アガサクリスティ

アガサクリスティ(短編)存在が謎過ぎる月光仮面みたいな「謎のクィン氏」

短編しか出てこない探偵キャラを、アガサクリスティは作っている。

その一人が今回ご紹介する「ハーリ・クィン」氏だ。

謎のクィン氏
created by Rinker

とにかく存在が不思議。

どこに住んでいるのか、何の仕事をしているのかも謎。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
そもそも探偵を、生業としているわけでもないのや

「壊れそうなカップルがいたら、どこからともなく現れる」

そんなヤツなのだ。

そして実際の行動は、サタースウェイト氏が行うという設定。

探偵と呼べるかどうかも怪しいが、そんな妖精のような探偵、ハーレ・クィンを見ていこう!

「謎のクィン氏」あらすじ&感想

「謎のクィン氏」にはこんな話がある。

  • ★★クィン氏登場
  • ★窓ガラスに映る影
  • <鈴と道化服>亭奇聞
  • ★空のしるし
  • クルビエの真情
  • 海から来た男
  • ★闇の声
  • ★ヘレンの顔
  • 死んだ道下役者(ハーレクィン)
  • 翼の折れた鳥
  • 世界の果て
  • 道下師の小径

★はネコ缶の好きな話な。

最初は正統派のミステリーで始まる。

が、ページが進み、後半の話になるにつれ、クィン氏が本領発揮するように幻想的な話になるで。

では1つずつみていこう!

「謎のクィン氏」クィン氏登場

雪深いある日、車が故障したと、ある男がロイストン荘にやってきた。

彼の名前はハーリ・クィン。

彼を中心として、暇つぶしに事件の謎解きが始まる。

ロイストン荘の以前のオーナー、デリク・ケープルが、結婚が決まった直後に謎の自殺をしたのはなぜか・・・?

そして明らかになった、事件の意外な真相は・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
セリフも多く、道下役者(ハーリ・クィン)とプロデューサー(サタースウェイト)らしい、舞台みたいな作品や

※「三幕の殺人」のサタースウェイトがこの本でも登場。
相棒でもなく、常に一緒に居るわけでもない。不思議なつながりの2人だ。

「三幕の殺人」詳しくはこちら

「謎のクィン氏」窓ガラスに映る影

アンカートン夫妻はサタースウェイトをはじめ、友人を招いてパーティを企画していた。

だが招待客の中には、昔関係があった人たちもいて、何か起こりそうな空気・・・。

その嫌な予感通り、突如銃声が鳴り響き、死者が2人出てしまう!

ここは幽霊が出るという噂の屋敷。

犯人は幽霊なのか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
中身が詰まった話。
長編でも良かったのでは。

家の造りに重点が置かれていているので、見取り図が欲しかった! 

「謎のクィン氏」<鈴と道化服>亭奇聞

車の故障で、仕方なしに「鈴と道化亭」に寄ったサタースウェイト。

そこで偶然クィン氏に再会。

いつもの通り、クィン氏と会うと「かつての事件」の謎解きになる。

今回は「若く金持ちの女性と結婚しながら、謎の失踪をした青年」の話に。

クィン氏に聞いてもらいながら、サタースウェイトは真相にたどり着けるのか・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
クィン氏は本当に何者なのか、そろそろ本当に気になりだすが、惹かれもする頃 

「謎のクィン氏」空のしるし

ヴィヴィアン・バーナビーを殺した疑いで、マーティン・ワイルドが裁判にかけられた。

状況的には絶対に有罪で、陪審員たちも有罪だと思っていた。

ところがサタースウェイトとクィン氏は、事件直後なぜか急に、カナダへ行かされたメイドの存在を突き止める。

それは真実に関係があるのだろうか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
今回は「人生の傍観者」サタースウェイトが、カナダまで出かける。

そのかいあって、事件も急展開するのだが、サタースウェイトをこうも動かしたクィンは、道下役者と言うより名コーチ。

「謎のクィン氏」クルビエの真情

モンテカルロにザーノヴァ伯爵夫人がいた。

もう若くはなかったが、物腰や十分な美しさで、存在感は相変わらず。

だがカジノでトラブルがあった。

サタースウェイトとザーノヴァ侯爵夫人が賭けた時、当たったのはサタースウェイトだったが、クルビエはザーノヴァ侯爵夫人に掛け金を渡した。

ただの間違いかと思いきや、双方、何やら訳がありそうで・・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ミステリーというより、モノクロの映画が似合いそうな作品。

「クルビエ」って、ルーレットの係の事やってんやな

「謎のクィン氏」海から来た男

サタースウェイトは、とある島に来てのんびりとすごしていた折、1人の男に出会う。

その男は余命いくばくもなく、自殺を考えていた。

なんとか説得はしたサタースウェイト。

だが次に出会った、個性的な女性も自殺を考えていて・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
これもとても幻想的な話(この辺りから話の特徴がこっちに傾いていく)。
1時間くらいのモノクロ映画が出来そう。

ここでのクィン氏の登場の仕方は、もはや人間じゃないと感じる。

「謎のクィン氏」闇の声

「娘のマージョリーが、幻覚を見ているようだから心配」
と言うストランリー夫人。

彼女の頼みで、アボッツ・ミードに来たサタースウェイト。

マージョリーから話を聞くと、本当に霊らしきものが動いているようだった。

霊媒師も派遣されて、除霊会も行われた矢先、ストランリー夫人が急死してしまう・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「シタフォードの秘密」にもあったけど、結構「除霊会」みたいなことはクリスティ作品に出てくるし、コックリさんみたなことも時々出てる。

この時代に流行ってたのかもしれんな。

トリックは何度も出てくる、クリスティお得意のパターン。

「シタフォードの秘密」詳しくはこちら

「謎のクィン氏」ヘレンの顔

世にも美しい顔を持つジリアン。

その美しさゆえにトラブルも多い。

今回はイーストニ―とバーンズが、彼女を取り合ってもめてしまったのだ。

ジリアンはバーンズと結婚することにしたが、イーストニーは意外とあっさり引き下がった。

そのうえ、結婚祝いだとラジオと、美しいガラス細工をプレゼントしてくれたのだが・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ヒロインの名前がジリアンなのに「ヘレンの顔」というオチは、クリスティの知識の豊富さを表してる。

個人的にはイーストニーの方が、結婚には向いてないが魅力的やないかなあ~と思う

「謎のクィン氏」死んだ道下役者(ハーレクィン)

絵画にも造詣が深いサタースウェイト。

行きつけの画廊で気になる絵を見つけた。

その絵のタイトルはなんと「死んだ道下役者(ハーレクィン)」

しかもその絵の中の男は、ハーレ・クィンとよく似ていたうえ、描かれた場所にも見覚えがあったのだ。

そのうえ、その場所では以前、おかしな自殺事件までおこっていたのだ・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
これもまた、ぎゅうっとエピソードが詰まった話。
ぜひ長編で読みたかった!

でもトリックの回収が、少々不十分な感じがしたんやけど、ネコ缶だけやろか?

「謎のクィン氏」翼の折れた鳥

サタースウェイトは「こっくりさん」の導きで、レイデル荘にやってきた。

そこで楽しく過ごしていたが、翌日なんと死体が発見される。

死んだ人物はグラハム夫人。

サタースウェイトが前日、美しいが人間とは思えない「翼の折れた鳥」のような女性だと言った人物だった・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ちょーっとチ―プな話。

殺人なんやけど、犯人の動機が「あ、そう」みたいな感じやった。

物足りない話ではあるが、グラハム夫人の雰囲気がこの話を盛り上げている。

「謎のクィン氏」世界の果て

ひょんなことから気難しい侯爵夫人と、コルシカ島に旅行に行くことになったサタースウェイト。

そこで偶然出会ったのが、侯爵夫人の親族ネオーミ。

彼女は画家だったが、ふてくされたような態度で、オカルトのような絵ばかり描いていた。

だがそんな態度を取るようになったのは、訳がありそうで・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
話そのものは大したことはないかな。

でも、ここでもクィン氏の登場は、人間じゃないと思わせる。

「謎のクィン氏」道下師の小径

サタースウェイトは、居心地がいいわけでもないのに、なぜかいつもデンマン夫妻の家に来てしまう。

バレエや歌の舞台が催されるというので、楽しみにしていた。

だが、突然の事故で、ダンサーが舞台に立てなくなってしまう。

そこで代役をやることになったのが、以前ダンサーだったデンマン夫人と、なんとクィン氏だった・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
この話はミステリーではなく、究極のラブストーリーという気がする。
永遠の恋人を求める女性の切ない話。

アガサクリスティ(短編)「クィン氏登場」 まとめ

謎のクィン氏
created by Rinker

ネコ缶評価

幻想的な話が多く、独特の世界。

本格的なミステリーをお望みの方は、ポアロやマープルを。

ちょっと不思議な話を読みたい方は、クィン氏を読むことをおススメする。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です