アガサクリスティ

アガサクリスティ(メアリ・ウエストマコット)自伝小説か?「未完の肖像」

アガサクリスティは、ミステリーだけでなく、メアリ・ウエストマコット名義で恋愛小説を書いている。

この6冊がそうだ。

  • 愛の旋律
  • 未完の肖像
  • 春にして君を離れ
  • 暗い抱擁
  • 娘は娘
  • 愛の重さ

今回ご紹介する「未完の肖像」も、そんなクリスティの恋愛ものの1冊。

未完の肖像
created by Rinker

シーリアという女性を主人公に、幼いころから家庭を持った後までの、一大スペクタクル小説になっている。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
大河ドラマみたいやな~。

ちなみに「愛の旋律」も似たような構成やで

内容が「クリスティ自身の自伝?」と言われているこの作品を、詳しくみていこう。

アガサクリスティ(メアリ・ウエストマコット)「未完の肖像」あらすじ

内気で想像力豊かなシーリアは、愛情深い母親のもと、何不自由ない子供時代を過ごしていた。

父親が死んだ後は、貧しい生活を強いられるが、それでも母親とけなげに過ごすシーリア。

やがて美しく成長したシーリアには、求婚してくる男性が幾人か現れる。

その中でシーリアがどうしようもなく惹かれたのは、ちょっと強引ところがある軍人ダーモット。

2人は急速に惹かれあい、電撃的に結婚した。

戦時中ではあったが、楽しく暮らす2人。
やがて女の子・ジュディーも生まれ、2人の生活は盤石なものになったかに見えた。

だが強引で超現実的なダーモットと、内気で空想しがちなシーモアは最初から価値観が違い過ぎた。

そして娘のジュディーも、ダーモットにそっくりで、母のシーモアとは全く気が合わない。

次第に夫婦・母娘はすれ違いはじめ、頼りにしていた母の死で、一気にシーモアはバランスを崩してしまう・・・・。

アガサクリスティ(メアリ・ウエストマコット)「未完の肖像」感想

クリスティの人生を知っている人は、すぐこのことに気づくのではないだろうか。

 
 
クリスティ、自分の事書いたんじゃないの? 

アマゾン、読書メーターの感想でも、そう言う人は多かった。

ネコ缶も言われてみれば・・・と気づいたので、どのあたりが似ているのか、サラッと紹介していこう!

ここを書くに当たっては、こちらを参考にさせてもらいました⇒詳しくはこちら

「未完の肖像見どころ」1 シーリアはクリスティ自身?

クリスティとシーリアは、この辺りが似ている。

  • 育った環境が酷似
  • 母親の死と失踪
  • 夫の気質と破局ここにテキストを入力

ひも解いていこう

クリスティはシーリア①

父親や兄弟とそこまで親密ではなく、もっぱら母親と親しかった事。

母親が学校へ行かせず、直接勉強を教えた事、スペルミスがとても多かったこと。

一家がフランスに行った際に、ちょこっと芸術を教える学校に通ったこと・・・・。

この辺りシーリアとクリスティ、ほとんど同じなのだ。

 

そしてシーリアは、裕福な子供時代を過ごしていた。

しかし父親が死んでからは、思ったよりお金が残っておらず、貧しい暮らしを強いられる。

弁護士たちは今になって、わずかなお金しか残っていないと言い出したのだ。
「とても質素な生活をしなければならないでしょうよ・・」

「未完の肖像」  P170

一方クリスティ家は、父親が亡くなってから、なんと破産するのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
もうこの段階で「自伝かも?」と思うよな!

クリスティはシーリア②

シーリアは母親と、とても仲良しだった。

そんな頼りにしていた母が死んだとき、シーリアはバランスを崩す。

母親がいなくなったのだ・・・
シーリアの世界の根底が崩れた・・・

「未完の肖像」P455

これ、クリスティも全く同じ。

母親が亡くなった後クリスティは失踪してるし、シーリアも精神的に不安定になり、家を抜け出してる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
シーリアはこの少し前から、ダーモットとおかしくなった。

クリスティも、そうやったのかもしれへんな。

お母さんの死が引き金になって、失踪したのかもな・・・。

クリスティはシーリア③

とどめはクリスティの夫(最初の)アーチボルトと、シーリアの夫ダーモットが酷似してること。

で、シーリアもクリスティも、そんな夫と離婚。

ダーモットは離婚後に愛人と結婚しているが、クリスティの元夫・アーチボルトも、離婚後に愛人と結婚した。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
 なんだかなあ・・・・。

また、ダーモットはゴルフが大好き。

シーリアよりも、週末は友達とゴルフに行くようになってしまう。
(シーリアはゴルフあんまり好きじゃなかった)

やがてダーモットは、もっぱらゴルフを楽しみにするようになった。
(略)一か月後にはダルトン・ヒースの会員になるつもりだと言った。

「未完の肖像」P401~403

「またかいな」と思うけど、アーチボルトもゴルフ好きで、クリスティはゴルフをしなかったとか・・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
おまけにダーモットもアーチボルトも軍人や。

これはもう、ロマンチックな恋愛小説というより、やっぱクリスティの自伝やな!

アガサクリスティ(メアリ・ウエストマコット)「未完の肖像」まとめ

未完の肖像
created by Rinker

ネコ缶評価

クリスティの自伝と考えると興味深いものがあるが、一つの恋愛小説としてとらえると・・・・

どうも共感できないところが多い。

違うからこそ惹かれるのは解る。

ダーモットが、子供っぽいワガママさのある、ひどい奴という事も解る。

でももう少し、シーリアも自分の世界をもっとしっかり持って、楽しく過ごしたら良かったのにな~と思うのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネコ缶自身が、ダーモット寄りのところがあるせいか、シーリアにイライラするところも多かった。

クリスティの自伝を、面白く読みたい人におススメかな。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です