休みイベントとして、映画研究会の夏合宿に強引に加わった、羽村と明智と謎の美女探偵・剣崎比留子。

しかしその夏合宿は、昨年は自殺者まで出たという、いわくつきなものだった。

参加メンバーもなんだか怪しい・・・。

しかも今年は、想像もつかなかった「ゾンビ」まで出現。

大量のゾンビに包囲された合宿所。

葉村たちは、立てこもりを余儀なくされただけでなく、参加メンバーも次々と殺害されていくという事態になる。

連続殺人事件の犯人は、合宿参加メンバーなのか?それともゾンビなのか?

そしてメンバーは生き残れるのか?美少女探偵・比留子は事件を解決できるのか?

今村昌弘「屍人荘の殺人」感想

出だしはとても軽快に始まり、わくわくしながら読んでいったが、ホラーの要素が出てきたとたん・・・・テンションが駄々下がり”(-“”-)”

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
でもまあホラー要素のおかげで、ハラハラしながらも最後まで、一気に読めることは確実かもしれん。

今回はちょっと箇条書きで書いていく。

今村昌弘「屍人荘の殺人」いいところ

 

物語の構成は、なかなか素晴らしい。

閉じ込められた人たちが一人ずつ死んでいく。

 

クローズドサークルで、一人ずつ殺されていくのはよくあるパターンやけど、ミステリーの王道。
死んだ人の傍らに、メッセージがあるのも「リラ荘」や「そして誰もいなくなった」をホーフツとさせる。

これはネコ缶的には好きなパターン。

豪華で楽しい合宿の裏に隠された、悲しい話

 

これも王道。
この事件の裏側には、何年か前に起こった悲しい出来事があって・・・てやつな。

ただこの事が解った段階で、犯人とその殺人事件の動機は8割がた解ってしまう。
まあでも、これまた好きなパターン。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
出来ればこれを、ホラー要素なし、ゾンビなしの徹底した推理小説にしてほしかったと思う。

今村昌弘「屍人荘の殺人」気になるところ

ここからちょっと、気になったことを書いていくわな。

明智が早々に物語から退場

「屍人荘の殺人」で一番魅力的なキャラの明智が、早々に退場したのは本当に惜しい。

彼がいると、美少女探偵・比留子が動かしにくいという事情があるのだろう。
できれば比留子より、明智と葉村で話を進めてほしかった。

ラストの葉村のエピソードがちょっと今一つ

時計を取ったというのはいいのだが、ぐちゃぐちゃと震災の話に持っていく必要ないのでは。

そしてなぜその行動を、読者にまで隠したのか?

そのあたりがちょっと微妙だ。

葉村
葉村
そうだ、取ってやれと思って部屋に忍び込んだ、そこで美冬に会った・・なんで彼女はここにいたのだろう? 

・・・と素直に書いておいたほうが、ネコ缶的にはしっくりくる。

増え続けたゾンビが、あっさり終結してしまったのがびっくり。

ゾンビになった人は、全員政府などに殺されたのだろうか?ということもちょっと気になる。あれだけの大量のゾンビを、どう処分したのだろう。

また「ゾンビは階段を登れない」という設定だったが、山を越えているという描写もあり、「?」とも思う。

比留子は、なぜ葉村必要としていたのか?

 

比留子は葉村にかなり執着してるが、その理由が解らない。
葉村は明智のほうが、一緒にいる必要性は感じる。
次回作への伏線なのだろうか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
後、細かいところだが、比留子や他の女性登場人物の話し方がぶっきらぼうすぎ。

だれが話してるのか(男の人が話してるのか?と思った時もあった)混乱した時も多々ある。

今村昌弘「屍人荘の殺人」まとめ

ネコ缶さとこ評価

映画になったと聞いて「大量のゾンビはどないすんねん!!!( ゚Д゚)」と思ったけど、何やらマイルドな仕上がりになってたな。
きっと話も、全く別物になってるんやろな・・・あんまり見る気がしないが・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
付けたしやけど、巻頭の「紫湛荘見取り図」をコピーして書き込みながら読むと、解りやすくてGOODやで

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きさんを救う「キンドルペーパーホワイト」

POSTED COMMENT

  1. […] そんな「屍人荘の殺人」はネコ缶もさっそく読ませてもらった。 「屍人荘の殺人」はこちらから […]

  2. […] 精神疾患や幽霊、超能力を原因にしたミステリーは、良くないというのがネコ缶のポリシー。 (それやりだすと、なんでもOKになるし、どんな殺人でも可能になってしまう) ネコ缶のミステリーポリシーはこちら […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です