アガサクリスティ

アガサクリスティ(ミス・マープル)平和な平和な最終回「スリーピング・マーダー」

ポアロの最終回はガチでショックやった。

ポアロ最終回はこちら⇒「カーテン」

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
いやもう3日くらいは、ショックでぼーっとしてたで!

ポアロの最終回がトラウマになってたもんで、ミス・マープルの最終回を読むときはちょっと緊張してた。

でもポアロのようなことにはならず、とても平和に終わり、いち読者としては心底安心。

さてそんな「ファンをホッとさせるような、ミス・マープルの最終回」はこちら

「スリーピング・マーダー」!

スリーピング・マーダー
created by Rinker

直訳したら、「眠れる殺人」ってとこな。

「眠れる殺人?」どういうことやろか?

早速みていこか!

アガサクリスティ(ミス・マープル)「スリーピング・マーダー」あらすじ

若き新妻・グエンダは、新しい家を購入し、ウキウキとリフォームにいそしんでいた。

でも次第に不思議なことに気づく。

初めて見るはずの家なのに、どうも見覚えがあるのだ。

不思議に思いつつも、マープルや(マープルの)甥レイモンドと、お芝居を観に行ったときにハッキリ思い出す。

グエンダ 
グエンダ 
私はここに小さい時に住んでいた!
しかも、ここで行われた殺人事件の現場を見ていたのだ! 

そしてその被害者は、自分の義理の母親・ヘレンだという事も判明。

だがその事件は、このように片付いていた。

・父親が「自分がヘレンを殺した」と言っていたが、死体はどこにもなかった。

・ヘレンの書置きもあったことから、ヘレンは荷物をまとめ、男と逃げたという事になっていた。

・グエンダの父親は、妄想がひどいという事になり、入院。そして病院で死んだ。

疑問を持ったグエンダは、夫のジャイルズと共に、真相解明に乗り出す。

聞き込みを重ね、やっと真相がわかるかもしれないと二人が思ったとき、なんと第2の殺人事件が起こる。

ヘレンは本当に殺されたのか?
だとしたら犯人は?
第2の殺人はなぜ起こったのか?

ミス・マープルは有終の美を飾れるのか?

アガサクリスティ(ミス・マープル)「スリーピング・マーダー」感想

かつてあった未解決犯罪を、今になって解きなおすというのは、ポアロシリーズでもあった。

これとかね
「5匹の子豚」

5匹の子豚詳しくはこちらから

これは、16年も前に起こった殺人事件の犯人(有罪確定してる)の、無罪を証明してくれという依頼でポアロが動くというストーリー。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネコ缶おススメの1冊やで。

ポアロおすすめはこちら

今回のスリーピング・マーダーもそれに近い。

だが「スリーピング・マーダー」は、事件があやふやなままで終わってるんや。

ちょっと複雑なこの話、読みこなすためのポイントをみていこうか!

「スリーピング・マーダー」ポイント1 とにかく登場人物を整理

「スリーピング・マーダー」、登場人物はさほど多くないが、この把握が必須。

「○○は▼の時に何をしていた」

いちいち、読みながら書いておくのも面倒やろうし、ネコ缶まとめとくで!

リチャード・アースキン
・ヘレンとインドに行く船で出会い、恋に落ちた人物
・妻子持ち(なのでヘレンとは結ばれなかった)
・事件のあった日、夫婦でヘレン宅の近くにいた
・リチャードは一人で、夜ヘレンに会っている
ウォルター・フェーン
・弁護士
・ヘレンの元婚約者だが、2度振られた
・事件の時はヘレン宅の近くにいた
・ヘレンに振られてはいたが、友人付き合いをしていた

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
この人めちゃかわいそうやで。

ヘレンに振られてインドに行ったんやけど、ヘレンはやっぱりあなたと結婚するって追いかけた。

でもその船の上で、リチャード・アースキンに会ったヘレンは、またしてもこの男を振ったんや・・・
ひどい~((+_+))

ジャッキー・アフリック
・ウォルター・フェーンの事務所で働いていたが、問題を起こしクビに
・ヘレンの元ボーイフレンド
・現在はバス会社の社長
・ヘレンが結婚してからも、豪華な車でたびたび家を訪問
ジェイムス・ケネディ
・ヘレンの兄で保護者(ヘレンを溺愛していた)
・医者
・事件があった時の第一発見者
・ヘレンがいなくなった後、手紙をもらっている
ケルヴィン・ハリディ
・ヘレンの夫(グエンダの父)
・ヘレンがインドから帰る途中の船で出会い、結婚
・ヘレンは自分が殺したと言い張る
・事件当日は、酔っぱらっていて、あまり覚えていない

これが「ヘレンを取り巻く男たち」のいきさつや。

ヘレン、モテモテやなあ・・・。

スリーピングマーダーポイント2 元・召使たちの証言は極めて重要

物語の中盤で、ヘレン達が住んでいた家の、召使たちの証言が出てくる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ヘレンを取り巻く男たちの把握と共に、この3人の証言もしっかりメモっておこう!

特に「リリー・キンブル」という元メイドは、かなり色々重要なことを話してくれるで!


「ヘレンは殺されたのか?(だとしたら死体はどこに?)」

「ヘレンは駆け落ちしたのか?(だとしたら相手は誰?今どこに?)」

この2つの疑問が、「スリーピング・マーダー」の柱なんやけど、どっちを選んでも決め手がない。

ここをミス・マープルを監督として、チームを組んだ若い夫婦が捜査していくのが見ものやで!

アガサクリスティ(ミス・マープル)「スリーピング・マーダー」まとめ

スリーピング・マーダー
created by Rinker

ネコ缶評価

昔起こった事件を捜査というのは、当たり前だが難しい。

でもそこを、ミス・マープルが会話力で、若い2人が行動力で捜査してく。
特に若夫婦の行動力は、読者を引き込んでいくで。

ただ終盤、ちょっとミスリードが強い。

そこだけ気になるけど、読了後は(最終回やけど)ほんわかするで~。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ポアロのラストも、こんな感じにしてほしかった~(しつこい)

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です