アガサクリスティ

アガサクリスティ(ポアロ)トリックにあっと驚く「エッジウエア卿の死」

アガサクリスティのミステリーには、舞台俳優や女優がよく出てくる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「三幕の殺人」「鏡は横にひび割れて」とか、多いよな。

「オリエント急行殺人事件」なんかは、乗客の中に「元女優」がいるし(ちょっとネタバレ)

三幕の殺人は、とある俳優は容疑者ではなく、探偵役もやってくれてるのだ。

「オリエント急行殺人事件」詳しくはこちら
「三幕の殺人」詳しくはこちら

今回紹介する「エッジウエア卿の死」は、容疑者と被害者の何人かが俳優&女優という設定ときてるから、もう芸能界で起こった事件みたいなもんやな。

これまた、かなり魅力的&個性的な女性が主役やで。

ではいってみよか!

アガサクリスティ(ポアロ) エッジウエア卿の死 あらすじ

押しも押されもしない舞台女優の、ジェーン・ウィルキンソン。

彼女は夫のエッジウエア卿と別れて、マートン公爵との再婚を望んでいた。

なかなか離婚を認めてもらえないある日、エッジウエア卿が殺されたというニュースが入ってくる。

しかもエッジウエア卿の執事と秘書は、殺される直前に、ジェーンが夫を訪ねて来たといっているのだ。

でもその時間、ジェーンはモンタギュー・コーナーの晩餐会に参加しており、13人もの目撃者までいる。

エッジウエア卿を殺したのはいったい誰なのか?

その後、もう一人の舞台女優カーロッタ・アダムズが死体で見つかり、甥のロナルドが借金を申し込み断られていたことも解り、事態は混乱を極めていく・・・。

アガサクリスティ(ポアロ) エッジウエア卿の死 感想

テンポも良く、一気に物語に引きこまれていく。

サクサク一気に、途中まで読み進んだところで、かなりの人がこう気づくだろう。

 
 
もしかして、カーロッタがジェーンの物まねをして、エッジウエア卿を殺したのでは・・・? 

なぜなら物語の最初が、カーロッタの声帯模写のうまさから始まるからだ(見事な伏線!)

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ずいぶん早く解ってもーたなあー、私って天才か?

でもこんなに早く解ったら、話が面白くないなあ!
はっはっはっ(勝ち誇った笑い)

・・・・と思いきや、ポアロ&ジャップ刑事も、あっさりカーロッタが変装して殺した(その後自殺した)のではないかと疑いだす。

ここからが難解。
そして謎解きの本番なのだ。

どうやっても、カーロッタがエッジウエア卿を殺す動機が見つからない。

だったらカーロッタを操る、黒幕がいるのではないかと思いきや、それらしい人物もいない。

そのうえ、カーロッタの交友関係も清廉潔白で、怪しいところがまったくない。

 
 
本当にカーロッタが殺ったのかなあ・・・? 
 
 
うーん、やっぱジェーンが殺ったのかなあ・・・
 
 
だとしたら、あの晩餐会の目撃者の証言は・・・・

完全に、ポアロもジャップ刑事も、そして読者もお手上げになるのだ。

他にも細かな謎が、沢山ちりばめてあるので

 
 
俳優のブライアンも、なーんか怪しいよなあ・・・ 
 
 
エッジウエア卿の、娘も甥も怪しいやんか!

と、だんだんパニックになっていくので、要注意な物語だ。

エッジウエア卿の死 読み込みポイント

エッジウエア卿の死は、各登場人物の時系列をしっかりと、とらえておくと解りやすいので、これを抑えておこう。

ジェーンa.b カーロッタ ジェラルディンとロナルド
午前中 ロナルド、借金を断られる。
お昼ごろ ・帽子を購入
・ジェニーとランチ
「ワクワクした様子だった」
18:00 ・帰宅
・手紙を妹に書く
19:00 出かける
20:00 ・家を出る
・8:45晩餐会に着く
21:00 21:30電話がある ユーストン駅に鞄を預ける。 別々にオペラ鑑賞
22:00 エッジウエア卿に面会に行く 鞄を取りに来る 幕間に合流
23:00 ・23:45帰宅
・このころにはいなかった
・コーナーハウスでお茶
・C.Aと彫られたケースを持っていた。
2人タクシーでエッジウエア卿宅に行く(真珠を取りに)
24:00 ・帰宅

 

ジェーンaとbにしたのは、違う場所(エッジウエア卿宅と晩餐会会場)でそれぞれ見られていた行動という意味。

時系列の中で、特にロナルドと、ジェラルディンの動きは、後半混乱のもとになるので、しっかり把握しておくことをおススメする。

アガサクリスティ(ポアロ)エッジウエア卿の死 まとめ

ネコ缶評価 

とにかくラストにびっくりした。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
そういう顛末があったんや!

・・・というか、なんでそっちに気づかへんかったんかな~。

と歯ぎしりしてしまうのだ。

エッジウエア卿が、離婚に承諾した詳しい理由とか、青髭さながらの怖い旦那ぶりを、もう少し知りたかった感はある。

だが、クリスティお得意の、個性あふれる女性の描き方のうまさとともに、ぐいぐい読ませてくれる内容であることは間違いないで!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です