アガサクリスティ

アガサクリスティの恋愛小説(メアリ・ウエストマコット)おススメランキングNO1はこれ!

アガサクリスティは、だれもが知るミステリーの女王。
ポアロやマープルの、生みの親として知らない人はいない。

でも意外なことに、クリスティは恋愛小説を6冊書いているのだ。

 
 
ミステリーのなかにも、恋愛要素がある作品も多いしね。
 
 
人間(女性)の心理描写が上手いことはお墨付き。恋愛小説も期待できそう。

と思う人も多いだろう。

そこでネコ缶が独自でランキング作ってみました!

それはこちら

1 春にして君を離れ
2 娘は娘
3 暗い抱擁
4 愛の旋律
5 愛の重さ
6 未完の肖像

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
これらの作品は、最初「メアリ・ウエストマコット」っていう名前で出されていたんやで!

ミステリーの女王・クリスティの恋愛小説を詳しくみていこう!

アガサクリスティの恋愛小説おススメランキング1位 「春にして君を離れ」

春にして君を離れ
created by Rinker

ネコ缶評価

どんな読書レビューでも、圧倒的な高評価の「春にして君を離れ」。
読み始めると、誰もがすぐに、その高評価の理由が解る。

設定は今から100年近く前だが、古さを全く感じさせない不朽の名作だ。

「春にして君を離れ」あらすじ・感想

末っ子・バーバラのお見舞いの帰りに、女学校時代の友人・ブランチに会ったジョーン。

ところがブランチは、ジョーンに妙な事ばかり言う。

ブランチ 
ブランチ 
バーバラは家から逃げたくて結婚したんじゃないの? 
ブランチ 
ブランチ 
あなたのご主人のロドニーは・・・夫の座におさまってなさそうよね 

こんな感じで、せっかくの再会は話も弾まず終わる。

その後、列車トラブルのため、砂漠の中で何日も足止めを食うジョーン。

何もすることが無くなった彼女は、バーバラの言葉で自分の母娘や夫婦関係を嫌でも振り返る。

そして、そこで気づいた真実に愕然とする・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
テーマは「(母親に多い)独りよがりの愛情」

このジョーンに、そっくりな人が高校の同級生におったなあ・・・
今どうしてるんやろか。
ジョーンみたいになってんのやろうなあ・・・

「春にして君を離れ」詳しい内容はこちらから

アガサクリスティの恋愛小説おススメランキング2位 「娘は娘」

ネコ缶評価

クリスティの恋愛小説では、全くの無名作品。

だが「春にして君を離れ」より惹きつけられる人もいるだろう。

これまた不朽のテーマ「母と娘」を扱っており、娘のいる人、娘だったことがある人は、心がひりひりするかもしれない。

「娘は娘」あらすじ・感想


アンとセアラは自他とも認める仲良し母娘。

ところが、その関係は、アンの再婚できしみだす。

セアラはどうしても再婚相手が気に入らず、仲良くしようとしないし、婚約者のリチャードもそんなセアラに怒りを隠さない。

2人の間に挟まれたアンは、とうとう婚約を解消・・・・。

また仲良しの母娘に戻るかと思いきや、なぜか母娘の関係は悪くなる一方。

アンは享楽的になり、セアラは悪質な男との結婚に踏み切ってしまう・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
テーマは「娘と母親の愛情」
クリスティにも娘はいたし、この作品同様に、子連れで再婚という機会があった。

こんな葛藤があったんかもしれへんな・・・。

「娘は娘」詳しい内容はこちらから

アガサクリスティの恋愛小説おススメランキング3位 「暗い抱擁」

ネコ缶評価

骨太な内容で、恋愛小説とは思えないくらい破天荒な男性が主人公。

内容は良かったのに、タイトルの付け方と、裏表紙のあらすじが本当に残念やった!

「暗い抱擁」あらすじ・感想

保守党候補のゲイブリエルは、お世辞にもイケメンではないし紳士でもない。

政治家になるのも「楽な仕事口」と言って、はばからない男だった。

でもパフォーマンス能力に優れた彼は、次第に村の人気者になっていく。

だが彼は、強烈な階級コンプレックスを密かに抱えていた。

そしてそのコンプレックスを、歪んだ形でセント・ルーの貴族の娘、イザベラにぶつけるのだが・・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
テーマは「コンプレックスを抱えた人の愛のカタチ」

どちらかと言うと、男性向きの恋愛小説かもしれない。

ラストまで読んだら、また最初に戻る事を、絶対に忘れたらアカンで!

「暗い抱擁」詳しい内容はこちらから

アガサクリスティの恋愛小説おススメランキング4位 「愛の旋律」

ネコ缶評価

芸術と愛情を、複雑に絡み合わせた愛の物語がメイン。

だが、登場人物が個性豊かで、その人物ごとの違った愛がある。

お気に入りの人物を見つけるのも一興。

「愛の旋律」あらすじ・感想

ジェーンのオペラを見た時から、音楽の才能に、突然目覚めたヴァ―ノン。

安定した仕事もなげうち、婚約者のネルをハラハラさせる。

ヴァ―ノンの友人・セバスチャンも、ビジネスで大成功をおさめながらも、幼馴染のジョーへの思いは報われない。

ジョーに至っては、そんな彼よりも、ならずものの男ばかりを追いかけている。

そんな中始まった戦争。
この戦争は、幼馴染たち4人を否応なく巻き込み、生活を一変させてしまう。

そしてそんな中届いた一通の手紙。

「ヴァ―ノンは戦死」

彼らの人生と恋はどうなってしまうのか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
テーマは「芸術家の愛の仕様」

「自分を支えてくれて当たり前、それが愛」って、ピカソみたいやん!
って思いながら読んでた。

登場人物がみんな個性豊かで、それぞれの愛の形もある。そっちも見どころやで。

「愛の旋律」詳しい内容はこちらから

アガサクリスティの恋愛小説おススメランキング5位 「愛の重さ」

ネコ缶評価

人の重荷にならない愛情とは・・・

という、今でも難しいテーマを取り上げている。

途中で視点がガラッと変わり、崇高なテーマがサンドされるが、ラストは報われるのでそこまで頑張って読もう。

「愛の重さ」あらすじ・感想

ローラはあまり両親に愛されておらず、いつもこう思っていた。

ローラ 
ローラ 
妹のシャーリーなんて、死ねばいいのに

だが火事の日に、シャーリーを命がけで救い出したところから、俄然ローラは妹を愛し始めるのだ。

両親が死んだ後は、自分の人生を犠牲にしてシャーリーをかわいがるように。

だが大人になったシャーリーは、どうにも信頼できない男性・ヘンリーと恋に落ちる。

結婚に反対したローラだが、結局折れて、2人は結婚。

ローラが心配した通り、ヘンリーはどうしようもない男性で、次第にシャーリーは追い込まれていき・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
テーマは「人の重荷にならないような愛し方」

偏屈なボールドックの存在がカンフル剤。

「愛の重さ」詳しい内容はこちらから

アガサクリスティの恋愛小説おススメランキング6位 「未完の肖像」

未完の肖像
created by Rinker

ネコ缶評価

出だしは「愛の旋律」とよく似ている。

1人の登場人物の一大スペクタクル物語なんかな~と気づくが、誰の一代記かに気づくと仰天するで!

「未完の肖像」あらすじ・感想

内気で想像力豊かな少女・シーモア。

そんなシーモアが成長して惹かれた男性は、ちょっと強引なところがある軍人・ダーモット。

2人は急速に関係を深め・結婚。

しばらくは幸せに暮らしていたが、次第に二人の性格の違いが浮き彫りになり、すれ違いが始まる。

最愛の母の死をきっかけに、シーモアは一気にバランスを崩してしまい・・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
これは恋愛小説というより「クリスティの自伝小説」
クリスティファンの人向けやな!

「未完の肖像」詳しい内容はこちらから

アガサクリスティの恋愛小説おススメランキング まとめ

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ではまとめてみよう。

アガサクリスティの恋愛小説おススメランキング

1 春にして君を離れ
2 娘は娘
3 暗い抱擁
4 愛の旋律
5 愛の重さ
6 未完の肖像

1位から3位は、すべて★が9.5。
どれを読んでも満足できる。

ただ「暗い抱擁」は、好き嫌いが分かれる作品だろうし、「娘は娘」を男性が読んだら「?」となる事も多いかもしれない。

なのでランキング1位は「春にして君を離れ」にした。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
これは誰にでもおススメ出来るで!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!
アガサクリスティ

アガサクリスティ「なぜエヴァンズに頼まなかったのか?」は「こんなに面白いのになんで有名じゃないの」シリーズ⑨に決定しました!

2021年3月10日
主婦・ネコ缶さとこのミステリー読書ブログ
アガサクリスティにはノンシリーズといわれているもの(ポアロもマープルも出てこないもの)がある。 その最高峰の傑作がこれだ 「そし …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です