アガサクリスティ

アガサクリスティ(メアリ・ウエストマコット)究極のテーマが搭載「愛の重さ」

沢山愛したら、相手の重荷になる・・・・。

これは古今東西よく言われることだ。

源氏物語の六条の御息所が光源氏を愛しすぎて、生霊になってしまったことも有名。

あさきゆめみし
created by Rinker

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
↑これで読んだ方が気楽やで。

21世紀の今にしたって、こうした手合いの事は、男女に限らず親子の間柄でもよくある。

今回、その究極のテーマを取り上げたのがこれ。

「愛の重さ」

親子ではなく、姉妹という間柄で起こる愛。
そして男女、夫婦・・・。

愛しすぎて、バランスを崩した人たちの作品をみていこう!

アガサクリスティ(メアリ・ウエストマコット)「愛の重さ」 あらすじ

ローラは、両親にあまりかわいがられていない娘だった。

両親の関心は、明るくて活発な兄のチャールズだけに向いており、大人しくて内向的なローラを持て余し気味・・・。

そんなある日、チャールズは幼くして病気で死んでしまう。

そこでローラは考えた。

ローラ 
ローラ 
きっとこれから、お父様とお母様は、私だけを見てくれるはず! 

ところがローラの願望は打ち砕かれた。

しばらくすると、妹のシャーリーが誕生したのだ。

密かに妹の死を願うローラ。

だがある日、家が火事になったとき、ローラは命がけでシャーリーを救う。

そこからローラは、シャーリーを心から愛し、かわいがるようになったのだ。

火事から3年後、両親が事故死してからは、まるで母親のように自分の人生を後回しにしてシャーリーの面倒を見るローラ・・・。

姉妹が大人になった会う日、シャーリーの目の前に、一人の魅力的な男性・ヘンリーが現れた。

どう見ても信用できないこの男に、シャーリーは強く惹かれてしまい、結婚する。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ローラは反対しとったけどな

それはシャーリーの悲劇の始まりになった・・・。

ローラとシャーリーを通して、見えてくる愛とは何なのか?
人を幸せにする愛とは何なのか?

メアリ・ウエストマコット最後の作品!

アガサクリスティ(メアリ・ウエストマコット)「愛の重さ」 感想

物語は4部構成になっている。

1部 ローラから見た話
2部 シャーリーから見た話
3部 ルウェリンから見た話
4部 まとめ

1部から2部までは一気に読める。

解りやすく、スピード感ある展開で、ローラとシャーリーの人柄や周りの人たちの事もよくわかる。

ところが3部から話は一気に変わる。

今まで、全く出てこなかった人物の視点に変わるのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
 そして話の内容が、一気に宗教的で高い視点にもなるが、頑張って読もう

そして4部で、広がった話の総まとめ・・・みたいになっている。

話の展開が解ったところで、詳しく中身をみていこう。

「愛の重さ」 貫かれるテーマ

途中で違う話になったのかと思う位、話の流れが途中で変化しているが、貫かれているのはこれではないかとネコ缶は思う。

「愛の重さ」のテーマは、「本当の愛は、重いとは感じない」ということ。

そしてそれが出来る人は、愛された経験があり、自分の人生がしっかり充実していることが大前提だ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
これはネコ缶もつくづく思う。
本当の愛は絶対に重くない。
むしろ相手に負担をかけへんよな。

で、自分の人生が空っぽだと、必要以上に相手の人生に関係しようとすんねん。

今でもよくあるよな。

賢明で、シャーリーに多大な犠牲を払ってくれているローラ(と、2番目の夫リチャード)に愛されていながら

・・・・シャーリーはなぜか病んでいく。

やはりその愛は、シャーリーにとって重荷だったのではないか。

 

ローラはまず自分の人生を、何とかするべきだったのだと思う。

自分が一方的に犠牲になる愛情は、絶対に相手を苦しめる。
(親子であっても、男女であっても)

相手に多大な犠牲を払わせて苦しまない人は、自己評価の低い人・何らかの憎しみを持った人であろう。

考えるとすぐわかる。

 
 
私も幸せ、あなたも幸せ 

というのが最高だ。

 
 
私の人生はどうでもいい。
私はあなたの幸せのために、すべて捨てます 

というのは、やっぱり苦しくなってくる。

これが「相手に対しての重荷になる愛」なのではないか。

そしてそれが出来るのは、本当に誰かに愛されたことのある人だ。

 

ラスト、とても示唆に富んだ一文が出てくる

突然、ほとんど無意識に彼女の肩は心持ち下がった。

あたかも荷が、ごく軽いながらも一つの荷が、今その方の上にそっと置かれたように。

生まれて初めて、ローラ・フランクリンは愛の荷の重さの意味を理解したのだった。

「愛の重さ」P407

 

肩にそっと置かれているような重さ。
決して人をつぶしたりしない。

それが本当の「愛の重さ」なのではないだろうか。

アガサクリスティ(メアリ・ウエストマコット)「愛の重さ」

ネコ缶評価

ルウェリンとローラの出会いが、あまりに神がかり過ぎてちょっとうーん。

「伝道師」だから仕方ないのかな・・・。

重くなりがちな話だけど、唯一の救いはボールドックの存在。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
特にローラが幼い時、この人がいてくれて本当に良かったと読者ながら思うで。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です