綾辻行人

綾辻行人(館シリーズ)シーズン2の始まりはここから!「黒猫館の殺人」

ネコ缶、ペンネームにネコを入れていることからも解るが、ネコ好きな人や。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
今はマンション暮らしやから飼えへんけどな・・・・(涙)

なので「黒猫館」と言われたとき猫が主役の話か?と色めき立った。

そう、今回の館はこちら

「黒猫館の殺人」!

黒猫館の殺人
created by Rinker

残念ながら、ネコが出てくるのはホンの1ページのみ(トホホ)

でも黒猫はこの館のポイント。

早速みていこか!

綾辻行人(館シリーズ)黒猫館の殺人 あらすじ

ホテル火災で重傷を負い、一命はとりとめたものの、記憶をなくした老人、鮎田冬馬。

彼はなぜか、大火の中から、ノート1冊を抱いて救助されたという。

そこまでして守りたかったノートに書かれていたことは、こんな内容だった・・・・。

鮎田冬馬はとある別荘「黒猫館」の管理人。

退屈ではあるが、平穏な田舎の別荘で、静かに暮らしていた所へオーナーから、こんな連絡があった。

「息子と友だちの合計4人が、バンド解散旅行で遊びに行くから、世話をしてやってくれ」

しぶしぶながらも引き受けた鮎田。

案の定、オーナーの息子は典型的な甘やかされ坊主で、おまけに連れてきた友人も似たようなもの。

初日から飲んだくれた挙句、どうやら薬物までやっているらしい・・・。

ため息をつきながらも、オーナーの息子という事で何も言えない鮎田。

おまけに2日目には、ナンパしてきた女(椿本レナ)を引っ張り込んで、大音量で薬物乱交パーティまで。

事件は次の日の朝起こった。

なんと、ナンパしてきた女性、椿本レナが、首を絞められた状態で死んでいたのだ!

全員薬物をやっていて記憶もあいまい。
だれが殺したのかわからない・・・。

こんなことがバレたら大変なことになる!

うろたえた学生4人が考えたのはこんな事だった

「死体を隠して、殺人事件がなかったことにする!」

幸い椿本レナは、身元の怪しい女だ。
ここに来たことを誰も知らないし、家族や身よりもなさそうだった。

鮎田も、薬物使用を黙認した引け目もあり、隠ぺいの手助けをする。

一致団結した5人が、死体の隠し場所を探し、黒猫館の地下室に入った時、そこで見たものは・・・

なんと白骨化した死体!

その傍らにはネコの死骸まで・・・・。

黒猫館で、かつて何があったのか?

 

この手記は、鮎田の書いた架空のミステリー小説なのか?
鮎田の本当に経験したことなのか?

そして問題の黒猫館は、一体どこにあるのか?

鹿谷門実と江南孝明の名コンビ、シーズン2スタート!

綾辻行人(館シリーズ)黒猫館の殺人 感想

ネコ缶、「黒猫館の殺人」からは、「館シリーズ」シーズン2だと思ってる。

島田潔さんは完全に「鹿谷門実」になって、それなりにミステリー小説家で仕事をしていそうだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
心なしか浅見光彦っぽいぞ

そして相棒として、江南孝明氏が付き添っている。

このパターンが決まって、これから先の館シリーズも、これで進みそうだ。

後、館シリーズのもう一つの特徴でこんなのがある。

○○と●●」などと言うように、比較で書かれていく構成

本土と島、今年と去年、本の中にまた本、本館と旧館・・・・などなど、今までの館シリーズもすべてこの書かれ方をしていた。

今回も「手記と現在」、2つの話をシンクロさせて、物語は進んでいきまっせ!

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
では早速「館シリーズ・シーズン2」トップバッターの、見どころをみていこか!

「黒猫館の殺人」見どころ1 「館」のスケールの大きさ

館シリーズの特徴は、なんといっても館に取り付けられたからくりだ。

今回読まれる方も、そんな館のからくりを期待して、本を開くのだろう。

でも今回はちょっと違う。

隠し部屋などがあるのはあるのだが、さほど重要ではない。

「黒猫館の殺人」の、最大の謎はこれなのだ。

 

「黒猫館は一体どこにあるのか?」

 

何かの重大な目的を持って、黒猫館から出ていた鮎田冬馬が、火事で記憶をなくしている。

手記が本当であれば、重大な事件があったというのに、黒猫館に行けないのだ。

 

黒猫館の場所を解くヒントとして、これを覚えておいてほしい。

黒猫館は「地球規模」で館が作られている。

 
 
ちち、ちきゅう~?

 

・・・と、驚かれる方もおられるかもしれないが、本当だ。

鮎田冬馬の手記を、よおーく読みこんで、しっかり考えてな!

「黒猫館の殺人」見どころ2 黒猫館で一体何があったのか?

読み進めていくと解るが、地下室から死体が出てくる。

死体が誰なのかは、すぐに判明するのだが、登場人物と共に、読者が疑問に思う事がある。

黒猫館で一体何があったの?
この館を作った人は、今どこに?

白骨化した死体を解くヒントは、本文に何度か出てくる「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
読んだことない人はちょっと調べとこな!

館はどこにあるのかと、黒猫館でかつて起こった事件の謎、2本柱で話が進んでいくで!

綾辻行人(館シリーズ)黒猫館の殺人 まとめ

黒猫館の殺人
created by Rinker

ネコ缶評価

一気に読ませてしまうくらい面白い。

これから始まる「館シリーズ・シーズン2」に、大いに期待できる内容だと思う。

ただ、この2つがズッコケるくらい、あっさりしてた。

・終盤出てくる密室トリック
・椿本レナの死因

それでも、まあいっか~♪と、思わせてしまう位、面白いで!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です