アガサクリスティ

アガサクリスティ(ミス・マープル)今夜、我が家で殺人があるんだって!「予告殺人」

ある日、新聞広告でこんなものが出たら、皆さんはどう思うだろうか。

●月●日、▼町▼で(あなたの住んでいる家)“殺人”が行われます!
皆さんどうぞお越しください!

当然、そんな広告あなたは出した覚えがない・・・。

 
 
そんな事、あるわけないやんか! 

・・・と思われるかもしれないが、「そんな事」から始まるミステリーがあるのだ。

それが今回ご紹介するこちら

「予告殺人」!

半信半疑で、でもワクワクしながら、殺人が行われるという家にやってきたみんな。

さあ、これからどうなるのだろう?

詳しくみていこう!

アガサクリスティ(ミス・マープル)「予告殺人」あらすじ

ある日、新聞広告にこんなものが出ていた。

殺人お知らせ申し上げます。
10月29日・午後6時30分より、リトル・パドックスにて!
お知り合いの方のお越しをお待ちします。

リトル・パドックスの主人、レティシィア・ブラックロックは当惑しながらも、こう思った。

レティシィア 
レティシィア 
こんな広告出した覚えはないわ・・・。やれやれきっと誰かのいたずらよ。

でもこれを読んだ、知り合いの何人かはきっと来ちゃうわね。

・・・・とりあえずお酒と、何か食べるものを出しましょ。 

想像通り、好奇心に駆られた何人かがリトル・パドックスを訪れた、問題の6時30分。

いきなり部屋の電気が切れ、誰かが入ってきた。

 
 
動くな!手を挙げろ! 

キャアキャア楽しむ訪問客たち。

だがその後、リトル・パドックス内に、立て続けに3発の銃声がとどろいた。

顔色の変わった客たちが見たものは・・・なんと見知らぬ男の銃殺死体だった!

部屋に押し入った男の名前は、ルディー・シャーツ。
ロイヤル・スパ・ホテルの従業員だ。

だが彼は、何のためにリトル・パドックスを襲ったのか?

そしてルディーは自殺か?他殺か?

 

その後起こる第2、第3の殺人。

ただの悪ふざけかと思われたイベントは、思ってもみなかった方向に進んでいく・・・。

アガサクリスティ(ミス・マープル)「予告殺人」感想

つかみが完璧。

今日●時から、○○で殺人があります!
お誘いあわせの上どうぞお越しください!

・・・このイントロを読んだら、ミステリーファンならずとも、興味を示すだろう。

ただイントロは無茶ぶりでも、内容は超本格的。

早速内容をみていこう!

「予告殺人」読みこなしポイント1 部屋の見取り図を作成すべし

「予告殺人」の事件現場は密室ではない。
でも、ここでどうやって、だれが銃を撃ったのか?

これが最後まで解らない。

そこで大事になってくるのが「部屋の見取り図」だ。

だがこの部屋の見取り図は、載っていない・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「予告殺人」最大のマイナスポイントなんやな~。
これがあったら、話が解りやすくて、もっと面白くなったろうに~。
めっちゃ残念!

なのでネコ缶が試行錯誤の上、ちょっと書いてみた(稚拙)

窓もあって、いろいろ書いてあったんやけど、あまりよくわからないので省いた。

この事件現場で、大事なのがこれ。

・スミレの活けてあった花瓶
・対になっているランプ(牧羊婦と牧羊人)
・なぜか油がさしてあった謎のドア

1つ1つは全く重要な鍵にはならないけれど、3つ合わさったときに、ものすごい意味を成す。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
モチロン、この部屋の謎を解くのは、我らがミス・マープルやで!

「予告殺人」読みこなしポイント2 クリスティの得意技炸裂

ここは多少ネタバレなので、なるべく読み終わってから読んでな!

クリスティは、感情(特に女性の)を扱うのが非常にうまい。

戦争が終わって平和になったのに退屈を感じる女性・・・
本当は心変わりした婚約者をなじりたいのに、物分かりがいいふりをする女性・・・
自立したくて必死にあがく女性・・・

今回の作品も、それをひしひしと感じる。

父親からひどい扱いを受けてしまい、世の中を逆恨みしてしまう犯人。

本来は受け取るべきはずではないお金を、自分が受け取って当然という心が、この犯人の根底にある。

そして犯罪に手を染めてしまうのだ。

これをクリスティは、ミス・マープルの口を借りてこんな風に言っている

世間に、悪意や怨みを持っている人間は、常に危険です。

その人たちは、世間は自分たちに、なにか償いをするべきだと考えているのです。

「予告殺人」459ページ

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
こんな人は今でもいるよな!

犯人とはいえ、同情すべき点はたくさんあるし、共感できるところもある。

でもやっぱり殺人は良くないし、世の中を恨んではいけない。

解っていてもそうしてしまう、「人間」に対するクリスティの洞察の深さに、今回も驚かされること請け合いだ。

アガサクリスティ(ミス・マープル)「予告殺人」まとめ

ネコ缶評価

伏線も、つかみもトリックも本当に文句なしの作品だった。

特に犯人の心理描写はぴかいち。
「殺したくはなかった」という、犯人のつぶやきは本当だろう。

追い込まれた人間の心理も、見事に描かれていた。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
返す返すも惜しいのが、部屋の見取り図がなかったこと!

応接間しか書けへんかったけど、玄関や台所に続くドアなんかも、欲しいところやった!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です