作家アリスシリーズ

有栖川有栖(作家アリスシリーズ)「絶叫城殺人事件」恐怖のお城ってこと?違うで!

ホームズとワトソン、ポアロとヘイスティングス。

そんな名探偵コンビは日本にもいる

火村&アリスだ。

彼らは「作家アリスシリーズ」として有名だ。

その作家アリスシリーズ第6段(国名シリーズ除く)が、今回ご紹介するこちら

絶叫城殺人事件

絶叫城殺人事件
created by Rinker

6つの短編が入っている作品で、その6つがすべて建物の名前の話だ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
館シリーズみたいやな!

館シリーズとは?⇒詳しくはこちら

詳しくみていこう!

「絶叫城殺人事件」 あらすじ&感想

絶叫城殺人事件はこの6作からできている。

  • 黒鳥亭殺人事件
  • 壺中庵殺時事件
  • 月宮殿殺人事件
  • 雪華楼殺人事件
  • ★紅雨荘殺人事件
  • 絶叫城殺人事件

★はネコ缶お気に入りの話

亭・庵・殿・楼・荘・城・・・建物に関係ある漢字でまとまってるな!

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
クリスティもそうやけど、有栖川有栖さんもかなりの教養の持ち主。

では内容を詳しくみていこう!

「絶叫城殺人事件」 黒鳥亭殺人事件 あらすじ&感想

学生時代仲が良かった天濃仁。

最近は年賀状だけの付き合いになっていた所、突然電話が鳴った。

「火村と一緒に来てくれ」

天濃は山奥の「黒鳥亭」と呼ばれる、真っ黒に塗られた家に娘と2人で住んでいる。

その家の近くで一昨年、事件があった。

夫婦ケンカが起こり、夫が妻を殺害し逃走。
そのあげく、近くの海に投身自殺をした・・・というのだ。

だがその死んだはずの夫が、黒鳥亭の古井戸で死体で発見。
しかも死体は、死後1週間しか立っていなかったという。

なぜ彼はそんなところで、しかも最近死んでいたのか・・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「入水自殺してなかったんやない?」「偽装してたんや」・・という事はすぐ気づく。

でもなぜ今になって井戸で?という事はなかなか解らない。
しかも溺死ではないのだ。

Eテレの「♪カ~ラ~スは考~える」がヒント。

アリスが真樹とやっていた「20の扉」遊びは奥が深くてナイス!

「♪カ~ラ~スは考~える」はこちら

「絶叫城殺人事件」 壺中庵殺時事件 あらすじ&感想

窓一つない、はしごで下りていくのような地下室「中庵」で、内宗也が首をつって死んでいるのが発見された。

しかもその死体は、なぜか頭に大きな壺をかぶっていたのだ・・・。

扉には閂がしてあり、自殺のようだったが、死体の様子から他殺と断定される。

容疑者は3人。
仲の悪かった息子に、家政婦、借金があった友人だ。

だが誰かが犯人としても、どうやって外から閂をかけたのか?

そして頭の壺は、一体何の意味があるのか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
謎ならぬ「壺」だらけの話。

密室トリックとしては比較的シンプルだが、頭の壺をそんな風に使ったのか~と解ったとき、やられた~と思うだろう。

割と正統派のミステリー。

「絶叫城殺人事件」 月宮殿殺人事件 あらすじ&感想

河川敷で、ホームレスが廃材や拾った木で建てたという、不思議な豪邸があった。

ガラクタで作られはしたが、そこには確かな「美意識」があり、アリスは不思議と惹かれていた。

その豪邸は「高さん」というホームレスが建てたもので、家は「月宮殿」と呼ばれていた。

ある日もう一度見てみたいと、出かけたついでに火村と月宮殿に寄ったアリス。

だがそこは火事になったらしく住んでいた男は死に、燃えカスが残り、警察がうろうろしていた所だった。

放火犯の少年たちが捕まったが、彼らは一様に、中に人はいなかったと言う。

だが同じホームレスの浜さんは、確かにこの中には高さんがいて、少年らは知っていて火をつけたという。

どっちの言い分が正しいのか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
結末は、有栖川さんの「アポロンのナイフ」を思い出す。

犯人へのやり場のない怒りを(もしかしたら作者の怒り)少々歪んだ方に向けてしまった。

それはやったらアカンのやけど、共感は出来る

「アポロンのナイフ」詳しくはこちら

「絶叫城殺人事件」 雪華楼殺人事件 あらすじ&感想

廃ビルの屋上から飛び降りたと思われる男・最上涼の死体が発見される。

その時一緒に居た女性・倉田みずえはショックで記憶をなくしてしまい、最上涼は自殺なのか誰か(みずえ含む)に突き落とされたのか解らない。

涼とみずえは一緒に家出している最中で、たまたま見つけたこの廃ビルに住みついていたのだ。

だが彼ら以外にも、その廃ビルに先客がいた。
伊地知という50代の男だ。

3階と5階に別れて住んでいたとはいえ、涼が死んだときは伊地知もいた。

どちらかが涼を殺したのか?
涼は自殺なのか?

自殺なら、なぜ涼の頭には致命的な傷があったのか?
他殺なら、屋上に足跡が1つしかないのはなぜか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
解説でも書いてあるが、映画「マグノリア」の冒頭で、とてつもなく確立が低いこととして、このトリックが紹介されているそうだ。

超シンプルなトリックを、甘くてセンチメンタルな仕上がりにしてある。

「絶叫城殺人事件」 紅雨荘殺人事件 あらすじ&感想

映画のロケでも使われたという美しい豪邸「紅雨荘」。

その持ち主で、元化粧品会社社長の飯島粧子が首をつって死んでいた。
だが誰かに首を絞められて殺された後、細工をされたことは明確。

粧子は誰に殺されたのか?

遺産や土地を相続する3人の子供は、アリバイが固く、早々に除外される。

粧子と仲が悪かったという、親戚の牟礼真広はハッキリとしたアリバイがない。

だが後日、彼女のアリバイを証明してくれたタクシーの運転手を、真広は知らないと突っぱねる。

なぜ彼女はわざわざそんなことをしたのか?

そして粧子を殺したのは誰なのか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
この話がネコ缶は一番好きやな。

土地やお金目当てというのはよくあるパターンだが、これはちょっとひねっている。

いかにも現代らしいひねり方。

「紅雨荘」が映画のロケに使われたこと。
2軒家が出てくるところ。

これが最大のヒントな!

「絶叫城殺人事件」  絶叫城殺人事件 あらすじ&感想

何のゆかりもない若い女性達が、連続で殺される事件が起こっていた。

しかも被害者たちはみんな、口に「NIGNT PROWER(夜にうろつくもの)」と書かれた紙が入っていた。

何の真似かと世間はざわついたが、それはどうも「絶叫城」というゲームのまねらしいと判明。

犯人が捕まらないまま、4人目の被害者が出る。

だが4人目の被害者の口からは「GAME OVER」という紙がみつかり、凶器も残っていた。

最後の被害者は死ぬ間際、110番をした。
すぐに警察は犯人を追ったにもかかわらず、どこにも見つからず・・・。

犯人はどこへ行ってしまったのか?
ゲームの通り、被害者は4人で終わるのか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
作者の、世論と言われるものへの批判が垣間見える。

戦争・貧困・病苦といった、大きな物語が小説の主題にしにくくなった昨今、
<心の闇>を愛好する作家が目白押しだ。

そんな言葉をもてあそべば、利口に見えると思うのか?

(略)バックコーラスが歌うのはトラウマ・トラウマ・トラウマ・・・

「絶叫城殺人事件」P297

これはネコ缶もちょっと共感するな。

なんでもトラウマって言えばいいってもんじゃないって。

トラウマは多かれ少なかれ、みんなにある。

でもそれを、どう乗り越えるかじゃないのかな?

有栖川有栖「絶叫城殺人事件」 まとめ

絶叫城殺人事件
created by Rinker

ネコ缶評価

有栖川氏は短編がうまい。

トリックそのものはシンプルなのだが、肉付けがうまいのだ。

でもって、有栖川氏の教養で、小説の中身を深めてくれたりする。

作家アリスシリーズ読みたい人は、絶対押さえとこな!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です