アガサクリスティ

アガサクリスティ(ミス・マープル)こんな甥が欲しい・・・「カリブ海の秘密」

ミス・マープルと言えば、こんなイメージないか?

 
 
ミス・マープル?
セント・メアリーミードで、ひっそりと園芸をしたり編み物をして暮らしてる、名探偵おばあさん・・・でしょ? 

確かにそうだ。
ミス・マープルはそんな存在。

でも今回ご紹介する「カリブ海の秘密」では、なんと(文字通り)「カリブ海」に旅行に行くなどという、活動的なところをみせてくれるのだ。

マープルの甥・レイモンドからのプレゼント旅行。

おこづかいも持たせてもらって、暖かいカリブ海で、ゆっくりバカンス・・・といかないのが名探偵の宿命。

行く先々で事件に遭遇してしまうのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
名探偵コナンと一緒や

マープルの宿泊先、ゴールデン・パーム・ホテルで、とある男性が変死をする。

しかもその死に方が、どうもすっきりしない・・・。

今回は、旅先という事もあり、いつものように心強い協力者がいない。

という訳で今回は、ミス・マープルが得意の会話力を駆使して、最初から最後まで捜査をするのだ!

さあその結果は?

詳しくみていこう!

アガサクリスティ(ミス・マープル)「カリブ海の秘密」 あらすじ

ミス・マープルは、カリブ海のゴールデン・パーム・ホテルで、パルグレイブ少佐の話を聞いていた。

とはいえ、パルグレイブ少佐の話は一方的で退屈な、自分の昔話ばかり。

うわの空で聞いていたマープルだったが、話題が「殺人」の話になった時、真剣に聞き出す。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
当たり前か(笑)

そしてパルグレイブ少佐がこう言って、自分の鞄から得意げに写真を見せようとした。

パルグレイブ少佐 
パルグレイブ少佐 
殺人犯のスナップ写真をご覧になりますか? 

その時、意気揚々としていた少佐の動きが急に止まった。

ミス・マープルの右肩ごしに何かを見たようなのだ。

青ざめたパルグレイブ少佐は、急に話題を変え、わざとらしく大きな声で話し出した。

妙だと思った次の日の朝、こんなことをオーナー夫人のモリーから聞く。

モリ― 
モリ― 
パルグレイブ少佐が死んだんです。

お年で血圧が高いみたいだったし・・・
仕方ないかも・・。 

確かに少佐は血圧は高かったが、本当にそれが原因なのか?

そして何より、死ぬ直前見せたあの表情は何だったのか?
何かを・・・殺人犯を見たのではないか?

深い疑惑を感じるミス・マープル。

ここでは頼りになる人はいない。
今回の事件は自分の武器・・・会話を駆使して捜査をするしかないと決意し、動き出すマープル。

予想通り、パルグレイブ少佐は毒殺されたことが判明。
そして起こる第2、第3の殺人・・・。

犯人はここ、カリブ海のホテル内にいるのだろうか?
パルグレイブ少佐が見た人物は誰なのか?

ミス・マープルの会話力が光る!

アガサクリスティ(ミス・マープル)「カリブ海の秘密」 感想

この作品の2つ前「パディントン発4時50分」では、よる年波で体が動かないので、スーパー家政婦ルーシーに捜査を頼んでいた。

「パディントン発4時50分」詳しくはこちらから

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
マープルがデビューした「牧師館の殺人」から、もう30年たってるんやしなあ・・・。

その時50歳としたら・・・いくつになっているのやら、マープル・・・。

「牧師館の殺人」詳しくはこちらから

でも、今回の「カリブ海の秘密」では、そんなことを感じさせないくらい、ミス・マープルはよく動いてる。

最初から最後までマープルが捜査し、ラストだけ若い男性の力を借りるが、基本的には会話力を駆使して良く動いてる。

見どころをみていこう!

「カリブ海の秘密」見どころ 登場人物が全員怪しい(怪し過ぎる)

読み終えた時解るが、「カリブ海の秘密」の殺人は動機もトリックも、とてもシンプルだ。

だが登場人物全員、妙に怪しいところがあって、混乱させてくれる。

紹介していこう。

アーサー・ジャクスン
・老大富豪ラフィール氏のイケメン&金・女好きマッサージ師
・人のバンガローに、勝手に忍び込んでた時点で怪しさ満開
グレゴリー・ダイスン
・ホテルの滞在者
・女好きで、前妻を毒殺したという噂
・しかも前妻の死後1か月で現妻と再婚してる
・高血圧で、薬を飲んでいる
ラッキー・ダイスン
・グレゴリーの妻
・グレゴリーの前妻の親戚で、妻の座を狙っていた
・モチロン殺害にも関与している
・再婚はしたが、まだ男をあさっている
エドワード・ヒリントン
・ホテルの滞在者
・ラッキーの愛人だった
・グレゴリーの前妻殺害の協力者?
イ―ヴリン・ヒリントン
・ホテルの滞在者
・エドワードの妻
・夫の不倫を知っており、仮面夫婦
モリ―・ケンドル
・ホテルのオーナー夫人
・精神的に不安定?なところがあり、2時間くらい前に、何をしていたか解らない時がある

いや、これだけ妙な人、脛に傷持つ人がいたら混乱するって・・。

救いは老大富豪ラフィール氏。

口は悪いが、明晰な頭脳で、マープルと議論をして謎解きに協力してくれる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
マープルシリーズでは珍しい男性キャラかもしれんな~。ポアロみたい。

ちなみに「カリブ海の秘密」の謎を解くカギは、パルグレイブ少佐の最初の話に終結する。

怪しい人はたくさんいるが、ここから絶対にぶれないことだ。

アガサクリスティ(ミス・マープル)「カリブ海の秘密」 まとめ

ネコ缶評価

クリスティ作品は、この2つに大きく分けられる。

  • 「(ゆるいのもあるが)クローズドサークルに、何人か集まったときに起こる殺人」
  • 「一族の中での財産目当ての殺人」

「カリブ海の秘密」は前者。

内容は決して悪くはないが、同じようなジャンルの、「ナイルに死す」とか「白昼の悪魔」に比べると、ちょっと落ちるかな・・・。

怪しい人の怪しさが、今回の事件に関係ないことも多いのだ。

「ナイルに死す」詳しくはこちらから
「白昼の悪魔」詳しくはこちらから

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
私もレイモンドみたいな、気前の良い&羽振りの良い甥っ子が、欲しいもんやな~。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です