綾辻行人

綾辻行人(館シリーズ)「びっくり館の殺人」番外編?子供向きに書かれた館モノ

館シリーズもこれで8作目だ。

館シリーズのブログはこちらから

前回の「暗黒館の殺人」が❝エピソード0❞なら、今回ご紹介する「びっくり館の殺人」は❝館シリーズ番外編・子供向けバージョン❞といったところ。

「暗黒館の殺人」詳しくはこちらから

びっくり館の殺人
created by Rinker

番外編だからだろうか。
主役の江南孝明も、鹿谷門実も出てこない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
途中、ちょっと「あ、この人鹿谷門実ちゃうかな~?」と思う人はいるが、最後まで誰かは明かされなかった

ページ数も、2500ページもあった暗黒館の10分の1位なので、早い人なら1日あれば読めてしまう。
文章も解りやすくて読みやすい。

ライトで読みやすいが・・・・
中身はちょっとえぐい。

好みがはっきり分かれるだろう。

ライトだが中身はハードな、館シリーズ番外編「びっくり館の殺人」、ご紹介します。

綾辻行人(館シリーズ)「びっくり館の殺人」あらすじ

永沢三知也は小学校6年生。

家庭の事情で、東京から関西のA※※市に引っ越してきた。

A※※市は、お屋敷の多い土地だったが、ひときわ目を引く建物があった。

古びた赤いレンガの塀、閉ざされたブロンズ格子の門。
表札もなく、雑草だらけの庭・・・。

 

そこは「びっくり館」と呼ばれるお屋敷で、幽霊が出るという噂まであった。

 

三知也は、ひょんなことから、びっくり館に住む、古屋敷俊生という少年と友達になる。

俊夫は三知也と同じ年だが、体が弱く学校にも行ってない。

このびっくり館に、祖父の龍平と家庭教師の新名、家政婦の関谷と、そして腹話術人形のリリカと一緒に住んでいるというのだ。

そんな複雑な背景を持つ俊夫は、三知也の友達・あおいも入れて、3人で遊ぶようになる。

名前の由来になったという、びっくり箱がたくさん仕掛けられた部屋も見せてもらい、友情を深めていく3人。

そんなクリスマスの夜、俊夫の祖父・龍平が殺されるという事件が起こる

龍平は、人形がたくさん置かれた部屋で、何者かに刺殺されていたが、なんとその部屋は密室だった・・・・。

俊夫はその時、別の部屋で寝ていたし、お手伝いの関谷さんはいなかった。

モチロン自殺でもない。

犯人は一体誰だったのか?
そして龍平が見せた、恐ろしい腹話術の意味は?
俊夫の書いた「help us」とはいったい?

綾辻行人(館シリーズ)「びっくり館の殺人」感想

物語の構成は悪くない。

まずは大人になった三知也を登場させ、迷路館の殺人からびっくり館へといざなう。

そして次に、17年前のびっくり館で起こった殺人を出し、驚く読者をスタート地点までもっていき、物語は始まる。

そしてそのまま謎解きへと続くのだ。

このつくりは「構成には凝ります」という、綾辻氏ならではと思わせる。

びっくり館の殺人 ネコ缶の超個人的感想

内容は一応、子供向け・・・いう事になっているのかな?

だが、ネコ缶は母親として、息子にこの本を読ませたいかと言われたら・・・

ちょっとためらうだろう。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「面白いから読んでみな~」など、勧めることはないかもしれない。

登場人物の複雑な家庭事情は、仕方ない面もある。

が、近親相姦や虐待をにおわせる描写や、話のすべてにただようホラーな雰囲気は、子供によっては、かなりショックなのではないだろうか。

特に、主人公の祖父・古屋敷龍平が、腹話術の人形で寸劇をするところは本当に恐ろしいし、大人の私でもゾッとする。

子供向けのミステリーホラーといえば、江戸川乱歩の書く「少年探偵団」を思う人もいるかもしれない。

「少年探偵団」は、確かに怖い面もある。

でも「絵空事」「フィクション」だという事は、子供でも分かるだろうし、ラストも悲惨なことになったことはない。
作者も「子供がワクワクすること」を目的に書いていることが解る。

だが「びっくり館の殺人」はそのあたりの容赦がないのだ。

 

ネコ缶は、元々ホラーや、子供が犠牲になるものがあまり好きではない。
虐待や近親相姦などであればなおさらだ。

館シリーズは、1作目の「十角館の殺人」から考えると、ホラー要素がだんだん強くなってきてるが、なんとか読んできた。

「十角館の殺人」詳しくはこちらから

でも「びっくり館の殺人」は、ちょっとネコ缶の好みから完全に外れている。

気にならない人であれば、読みやすいし、短いのでいいのではないだろうか。

ただやはり、読了後は後味が悪いかもしれないので、要注意だ。

びっくり館の殺人 唯一の救い

光が無いような言い方をしているが、唯一の救いがある。

それは、主人公三知也のお父さんだ。

三知也のお兄さんが、「クラスメイトを道連れにして自殺」というショッキングな事があっても、気丈にふるまう。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
検事さんやからな。
「正義」と「父親としての感情」で葛藤もあったと思うが、こんな時でも感情に流されないのはすごいの一言。

そして気がふれてしまった妻(三知也の母)と別居をするという事になっても、やさぐれずに、弁護士にならんと勉強し、三知也にも必死に優しくふるまってくれる。

そしてお父さんはアメリカ留学をし、必死で頑張ってアメリカで優秀な弁護士として認められるのだ。

このお父さんの存在は、狂気あふれる作品で、ホッと一息つける貴重な場面だ。

綾辻行人(館シリーズ)「びっくり館の殺人」まとめ

びっくり館の殺人
created by Rinker

ネコ缶評価(10段階で)

よくできた話だと思うが、完全に好みが分かれる作品だと思う。

「びっくり館の殺人」を外しても、館シリーズは解る。

なので「子供が主体のホラー小説」が平気な人であればおススメする。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
館シリーズのお約束「中村青司が作ったからくり仕掛けのある家」は、子供用の本でも貫かれてるで!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です