アガサクリスティ

アガサ・クリスティ(短編)「死人の鏡」短い話だけどポアロが濃い!

以前、短編のポアロを紹介したことがあった。

「ポアロ登場」こちらから

ヘイスティングズと一緒に、事件を追うポアロの話が満載な作品で、読みやすい作品だ。

だが、いかんせん話が短かったので、少々物足りなさも。

でも今回ご紹介する短編「死人の鏡」は、話の長さも平均100ページとぐっと長くなり、中身も濃くなってる

どんな話なのか?見ていこう。

アガサクリスティ「死人の鏡」あらすじ&感想

「死人の鏡」はこの話が入っている

  • 厩舎街の殺人
  • 謎の盗難事件
  • ★★死人の鏡
  • 砂にかかれた三角形

「死人の鏡」は、表題作になるだけあって、短編とはいえかなり中身の濃い話。

もっと伸ばして長編にしてもよかったかもしれない。

では詳しく見ていこう!

「死人の鏡」 厩舎街の殺人 あらすじ&感想

厩舎街14番地で、女性の死体・アレン夫人が見つかった。

右手に持ったピストルで頭を打ち抜いているうえ、密室だったので、自殺で決着がつきかける。

だが傷口は左耳の上。
遺書もない上、かけた鍵もどこにも見当たらない。

 

夜の9時に訪問した男が捜査線上に上がるが、彼はアレン夫人に「見送られて」いたという。

そのうえアレン夫人は、誰かに恐喝されていたかもしれない・・・ということも判明。

さあアレン夫人は自殺なのか?
他殺なのか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ジャップ警部と、ポアロの共演がマニアにはうれしい。

そしてクリスティの作品では珍しい密室もの。

でもやっぱりメインは「どうやって密室を作ったのか」ではなく、人間心理の追求になるのがお約束やな。

「死人の鏡」 謎の盗難事件 あらすじ&感想

メイフィールド卿と、友人の元海軍キャリントンは、家族や友人を交えた食事会をしていた。

和やかに食事も済み、メイフィールドとキャリントンは散歩に。

だが散歩から戻ってくると、なんと重要な機密書類が何者かに盗まれていた!

その書類が海外に流出すると、メイフィールド卿も国も大変なことに。

事態を重く見たキャリントンは、友人のために名探偵と噂の高いエルキュール・ポアロを呼び寄せる・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
怪しい人影に、スパイを思わせるような美女、女性の悲鳴・・・・

短い中ページ数の中にも、ミステリー要素はてんこ盛り。

ただの盗難かと思いきや、クリスティの好きなサスペンス要素で結末やで

「死人の鏡」 死人の鏡 あらすじ&感想

ポアロのところに、こんな内容の手紙が届く。

極秘に処理しなければならない事件が起こりました。
準備を整えてください・・・

手紙を出したのは、豪快で大胆な人柄で有名な、ジャーヴァス・シェルニックス・ゴア準男爵。

不思議に思いつつ、ポアロが彼のところに行ってみると、なんと彼は密室の中、ピストルで頭を撃ち抜いていた・・。

 

屋敷にいたのは本人以外、家族友人併せて7人。
それぞれに怪しいところや、思惑があった。

ジャーヴァスは自殺なのか?他殺なのか?

そして密室にした手段と理由は?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
話の流れは「オリエント急行殺人事件」を思わせ、出だしは「ゴルフ場殺人事件」を思わせる。

そして「謎のクィン氏」「三幕の殺人」で出ていたサタースウェイトが、ちょっとだけだが出てくるので、これまた嬉しい。

内容は150ページを使う表題作で、読み応えたっぷり。
いっそ、もう少し伸ばして長編にしても良かった。

登場人物それぞれの証言が全部違っているうえ、怪しいところが出るわ出るわで、ミステリーマニアはポアロと一緒に悩むこと必死。

「オリエント急行殺人事件」詳しくはこちら
「ゴルフ場殺人事件」詳しくはこちら
「謎のクィン氏」詳しくはこちら
「三幕の殺人」詳しくはこちら

「死人の鏡」 砂にかかれた三角形 あらすじ&感想

ロードス島に休暇に来ていたポアロ。

そこには2組の夫婦と2人の女性、1人の男性がいた。

夫婦の名前はダグラス・ゴールドとマージョリー夫婦、トニー・チャントリーとヴァレンタイン・チャントリー。

派手好きで浮気なヴァレンタインは、これまで5回結婚と離婚を繰り返していた。

そして今回もまたダグラスに夢中になり、言い寄り初めて・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「白昼の悪魔」のベースになってるのだろうか。
話がよく似ている。

今でもヴァレンタインのような女性はいるだろうが、こういう女性がたどる道はたいていこうなるよなあ・・・。

でも本当に怖いのは・・・(ここから先は読んでみような)

「白昼の悪魔」詳しくはこちら

アガサクリスティ「死人の鏡」  まとめ

ネコ缶評価 

短編とはいえ、少々長めなので読み応えがある。

ポアロ初心者や、長い話が苦手な人は「ポアロ登場」。
マニアの人や、長編好きな人は「死人の鏡」をおすすめやで!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です