アガサクリスティ

アガサクリスティ(短編)「黄色いアイリス」あの作品の原型が2作あり。

アガサクリスティが書いているのは、ポアロやミス・マープルだけではない。

短編専用だが、パーカーパインやクィンなる、個性豊かなキャラも書いている。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
特定のキャラが出てこーへん作品にも、モチロンええのがあるで!

そういうと、こんな風に考える方が多いだろう。

 
 
へー・・・じゃあ、なるべくたくさんのキャラが入ってる作品が読みたいなあ 

そんな方にピッタリなのが今回ご紹介するこちら

「黄色いアイリス」

黄色いアイリス
created by Rinker

ポアロにミス・マープル、パーカー・パイン。
そして、クィン氏が出てきそうな(実際は出ない)幻想的な話が入っている。

詳しくみていこう!

黄色いアイリス あらすじ&感想

「黄色いアイリス」はこの作品からできている。

  • レガッタ・デーの事件(パーカー・パイン)
  • ★バグダッドの大櫃の謎(ポアロ)
  • あなたの庭はどんな庭?(ポアロ)
  • ★★ポリフェンサ海岸の事件(パーカー・パイン)
  • 黄色いアイリス(ポアロ)
  • ミス・マープルの思い出話(ミス・マープル)
  • 仄暗い鏡の中に
  • 船上の怪事件(ポアロ)
  • 二度目のゴング(ポアロ)

★はネコ缶の好きな話

どれもよくまとまった良い話。

「あの」作品の、原型かと思われるものも2作入ってる。

詳しくみていこう!

「黄色いアイリス」 レガッタ・デーの事件 あらすじ&感想

アイザック・ポインツ氏は、仕事のパートナーや友人たちと船で楽しい時間を過ごしていた。

ランチの時、知人の娘・イーヴがこんなことを。

「あの大きなダイヤ・明けの明星は、私が泥棒だったらきっと盗めるわ!
いい方法を思いついたの」

ただの遊びだと思い、実際にやらせてみたポインツ氏。

イーヴに言われた通りに、みんなをテーブルに座らせ、ダイヤを回していく。

だがイーヴのところまで来たとたん、ダイヤは転がってしまう。

そこからなぜか、ダイヤは探しても見つかることはなかった。

ただの遊びだったはずの泥棒ごっこが、大惨事になってしまい・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
なかなか面白い話だった。

が、この話を解決するのは何故かパーカー・パイン。

むしろこれは、ポアロ向きの話ではなかろうか。

そこだけちょっと残念だったなあ~

「黄色いアイリス」 バグダッドの大櫃の謎 あらすじ&感想

リッチ少佐の家で、小さなパーティが行われた。

和やかに終わった次の朝の事・・・。

パーティ会場にあった大櫃から、スコットランドへ行ったはずの、クレイトン氏の死体が発見された!

クレイトン氏は、スコットランドに行く前に、リッチ少佐のところに寄っていることが判明。

だがクレイトン氏は、いつ櫃の中に入ったのか?

リッチ少佐の妻とクレイトン氏は「親しい」という噂は、何か関係があるのだろうか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
短いながらも、ツボを押さえたミステリー。

登場人物も少なめで読みやすい(クリスティは短編でもやたら多い時がある)。

関係ないけど、「バクダッド」ってつける必要あったかなあ?

「黄色いアイリス」 あなたの庭はどんな庭? あらすじ&感想

ミス・アミーリア・バウロービーから、ポアロはこんな手紙をもらう。

「私が思い悩んでいることについて、極秘で相談したい。
でも警察沙汰にはしたくない」

手紙は支離滅裂だったが、要約するとこんな内容だった。

早速行ってみると、なんとミス・アミーリア・バウロービーは急死した後。

不審に思ったポアロは、早速調査を開始するが・・・・

 

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
これ「もの言えぬ証人」のベースやろうか。

(出だしだけ見てると「ゴルフ場の殺人」にも似てる)

でも「もの言えぬ証人」よりもすんなり解決。

トリックはシンプルなんやけど、ちょっとネコ缶には当てはまらへんかな・・・

「もの言えぬ証人」詳しくはこちら
「ゴルフ場の殺人」詳しくはこちら

「黄色いアイリス」 ポリフェンサ海岸の事件 あらすじ&感想

パーカー・パインは、ポリフェンサ海岸にあるホテルで、休暇を楽しんでいた。

そこへ1人の女性、ミセス・チェスターから困りごとを持ちかけられる。

息子バズルの恋人・ベティがどうにも気に入らない。
でもそんな彼女に対して、ベティは反抗的な態度を取る。

息子は、母と恋人の間で困り果てているというのだ。

母のミセス・チェスターは、なんとか息子と恋人を別れさせたいと、パーカー・パインに依頼をするが・・・・

 

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「パーカー・パイン登場」の続きのような話。

事件はポアロに任せて、パーカー・パインはこんなジャンルで活躍してほしい。

こうしたトラブルは、いつでもどこの国でもあるのだなあと実感。

あのマドレーヌ嬢の魅力も健在。

パーカー・パインが詳しく知りたい方はこちら⇒「パーカー・パイン登場」

「黄色いアイリス」 黄色いアイリス あらすじ&感想

ポアロはこんな電話をもらう

「すぐに来てください!
大変な危険がせまっています!
白鳥の園というレストランで、黄色いアイリスを飾ったテーブルです」

さっそく駆け付けてみたポアロ。

そこでは少人数のパーティが開催されていた。

パーティの主催者・バートン・ラッセルは、ちょうど1年前のその日、その場所で妻が死んだ。

妻アイリスの追憶のためにこのパーティを開催したというが・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
これはまさしく「忘れられぬ死」のベース。

これは、ラスト近くのエピソードだけやけど、ここから話をあそこまで面白く膨らませたんやなあ・・・。

クリスティ、スゴイ

「忘れられぬ死」詳しくはこちら

「黄色いアイリス」 ミス・マープルの思い出話 あらすじ&感想

ミス・マープルのところに、財産管理人ペサリックが友人ローズを連れてやってきた。

ペサリックはこう言った。

「ぜひとも相談に乗ってほしいのです。」

聞けばローズ氏、妻殺しの容疑をかけられ逮捕されそうだという。

ローズ氏の妻は、ホテルの部屋で刺殺された。
その部屋に入ったのは、メイドとローズ氏のみ。

だがメイドもローズ氏も、無罪を訴える。

ミス・マープルは、ローズ氏を救う事が出来るのか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
クリスティの得意なトリック。

相手からの話だけで真犯人が解るミスマープルは、もはや霊媒師。

こういった話で常に思うが、部屋の見取り図をつけて欲しい!

ミス・マープルを詳しく知りたい方はこちら

「黄色いアイリス」 仄暗い鏡の中に あらすじ&感想

「私」は23歳の時に、友人のニールの自宅で休暇を過ごすことにした。

夕食のために着替えをし、鏡をふと見ると、なんと金髪の女性が首をしめられているところが見えた。

もちろんそんなことはなく、幻覚かと思って夕食に。

だが鏡に映った2人が、ニールの妹・シルヴィアと、その婚約者チャールズだった事に気づいて・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
15ページのショートショートストーリー。

「パディントン発4時50分」みたいな出だしで、そんな内容かと思いきや、内容はかなり幻想的な話。

ラストはとりあえずハッピーエンドやけど、「54文字の物語」のようにひねって欲しい気もする~。

「パディントン発4時50分」詳しくはこちら

「黄色いアイリス」 船上の怪事件 あらすじ&感想

ポアロは船にのっている最中、一組の夫妻を観察していた。

その夫婦の名は、クラパートン夫妻。
妻の方に経済力があり、夫をこき使っているのだ。

どなられて続けている夫は、それでも献身的に妻に尽くしていた。

そんなある日、ミセス・クラパートンが死体で発見される。

動機がある夫に疑いの目が向くが、彼はその日、仲間と上陸して一日中観光に出ていたのだ・・・

 

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「経済力をいいことに、家族を虐待する」という設定は、意外とクリスティ作品にはしばしば出てくる。

「死との約束」「ポアロのクリスマス」とかな。

トリックは、なんだあ~と、思わず言ってしまいたくなるシンプルさ。

登場人物も短いわりにちょっと多め。少なくしても良いのでは・・・

「死との約束」詳しくはこちら
「ポアロのクリスマス」詳しくはこちら

「黄色いアイリス」 二度目のゴング あらすじ&感想

リッチャム・ロッシュは、自分のお金が横領されていると疑い、ポアロを呼び寄せる。

早速ポアロが行ってみると、なんとリッチャム氏がピストル自殺をしたところだった!

家の中にいたのは親族・友人合わせて7人。

ポアロはさっそく聞き込みを始めるが、リッチャム氏を取り巻くさまざまな闇を見ることになり・・・

 

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
これを読んで「おや」と思う人もいるだろう。

短編集「死人の鏡」に収録されている表題作、「死人の鏡」にそっくりな話なのだ。

この話を膨らませたのが「死人の鏡」なのだろうが、惜しいことに長編にはならず、中編になったという珍しい話。

「死人に鏡」詳しくはこちら

「黄色いアイリス」 まとめ

黄色いアイリス
created by Rinker

ネコ缶評価

どれかが突出していい!というわけではなく、全部がきれいにまとまった短編。

全作品読みやすいので、クリスティ初心者の方にもおススメ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
パーカー・パインの話は不偏の内容やで!女性必読やな。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です