作家アリスシリーズ

有栖川有栖(作家アリスシリーズ)乱鴉の島 ヒッチコック?ホラー?いいえ、ミステリーです!

「鳥」という映画がある。

言わずと知れたヒッチコックの名作なのだが、大群の鳥にジワジワ襲われるってとてつもなく怖い。

今回、同じように鳥をうまく演出に使ったミステリーをご紹介しよう。

それはこちら

「乱鴉の島」

烏が人間を攻撃してくるわけではないのだが、バックで物語を(怖めに)盛り上げてくれる。

早速みていこう!

有栖川有栖(作家アリスシリーズ)「乱鴉の島」 あらすじ

仕事の疲れをいやすべく、古い友人が住むという鳥島に旅行することにした火村とアリス。

ところが船頭のミスで、到着したのは隣の黒根島。
通称「烏島」だった。

気が付いたときには時すでに遅く、火村とアリスは、この島に滞在を余儀なくされてしまう。

幸い、無人島に思えた烏島にも家はあり、2人は1つの家に宿を求める。

そこはなんと、アリスも尊敬する文豪・海老原瞬の別荘だった。

文豪の存在に緊張するアリスだったが、この家の様子がおかしい。

無人島に近い島なのに、その家には子供2人と管理人夫婦を含む計10人もの人間(島の住民ではない)がいたのだ。

海老原文学ファンの集まりという事だが、だとしたらなぜ子供?
なぜこんな島で?

・・という疑問をぬぐい切れないまま、なんとお客がもう1人増える。

次々に新しいビジネスを展開し成功させる、カリスマ起業家・初芝真路がなんとヘリコプターで飛び入り参加したのだ。

しかも初芝は、海老原には目もくれず、泊り客の医者・藤井に熱心に頼みごとをしている・・・。

この小さな島・烏島で一体何が行われているのか?

そしてその疑問が解けないまま、連続殺人事件が幕を開けていく・・・

有栖川有栖(作家アリスシリーズ)「乱鴉の島」 感想

全体で364ページ(新潮社ハード版で)。
かなりのボリュームのある作品だ。

内容はこの2つの謎がメインテーマ

・なぜこんなところに大勢集まっているのか?
・連続殺人事件の犯人とその動機は?

ここを詳しくみていこう。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
2つの謎が並行して走るのは、学生アリスシリーズの「双頭の悪魔」に似てるな!

「双頭の悪魔」詳しくはこちら

「乱鴉の島」 謎① 島に集まっている人の目的は何か。

ではまず一つ目の謎からみていこう。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
殺人事件より、こっちが気になる方も多いやろな

烏島は超小さな島で、作家の海老原他、島民もほとんどいなさそうだ。

そこに大人8人と子供2人がいる。
海老原と管理人の木崎夫妻はともかく、後はみんなわざわざ来た人たちだ。

一体何が目的で?

文豪・海老原のファンの集
海老原を囲んでの会

という名目にはなっているが、だったらなぜもっと集まりやすい場所(都心の居酒屋やホテル)で集まらないのか?

文学を語るという名目なら、なぜ全く関係のない子供を連れてきているのか。

そしてその子供たちは、集まった大人の娘や息子でもない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
甥と姪っていう事なんやけど、わざわざ僻地までつれてくる理由もない。 

しかもこの子供たちを、なぜか大人たちがやたらと仲良くさせようとしている。

途中でヒントらしきものは投げかけられる。

そのヒントは、核心を「かすった」手ごたえはあるのだが、ちょっとそれた感じ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
絶対に解る人、いーひんやろうなあ・・・

「乱鴉の島」 謎② 殺人事件の犯人は誰?

謎の2つ目はモチロン殺人事件だ。

被害者は2人出る。

まず1人目の被害者は、ホリエモンを思わせる、少々パフォーマンスが激しいカリスマ起業家・初芝真路。

そして、なぜこの人が殺されるのかという疑問がぬぐえない、別荘管理人・木崎だ。

カリスマ起業家・初芝真路の場合

カリスマ起業家・初芝は、光も強いが影も強い人物。
殺したいと思う人がいても、おかしくはないだろう。

だがこの疑問が付きまとう。

「なぜここで?わざわざ?」

この無人島に、彼を殺しにわざわざ泳いでくる人間はいるはずもない。
だがこの島の人物は、藤井以外彼と面識がなく、動機がない・・・・。
そして藤井もアリバイがある・・・・。

ここで行き詰ってしまうのだ。

初芝の死には、まだ疑問が付きまとう。

彼は崖からの転落死。

放っておけば事故死扱いになったかもしれないのに、誰かがわざわざ洞窟に引っ張り込んで、他殺という事をアピールしている。

一体なぜ?

初芝の殺人は「犯人の動機を徹底的に想像すること」がキーポイント。

そして自殺に見せかけなかった謎も、よーく考えてみよう!

管理人・木崎の場合

こちらも大きな謎。

確かに木崎は問題の多い人物(ギャンブルと女が好き)ではある。

なのでそっち方面からのアプロ―チも大事だが、木崎は「いつ殺されたのか?」という事が最大の謎になってくる。

木崎の場合も明かな他殺なので、当然島にいる人たちが疑われる。

だが今回も、みんなそれなりのアリバイがあって、いつだれが動いたのかが皆目わからないのだ。

これは時系列が大事になってくるので、自分なりのメモを取っておこう。

ポイントは木崎がギャンブル好きな事。

ギャンブル好きは、賭け事を誘われたら絶対に断らない。

ここを抑えておこう

有栖川有栖(作家アリスシリーズ)「乱鴉の島」 まとめ

ネコ缶評価

同時進行する2つの謎は、有栖川氏の長編での得意技。

でも今回は、その2つともが少々弱い。

「うーん・・・ちょっとセンチメンタルすぎて共感が難しい(有栖川氏によくある)」
「そのエピソードは、ちょっと唐突過ぎひんか?伏線が欲しかった」

と、ラストで軽くがっかりするのだ。

とはいえ、これだけのページ数を、ハラハラと一気読みさせてしまうのはさすが。

ファンは読んでおいて損はないだろう。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です