メアリ・ウエストマコット

アガサクリスティ(メアリ・ウエストマコット)天才と愛はこうも難しい「愛の旋律」

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
アガサクリスティが「メアリ・ウェストマコット」という名前で、恋愛小説を書いていたのはご存じだろうか。

女性の心理描写に定評のあるクリスティだ。
さぞかし面白いのでは

・・・という事で、ミステリーには関係ないけど、ネコ缶さっそく読んでみた。

そのクリスティの恋愛小説は全部で6冊ある。

  • 愛の旋律
  • 未完の肖像
  • 春にして君を離れ
  • 暗い抱擁
  • 娘は娘
  • 愛の重さ

今回ご紹介するこちらは、メアリ・ウエストマコットとしては、初の作品だ。

恋愛だけではなく、芸術や天才との愛というテーマもあり、600ページを超す大作となっている。

「そして誰も殺されなかった」クリスティ作品、早速いってみよ!

アガサクリスティ「愛の旋律」あらすじ

ヴァ―ノン・デイアは、アポッツ・ビュイサンという由緒あるお屋敷で、何不自由なく育っ。

空想好きなヴァ―ノンの友達はこの3人。

ユダヤ人の大金持ちの息子・セバスチャンと、従妹の大人びたジョー。
そしておしとやかで泣き虫のネル・・・。

彼らはそれぞれの事情を抱えつつ、少年時代を共に過ごす。

そして成長したヴァ―ノンは、美しく成長したネルと婚約するが・・・。

ジェーンのオペラを見た瞬間から、ヴァ―ノンは突如音楽に目覚めてしまう。

そしてついに、安定した仕事も投げうってしまったのだ。

人が変わったように音楽に打ち込み、ジェーンに惹かれていくヴァ―ノンに、戸惑い不安になるネル・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方セバスチャンは、ビジネスで大成功をおさめながらも、ジョーへの想いは叶えられない。

しかしジョーは、セバスチャンの気持ちはそっちのけ。
反逆者の精神で、ならず者の男ばかりを追いかけて破滅してしまう。

そんな中始まった戦争。
幼い時からの友人4人は、否応なく巻き込まれてしまう・・・。

そしてついに届いた悲報。

「ヴァ―ノンは戦死・・・」

4人の人生と恋はどうなってしまうのか?
そしてヴァ―ノンの音楽の才能は花開くのか?
愛と芸術、天才とは何なのか?

クリスティが送る、一大長編。

アガサクリスティ「愛の旋律」感想(ネタバレ注意)

クリスティらしく、人物の(特に女性の)心理描写が細やかに書かれている。

「愛の旋律」主題は「ヴァ―ノンを中心とした2人の女性(ネル・ジェーン)」だ。

天才ヴァ―ノンを愛した2人の苦悩が、「愛の旋律」の主題かもしれない。

詳しくみていこう。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネタバレがあるので、まだ読んでない方は気をつけてな!

天才と愛し合うのは難しい?

クリスティは「愛の旋律」で、これを書いているように思う。

「天才と愛し合う(結婚する)ということ」の難しさ

ヴァ―ノンは天才だが、音楽にすべてを賭けており、他の事は全く頓着しない。
そしてこう信じ切っている。

ヴァ―ノン 
ヴァ―ノン 
女性の愛とは、徹底的に自分を支えてくれるもの 

そこがネルを不安にさせるんやけどな・・・。

じゃあネルも、ヴァ―ノンを辞めればいいのに、そこまでの勇気がないときた。

古今東西を問わず、何かにすべてを賭けている男性と、安定した家庭を望む女性ほどうまくいかない愛はない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ピカソとか典型的やな・・・

天才ヴァ―ノンを支えることができたのは、同じくオペラの天才・ジェーンだ。

でもそんなジェーンにしたって、ヴァ―ノンの若く美しい婚約者・ネルへの嫉妬がすさまじい。

本当はジェーンも、一人の女性として幸せな結婚がしたかったんだろうな・・・と思わせてしまう。

ジェーンもヴァ―ノンと同じく、天才オペラ歌手だから、穏やかな幸せが叶わなかったのかもしれない。

幸せな結婚が出来なかったのは、ヴァ―ノンだけではないのだ。

天才と結婚するのは、ほんっと難しい。

ちなみに「愛の旋律」というタイトルだが、英語のタイトルはこれ。

「Giant’s Bread=巨人の糧」

天才を支え、愛するには、自分が糧を与えないといけない

・・・ってことなんかもしれへんなあ・・・。
だとしたら天才と付き合い、幸せにしてもらう事は無理なのかもしれない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
天才でありながら、女性を幸せに出来る男はルーベンスくらいやな!

では次に、他の登場人物の抱える愛情をみていこう。

セバスチャンとジョー

恋愛はヴァ―ノンだけではなく、ヴァ―ノンの友人、セバスチャンとジョーにもある。

ジョーは、最初のうちはジェーンのように、自立心ある逞しい女性なのかと誰もが思う。

だが読み進めていくうちにこう思うだろう。

自分自身の芯がないのに、ただ慣例や習慣に反発しているだけの女性

いわゆる「ツッパってるだけの女性」だ。

そしてやはり、そんな女性お決まりのパターン「破滅的人生」を送る。

だがセバスチャンは、そんなジョーを終始見守る。

彼女のさせたいようにさせ、特に干渉もしないが、本当に困ったときは手をさしのべてやる。

このセバスチャンという人物は、この物語で唯一ブレないし、取り乱すこともなく行動してくれる。

彼の存在が無ければ「愛の旋律」は相当キツイ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
登場人物、みんな情緒が不安定すぎ

ちなみにセバスチャンは、ジョーだけでなく、ジェーンにも寛容に接しているし、ヴァ―ノンに対しても非常に愛ある対応をしている。

その中でもヴァ―ノンに対する愛は深い。

ラストまで読んで、また最初のプロローグを読めばハッとするだろう。

セバスチャンの愛はこう思うで「『愛の旋律』中、愛はここにだけあった」。

アガサクリスティ「愛の旋律」 まとめ

ネコ缶評価

ヴァ―ノン=天才という感じがあまりしなくて、ただの依存心の強いダメ男にしか見えなかったのが残念。

前半のヴァ―ノン幼少期は、もう少し削っても良かったかも。

とはいえ登場人物は個性が豊かで、細かな心理描写もさすがクリスティ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ラストがバタバタと終わった感じはあるが、ものすごくパワーある作品だった。

次回作に期待!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です