アガサクリスティ

アガサクリスティ(ポアロ)ミステリーというより一人の女性の物語?「ホロー荘の殺人」

アガサクリスティは、実にさまざまな女性を物語に登場させている。

ワガママで自分の事しか考えない女優、ジェーン・ウィルキンソン
「ウェッジウエア卿の殺人」はこちら

淑女で冷静な頭脳を持ち、ポアロの助手も務めた、キャサリン
「青列車の秘密」はこちら

愛らしい顔で元気いっぱいにふるまい、見事ヘイスティングズを射止めたシンデレラ
「ゴルフ場の殺人」はこちら

などなど・・・・。

そして今回は、ヘンリエッタというクリスティの作品の中で、ずば抜けて魅力的な女性が登場した作品を紹介しよう。

それはこれ「ホロー荘の殺人」

ホロー荘の殺人は、ミステリー要素はとても少ない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ポアロが出る必要もあんまりないような・・・

むしろ、このヘンリエッタ(と、わき役のミッジ)の生きざまを、余すところなく描いているようにも思える異色の内容なのだ。

ではみていこう!

アガサクリスティ(ポアロ)ホロー荘の殺人 あらすじ

ホロー荘に週末集まった男女8人。

遠い親戚でもあり、小さいころからのなじみの人間でもある彼ら。

いろいろな思惑はあるにせよ、週末を楽しく過ごそうとしていた。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ジョン(妻子持ち)とヘンリエッタは恋人同士や。
エドワードはヘンリエッタに3回プロポーズして断られてる。

ミッジはそんなエドワードが好きやしなあ・・・。
しかもジョンは、妻のガータと一緒に来てる。

・・何にもない方がおかしいやろ、これ。

ところがそこに、ジョンの15年前の元恋人、女優のヴェロニカが隣の別荘から登場。

ヴェロニカ
ヴェロニカ
マッチを切らしてしまいましたの。貸していただけません?

・・・あらまあ、ジョン!偶然!久しぶりねえ!
(↑わざとらしい) 

そしてジョンに別荘まで送ってくれと頼む。

復縁を迫るヴェロニカ。
だがそれをジョンは突っぱねる。

自分を押さえつけていた、15年の月日から解放されてホッとするジョン。

だがジョンは、次の日別荘のプールで銃殺死体で見つかるのだ・・・。

しかも銃を持って、呆然としていたのは妻のガータ。

殺人現場に、偶然居合わせたポアロは、犯人を見つけることができるのか?

ホロー荘に集まった、8人の複雑な人間関係が絡む・・・。

アガサクリスティ(ポアロ)ホロー荘の殺人 感想

最初にこう思った。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ヘンリエッタって、カミーユ・クローデルに似てるんやないかなあ・・・

カミーユ・クローデルとは、言わずと知れた、彫刻家・ロダンの弟子兼愛人である。

18世紀に、芸術で一本立ちしようと頑張り(しかも女性で)気丈で賢く、才能もある。

そして必然的にそんな女性は、仕事がバリバリできる男性に惹かれがち。

たとえ妻子があっても・・・。
カミーユ・クローデルについて詳しくはこちら

ヘンリエッタも肩書はそんな女性だ(彫刻家というところも、カミーユと同じ)。

ヘンリエッタにも、妻子あるバリバリの医者、ジョン・クリストウという恋人がいる。

そして賢く、美しい女性彫刻家として自立した人生を歩んでいる。

だが、カミーユほど気の毒な人生ではない。

 

もっと強いのだ。人間性も愛も。

 

ヘンリエッタが、強く、愛情深く、スケールの大きい女性だという事は、ラストでいやというほど解る。

普通の女性であれば、妻子持ちの彼氏に、そこまでのことができるだろうか?

・・・と思えるくらい、人間として、一人の女性として、ものすごく素晴らしいことをやってくれている。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
エドワードを、首ったけにするだけのことはあるな~。

実は、「ホロー荘の殺人」って、ミステリー小説としてはあまり面白くない
(といったら言い過ぎ?)

トリックもさほどではないし、わざわざポアロが出てくることはないのでは?
登場人物の誰かが、探偵役をしてもよかったようにも思う。

だがこれを「ヘンリエッタの生きざま」として読んだらかなり面白い小説になるのだ。

なので「ホロー荘の殺人」は、「人は死ぬけどミステリーではない」と思って読むことをおススメしたい。

ちなみにホロー荘の殺人には、ヘンリエッタの他にも4人の女性が出てくる。

ルーシー・アンカテル 
ホロー荘の主人 かなり気ままな性格だが、みんなに受け入れられ愛されている
(この手の女性は、クリスティお得意のキャラ)
ミッジ・ハードカースル
ブティックで週5で働く労働者の女性 エドワードが好き
(働き、恋する女性なので、共感できる人は多いはず)
ガータ・クリストウ
ジョンの奥さん 何をさせても失敗ばかりでおどおどしている。
(ちなみにヘンリエッタは、ガータにも優しい)
ヴェロニカ・クレイ 
女優 ジョン・クリストウの15年前の元カノ。傲慢で、なんとしてもジョンをモノにしようとあがく。

それぞれが個性的で魅力的なので、『女性の物語』として読んでいくのもおススメだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
クリスティマニアの方は、ミッジが自立しようとしてあがくさまが、「杉の柩」のメアリイを連想させるかもしれない。
「杉の柩」詳しくはこちらから

うーん、それにしても男性登場人物(ポアロですら)、今回はホントに影薄いなあ・・・。

アガサクリスティ(ポアロ)ホロー荘の殺人 まとめ

ネコ缶評価

悪くないんだけど、やっぱりポアロが出てくる以上は、本格ミステリーにしてほしかったと思うのが感想。

ちなみにネコ缶は、ミステリーと恋愛は断固切り離してほしい人だ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ストーリーに全く関係ない恋愛なら、なおのことな

でもクリスティは、恋愛が絡んでも全く苦ではない。

出てくる恋愛がストーリーに不可欠だし、下品さもないからだろう。

そのあたりのさじ加減の絶妙さはさすがやで!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です