アガサクリスティ

アガサクリスティ(トミー&タペンス)正真正銘最後の作品「運命の裏木戸」

物語の登場人物は、年を取らないのが普通だ。

カツオ君はいつまでも小学生だし、のび太君は50年前からジャイアンにいじめられている。

クレヨンしんちゃんも、中学生になる気配は一向にない。

でもアガサクリスティの人気者夫婦、トニー&タペンスは確実に年を取っている。

1922年に「秘密機関」でデビューしたとき、この2人は20歳そこそこだった。

でも1941年「NかMか」では中年夫婦になっており、今回ご紹介する「運命の裏木戸」(1973年)では70歳を過ぎているのだ。

運命の裏木戸
created by Rinker

そんなトニタぺが老夫婦になったときの物語、シリーズの最終回をみていこう。

アガサクリスティ(トミー&タペンス)「運命の裏木戸」あらすじ

元気にスパイ活動をしていたトニーとタペンスももう70過ぎ。

静かに余生を暮らそうと、田舎の家に引っ越してきた。

そこで、前に住んでいた人が残していった本に、書かれたメッセージを見たタペンスは驚く。

メアリー・ジョーダンの死は自然死ではない。犯人は私たちの中にいる。
わたしには誰だか解っている

これを書いたのは、アレクザンダー・パーキンソンという少年。

だがその少年はもう死んでいるし、この事件(?)が一体いつ起こったのかもわからない。

のんびり余生を送ろうと思っていたタペンス。

だが、このことを知り、俄然やる気が出る。

片っ端からいろいろな人に聞き込みをし、情報を仕入れるが、どうやら何者かがタペンスの命を狙っているらしい・・・。

オシドリ夫婦のトニタぺシリーズの完結編!

アガサクリスティ(トミー&タペンス)「運命の裏木戸」感想

超マニア向けの作品。

これまでのトニタぺ作品を読んだ人にしかわからないエピソードが満載で、マニアをにやりとさせてくれる作品なのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
クリスティはたまにそういう作品がある。
「象は忘れない」とか、クリスティの最晩年作品には多いな 

「象は忘れない」詳しくはこちら

でもミステリー&サスペンスとしては今一つかも

出だしは良い。

引っ越してきた家で、意味深長なメッセージが本から見つかる。
そしていつものように、いろいろ嗅ぎまわるタペンスを、誰かが狙う・・・。

・・・んやけど、いつまでたっても何も起こらないし、登場人物が増えるだけでまとまりがない。

ラストも解決したのかどうなのか、よくわからないまま大団円的な終わりになる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「親指のうずき」も出だしは似たような感じだった。
でも「親指のうずき」は、とてもよくできていた。

「親指のうずき」詳しくはこちら

なので、ネコ缶はこう思う

・「運命の裏木戸」は、トニタぺ(と、アルバート)の会話を楽しむために読むこと

・今まで出てきたキャラや作品がチョコチョコでてくるので、それを楽しみにのんびり読むこと

「運命の裏木戸」のポイントをみていこう

「運命の裏木戸」楽しむポイント1 「秘密機関」を懐かしむ

トニタぺが結婚する前に、「青年冒険家商会」なるものを作っていた。
「青年冒険家商会」とは?詳しくはこちら

そこを懐かしんでいるくだりが、何か所かある。

「時はめぐりめぐってか、昔、2人でジェーン・フィン事件を調べたりしたものだったね」
と、トミーは言った。

「運命の裏木戸」P73

 

「(略)私たちが冒険していたころ、謎のブラウン氏を追い回していたころに?」
「(略)それはもう昔々の話よ、トミー。
私たち、自分の事を『青年冒険家商会』なんて呼んでいたわね」

「運命の裏木戸」P164

きっとクリスティ自身も、「秘密機関」を書いていた若い頃を、懐かしんでいるんやろうな~って思わせるよな!

「運命の裏木戸」楽しむポイント2 「NかMか」を懐かしむ

「秘密機関」のくだりは、2~3か所で触れていた。

だがなんといっても、たくさん触れていたのは「NかMか」だ。

「NかMか」詳しくはこちら

ネコ缶が調べただけでも10か所あった。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
クリスティにとっては、よほど思い入れのある作品だったんやろうなあ・・・

「無憂荘を突然訪れてみた日のことは忘れられんな(略)ブレッキンソップ夫人とかに、なりすましていたんだからね」

「運命の裏木戸」P137

 

「あの人は昔から、つい深入りするほうだからな。
「NかMか」の時も、土壇場で危うく命拾いしたことがあったじゃないか」

「運命の裏木戸」P155

 

「奥さんの事なら聞いてますよ。
「MかNか」じゃありませんでしたかね?いや、「NかMか」だったかな?

「運命の裏木戸」P197

こんな感じで作品タイトルの「NかMか」がバンバン出てくる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
NとかMって、スパイのあだ名やなかったかなあ・・・。

こんなに広く知られていていいのやろうか・・(笑)

それ以外にもこんな事も書いてある

「奥さんはこの前の戦争の時、スパイだか何だかを捕まえた人じゃないですか?(略)
童謡と関係のあることで」

「その通りよ。があがあガチョウさん、っていうのだったわ。

「運命の裏木戸」P324

このエピソードは、ごく限られた人しか知らないはず。
知ってる人(子供)がいるのって結構すごいな。

「運命の裏木戸」楽しむポイント3 養女ベティを偲ぶ

「NかMか」で、トニタぺが養女にした女の子がいた。

その子がどうなったかを、気にしている人も多いだろう。

「運命の裏木戸」は、その子の事もちゃんと書いてあった。

養女のベティだが、あの娘は東アフリカに行ったんだろう。頼りはあるかい?」
「ええ、調査に夢中になっているわ。
アフリカ人の家庭にくちばしを突っ込んだり、それについて論文をまとめたりするのに」

「運命の裏木戸」P132

 

ベティの事ですか?
ええ、大学で立派な成績をおさめて、今はアフリカで現地人の生活をーなんだかそんなことを調査していますの。」

「運命の裏木戸」P466

あのベティ、一体何の仕事してるんやろうなあ・・。
出来れば子育てしてるトニタぺを見たかったな!

アガサクリスティ(トミー&タペンス)「運命の裏木戸」まとめ

運命の裏木戸
created by Rinker

ネコ缶評価

「運命の裏木戸」は、トニタぺファンの人が、その後の彼らを知るのにお勧めな作品だ。

ちなみにこの後出版された「カーテン」と「スリーピング・マーダー」でクリスティは亡くなる。

でもこの2冊は、クリスティが若い頃書いて、寝かせておいた作品。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
なので、これが正真正銘のクリスティ最後の作品なんやで!

 

 

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!
アガサクリスティ

アガサクリスティ「なぜエヴァンズに頼まなかったのか?」は「こんなに面白いのになんで有名じゃないの」シリーズ⑨に決定しました!

2021年3月10日
主婦・ネコ缶さとこのミステリー読書ブログ
アガサクリスティにはノンシリーズといわれているもの(ポアロもマープルも出てこないもの)がある。 その最高峰の傑作がこれだ 「そし …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です