国名シリーズ

有栖川有栖・作家アリス(国名シリーズ第6段)マレー鉄道の謎・鉄道ダイヤは出てきません!

海外を舞台にしたミステリーの良いところは、旅行気分を味わえることだ。

特に豪華客船や、リゾート地が舞台だとその気分はますます高まる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネコ缶は東南アジアが舞台だと、嬉しくなるで!

旅行気分を満喫させてくれる、そんなミステリーを取り上げよう。

それはこれ!

有栖川有栖(作家アリス)国名シリーズ・マレー鉄道の謎

国名シリーズ6作目、これは長編だ。

300ページを超える内容なので、国名シリーズの短編を読みなれた人には、かなりのボリューム。

でも全く飽きずに読める。

では「マレー鉄道の謎」あらすじ、感想いってみよ!

有栖川有栖(作家アリス)国名シリーズ マレー鉄道の謎 あらすじ

大学時代に親しかった留学生・大龍の誘いを受けて、マレーシアに旅行にいった火村とアリス。

旧友とのんびりバカンスを楽しもうと思いきや、ひょんなことから殺人事件に出くわしてしまう。

トレーラーハウスのキャビネットに、押し込まれていた男の死体。

その男は、死ぬ前ふさぎ込んでおり、溺愛する妹に言い寄る男ともめていたこともある。

そして、トレーラーハウスの窓やドアには、テープで目張りがしてあることからも、警察の意見は自殺に傾くが・・・火村は違うという。

続いて起こる第2、第3の殺人事件。
事件は、火村が日本に帰らなければならない日までに、解決できるのか?

有栖川有栖(作家アリス)国名シリーズ マレー鉄道の謎 感想

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
構成がミルフィーユみたいやなあ・・・

これが読み終えた時の感想だ。

なんせ、いくつもの事件が層になっているのだ。

火村やアリスが出会った殺人事件よりも前に、マレー鉄道で列車事故が起こっている。

そして、それよりもっと以前にも、別の鉄道事故や、過労死と称された男性の死があったりもしていた。

それらがすべて今回の事件と、一本の線でつながっている。

一本の線でつながった、これらの事件の被害者が、復讐の機会を得て動き出した・・・・。

おおまかに言うと、そんな事件なのだ。

 
 
構成はこんな感じかな、なんかこの人怪しいなあ~・・。 

と、読み始めると、結構早い段階であなたも思うかもしれないが

「トレーラーハウス」の密室トリックがなかなか解けない。

どうやって密室にしたのか?

なんで死体を、わざわざキャビネットに入れたのか?

この2つの謎が、小気味いいくらい難しいのだ。

そして読み終えた時、犯人の異常ともいえるバイタリティに、ある意味感服するだろう。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ちなみに、マレー鉄道の謎・密室トリックは「三毛猫ホームズの推理」で出てきた密室トリックに似ている。

使ったものは違うけど、やり方が似てるで!これヒントな!

有栖川有栖(作家アリス)国名シリーズ マレー鉄道の謎 まとめ

ネコ缶評価

かなり本格的な内容。
ミステリーマニアでも納得できる、厚みのある話。
国名シリーズの第2段「スウェーデン館の謎」も長編だったが、それよりももっと内容に厚みがある。
スウェーデン館の謎レポはこちら

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ちなみに「マレー鉄道」とあるけど、鉄道ダイヤを使ったアリバイ崩しのトリックは出てこーへんで。

そこだけ要注意な。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きさんを救う!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です