アガサクリスティ

アガサクリスティ(トニー&タペンス)20年ぶりの出版「親指のうずき」

クリスティの、トニー&タペンスと言えば、知っている人は少ないかもしれない。

彼らの作品数も4作しかないうえ、最初の3作はなんと約20年に1冊という超スローペースなのだ。

1922年 秘密機関
1941年 NかMか
1968年 親指のうずき
1973年 運命の裏木戸

ただ「NかMか」から作品が出ない時、クリスティの元に世界中からこんな手紙がたくさん来たという。

「その後、トニー&タペンスはどうなりました?今は何をやっていますか?」

今回ご紹介する「親指のうずき」は、そんな声に後押しされて出版されたのだろうか。

親指のうずき
created by Rinker

若かったトミタぺも、もう60過ぎ。

今回はどんな冒険をしてくれるのか?

早速見ていこう!

アガサクリスティ(トミー&タペンス)「親指のうずき」 あらすじ

トミーとタペンスは、叔母の住む老人ホーム・サニーリッジへ出かけた。

相変わらず口の悪い叔母のエイダ。

罵られ、仕方なく部屋を出されたタペンス。

行く当てもなく、施設内のサロンに行った所、1人の老女と出会う。

彼女の名前はランカスター夫人。

ランカスター夫人といろいろ話すうちに、彼女は思いがけずこんなことを言った。

ランカスター夫人 
ランカスター夫人 
今、暖炉を見ていらっしゃったわね。
・・・あれはあなたのお子さんでしたの? 

驚くタペンス。
だがランカスター夫人は続けた。

ランカスター夫人 
ランカスター夫人 
あそこにあるんですよ、あれは。あの暖炉の奥に・・誰も信じてくれませんけどね・・。 

戸惑いながらも、ランカスター夫人と別れたタペンス。

エイダ叔母はその後すぐに死亡。
謎の発言をしたランカスター夫人も、引き取る人が現れてサニーリッジを去った。

ランカスター夫人から貰ったという絵を返そうと、連絡してみると・・・。

誰にもつながらない。

しかも、滞在していたというホテルには、行った形跡すらないのだ!

ランカスター夫人はいったいどこへ?
引き取りに来たジョンソン夫人とは何者か?

ランカスター夫人が残した1枚の絵。

その絵に描かれた家に、見覚えがあるというタペンスの勘を頼りに、捜査に2人が乗り出す!

アガサクリスティ(トミー&タペンス)「親指のうずき」 感想

設定が、今(2021年)に大分近くなっている。

お年よりは豊富な遺産を持ち、家族や親族(や、召使)にかしずかれて、世話をされる時代は終わっていた。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「杉の柩」なんかは典型的やったけどな

「杉の柩」詳しくはこちらから

彼らは老人ホームでケアをされている。
そして痴ほう症を思わせる症状の方々が、出て来たりしていた。

今回の「親指のうずき」も、そんな背景を生かした設定だ。

面白いポイントがいくつかあるので紹介していこう!

「親指のうずき」 面白ポイント1 ミステリーの名言あり

クリスティミステリーの名言と言えば「葬儀を終えて」のコーラのこの発言。

コーラ 
コーラ 
だってリチャードは殺されたんでしょう? 

「葬儀を終えて」詳しくはこちら

この衝撃の一言で、事件が始まり、ぐいぐい読者は引っ張られていく。

今回「親指のうずき」に、それに匹敵するぐらいの名言があった。

ランカスター夫人 
ランカスター夫人 
あれはあなたのお子さんでしたの? 

ボーッと暖炉を見てるとき、こんなことを言われると普通に怖い。

だが、このひと言を発したランカスター夫人が、その後行方不明になることでますます怖くなってくるのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
タペンスやなくても気になって捜査するで

そしてこの一言の意味が、最後の最後で解るのだが、「あ、それってそういう意味やったの?」って驚愕する。

これが「親指のうずき」の最大の見せ場やで!

「親指のうずき」 面白ポイント2 怪しげな事件多発

トニタぺが調査をしていくと、妙な出来事や、未解決事件が次々と出てくる。

まずはタペンス部門から。

タペンスの調査で解った謎

ウォーターズという男から、子供のお墓を探してほしいという謎の依頼

このウォーターズという人物は、一体誰なのかはよくわからない。

そしてタペンスは、とうとうその子のお墓を見つけるが、その見つけた矢先、何者かに襲われるのだ。

子供が次々に殺される事件が、かつてあった。
しかも怪しいとうわさされた人物の奥さんは、1年後に出奔

犯人は○○(登場人物の中にいる)という噂もあるが、いまだにわからずじまい・・・。

いやこの事件、普通にヤバい。

切り裂きジャックをホーフツとさせる。

リリアンという美しい女性が、悪い男に騙され身ごもる。
一家は姿を消すが、リリアンは精神に異常をきたし、生まれた子供を殺したらしい・・・

これまた噂だが、そのリリアンも子供も、その後誰も見ていない。

ランカスター夫人を探していたはずが、過去にぐんぐんさかのぼる事になるのがタペンスだ。

トミーの調査で解った謎

優雅で行き届いたはずの老人ホーム・サニーリッジで、ムーディー夫人がモルヒネ中毒で死亡

モルヒネなんて、普段使う薬では決してない。
しかも、調べていくと、過去に不審死が何件かあったという・・・。
サニーリッジで殺人があったのか?

サニーリッジで怪しいところがあるという事を、実はエイダ叔母さんは知っていた

これが判明したとき、物語の謎のピースがすべてそろう。

そしてこの、最後の謎の見つかり方が劇的だ。

この謎を見つける鍵は、トニタぺシリーズの名わき役が大活躍してくれるで!

 

 
 
・・・今回なんだかミステリーばっかじゃない? 

そう思う方もいるかもしれない。

でもラストは、お決まりの鬼気迫るサスペンスになるので楽しみにしてな!

アガサクリスティ(トミー&タペンス)「親指のうずき」 まとめ

親指のうずき
created by Rinker

ネコ缶評価

「NかMか」が、トニタぺの最高傑作という声が多い。
「NかMか」詳しくはこちらから

確かに「NかMか」は傑作だ。
「親ゆびのうずき」には、広げたミステリーの細かいところを回収しきれなかった感もある。

でもネコ缶的には、内容に深みがある「親ゆびのうずき」の方がおススメやな!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です