アガサクリスティ

アガサクリスティ ポアロ「青列車の秘密」オリエント急行殺人事件の姉妹版?

アガサクリスティのポアロシリーズで、列車が舞台の物語といえばこれだ

「オリエント急行殺人事件」

オリエント急行殺人事件レポはこちら!

今回紹介するのは、永遠の名作「オリエント」よリちょっとライトな「青列車(ブルートレイン)の秘密」だ。

オリエント急行殺人事件に比べると、知らない人も多いかもしれない。
でも、なかなかどうして面白いのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
オリエント急行殺人事件より読みやすいで!

そんな「青列車の秘密」さっそくいってみよか!

アガサクリスティ ポアロ 「青列車の秘密」 あらすじ

大金持ちの娘、ルース・ケタリングは、夫、デリク・ケタリングと離婚を考えていた。

そして愛人のド・ラ・ローシュの元へ行こうと、迷いを抱えながらもメイドだけを連れてブルートレインに乗る。

だがあくる朝、ブルートレインの中で、彼女が殺されているのが発見された!

それだけではなく、彼女が最近父親からプレゼントされた、超高価なルビー「火の心臓」もなくなっていたのだ。

関係者の証言で、そのブルートレインの中には、ルースの夫も、その愛人のミレーユも乗っていたことが解る。

列車で偶然、メイドが見た男性は、夫なのか?乗り込んできた彼女の愛人なのか?

そして彼女が持っていた巨大なルビー「火の心臓」は、一体だれが盗んだのか?

ルースと最後に話した、キャサリンという女性と、ポアロが組んで事件を推理していく。

アガサクリスティ ポアロ 「青列車の秘密」 感想

物語の早い段階で、容疑者は2人に絞られる。

ルースの夫デリク・ケタリングと愛人の伯爵だ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ルースと一緒に列車にのったメイドが、こう言うてるさかいなあ。
ルースのメイド
ルースのメイド
顔は見ていませんが、髪が黒くて背の高い男性が、列車の中で奥様を訪ねてきました。 

物語は「この2人のうち、どっちが殺したのか」という論点で、どんどん進んでいく。

2人とも動機が十分あるし、メイドの証言にもぴったり合う人間だ。

だが忘れちゃいけないのは「宝石盗難」というもう1つの事件。

「殺したのは誰か?」よりも「宝石を盗むことができた」そして「盗むことが最大のメリット」だった人間が、この事件の犯人だ。

「青列車の秘密」読みこなしポイント


「青列車の秘密」を解いていくには、自分で証言の裏付けを取っていくことが、必要かもしれない。

いつものように「青列車の秘密」でも、いろいろな人が、いろいろな証言をする。

だがとんでもない嘘を、最後までついている人がいる。

それが判明したとき謎は解ける。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
また、この時系列も、よーく覚えておくことやで!

14日、キャサリン、デリク、ミレーユ、ルース(と、メイド)がブルートレインに乗る

ルースがキャサリンと話す

ガル・ド・リヨン駅
〇キャサリン、外に出る
〇窓から、ルースのメイドが、夕食のバスケットを受け取る

車掌
車掌
寝室の用意をしに行ったとき、奥様(ルース)がバスケットの食事を食べており、メイドをパリに残してきたと聞きました。

一人だから、寝台の用意は、メイドの部屋の分は要らないとも。 


キャサリン。ポアロと夕食時に会う

夕食後、キャサリンが部屋に戻る途中

キャサリン
キャサリン
ルースが、窓の外を見ていたのを見ました。


夜中、何時か解らないが、ルースの部屋のドアに男が手をかけていた。

キャサリン
キャサリン
デリクではないか・・・?と、この時思いました。


リヨン駅(検視の結果、ここまででルースは殺されていることが確実)

朝、ニースに到着(ルースが殺されているのが見つかる)

トリックはいつも通り

 
 
ええーっつ、この人が犯人なの??? 

という人だ。

よくまとまった話だが、キャサリンの恋愛は、あまり絡めなくてもよかったのでは・・・と思う(ネコ缶いつもの感想)。

とはいえ、アガサクリスティの伏線の貼り方、トリックの綿密さは完璧。
いつも感心させられる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
それにしても「火の心臓」と言われる卵くらいのルビー、実物で見たい・・・

アガサクリスティ ポアロシリーズ 「青列車の秘密」まとめ

ネコ缶の評価

「青列車の秘密」でのポアロの相棒は、いつものヘイスティングスではなく、キャサリンという淑女だ。

魅力的な女性だが「セント・メアリー・ミード」出身というところがキモ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
アガサクリスティファンなら、この村の名前にピンと来るはずやな!

ミス・マープルから派遣された女性とかいうことはありません!念のため・・・。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です