アガサクリスティ

アガサクリスティ(トミー&タペンス)「秘密機関」冒険もロマンスもテンコ盛り!

クリスティと言えばミステリーだが、実はスパイ・サスペンスものを意外と多く書いている。

これとか

「ビッグ4」

ビッグ4(フォー) (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ]
created by Rinker

「ビッグ4」詳しくはこちら

「フランクフルトへの乗客」とかな。

フランクフルトへの乗客
created by Rinker

「フランクフルトへの乗客」詳しくはこちら

スパイ・冒険ものは、マープルものには存在しないが、ポアロものでは3冊、ノンシリーズ(ポアロもマープルも出てこない作品)では5冊あるのだ。

意外とスパイ・サスペンスものが好きだったクリスティ。
彼女がきちんとキャラ設定をして、世に送り出した作品が今回ご紹介するこちら。

「秘密機関」

「二人合わせても45歳にならない」若いカップル、トミーとタペンス。

彼らが国家の安全のために(っていうか好奇心とお金のために?)危険な仕事をパワフルにこなす作品だ。

クリスティも楽しんで書いていることが伝わってくる、トミー&タぺンスシリーズのスタートをみていこう!

アガサクリスティ(トミー&タペンス)「秘密機関」 あらすじ

幼馴染のトミーとタペンスは、地下鉄の出口で偶然再会。

お金がない二人は、冗談で「青年冒険家商会」なるものを作る。

危険な仕事(犯罪含む)を請け負い、大儲けしようというのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
お金がない=「真面目に働く」やなくて「冒険しよう」になるんやなあ~。

今やったら、結構ヤバい二人かもしれん(笑)

カフェで大盛り上がりした帰り道、タペンスは一人の男に声をかけられた。

 
 
ちょっとお話したいことがあるのですが・・・ 

驚いたタペンスは振り返ると、その男はこういった

 
 
カフェで、あなた方のお話を耳にしたのです 

その後、この男はタペンスに仕事を依頼。

だが、タペンスが出まかせに自分の名前を「ジェーン・フィン」と言うと態度が急変。

次の日、なぜかその男は姿を消してしまった!

せっかくの大金をフイにした、トミーとタペンスは諦めきれず、新聞にこんな広告を出す。

「求む、ジェーン・フィンについての情報!」

 

ここからが、トミーとタペンスの冒険の始まりだった。

ジェーン・フィンとは誰で、どこにいるのか?
悪の連中が血眼で探す、秘密の書類はどこに?

トミーとタペンスの物語の第一弾!

アガサクリスティ(トミー&タペンス)「秘密機関」 感想

話の内容に入る前に、トミーとタペンスについてちょっとだけ書いておく。

トミー・・どちらかと言うと、タペンスのフォローに回る印象
想像力はないが、その分冷静に事実を見極めて動く
タぺンス・・・直感に優れ、思い立ったらすぐ行動する
ちょっと飽きっぽいところもあるが、ハッタリがうまい

陰と陽という印象だが、個性の違う2人が組んだら、最強のコンビになると言ってくれる人もいた。

(トミーは)自分の想像力を過信して、とんでもないところに迷い込む心配はないのです。

物事をじっくり考えて解く方で、納得いかない限りは先に進むことはありません。

(タペンスは)彼とは全く対照的なタイプです。

直観力は彼より勝りますが、常識的な判断力は劣りますね。

この2人を組み合わせれば、素晴らしいコンビが生まれるわけですよ。

速度とスタミナという取り合わせですね。

「秘密機関」P402~403

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
4冊あるシリーズが楽しみになるよな!

さてさて「秘密機関」には大きな謎が3つある。

そこを中心に紹介しよう。

用意された謎1 ブラウンって誰?

トミーとタペンス(以下、トミタぺ)は、とある秘密の書類を探す依頼を受ける。

そして、途中で悪の親分的な存在は「ブラウン氏」であることを知る。

このブラウンという人物、とにかく怖い印象を受けるのだ。

神出鬼没なうえ、手下たちがかなり恐れている。

手練手管の女スパイも、恐怖のあまり倒れるくらいだ。

「あの男がどんな人間か、あんたには解らないんだ」夫人はしわがれた声で繰り返した。
「ああ・・・あの男よ!」夫人は(略)気絶して床に倒れた

「秘密機関」P227~228

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
存在は定かではない悪の大玉・・・。
冒険ものにはつきものやな!

ただブラウン氏が誰かは、ミステリー慣れした人なら、ちょっとしたきっかけで見当がつく。

ちょっとあるあるな展開だが、安定のコースかな。

用意された謎2 秘密書類はどこに?

謎のその2はこれ。

秘密書類はどこにある?
いやそもそも本当にあるのか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
しかも紙やしなあ・・・

ブラウン氏率いる悪の組織っぽいところが、この書類を狙っているのだが、場所の存在が二転三転する。

やっと見つかったと思いきや、そこは調べた後で、もぬけの殻というお約束もあり。

中に小さく折りたたんだ紙が入っていた。
2人は震える指でその紙を広げた。ああ、その紙は白紙だった!

「秘密機関」P385

書類はラストに「そんなとこにあったんかい!」と言いたくなるような場所から出てくる。

この場所に気づく人がいたらすごいで。

用意された謎3 ジェーン・フィンって誰?生きてるの?

謎の最後はこれだ。

書類を渡されたという謎の女性、ジェーン・フィンって誰?
生きてるん?

物語は、沈みかけの船からの脱出劇から始まる。
その時、男性が若い女性に大事な書類を渡すのだ。

この若い女性が後々、ジェーン・フィンやなと気づく

怪しげな謎の女性は出てくるが、確信もない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
そもそもジェーン・フィンの顔を、誰も知らないんやから、かなり難儀な話やで。

 

こんな感じで3つの謎を追いかけて、テンポよく物語は進んでいく。

トミーもタペンスも、命が危なくなる場面もあるが、ラストはお決まりの大団円なので、安心して読んでいこう。

アガサクリスティ(トミー&タペンス)「秘密機関」 まとめ

ネコ缶評価

トミタペが、一緒に行動するのかと思いきや、作品の大半が別行動だった。

若い二人が主人公だからか、話の転換も早く、ちょっとついていくのが大変なところもある。

とはいえ、トミタペが個性豊かでとにかくパワフル。

ラストに一気に謎が解けるのも爽快。

「なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?」のボビーとフランキーの、その後をホーフツとさせる展開。

明るいラノベのノリが好きな人にはおススメだ。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です