作家アリスシリーズ

有栖川有栖(作家アリスシリーズ)「暗い宿」旅とホテルは事件が似合う・・・

ホテルや宿・旅館では事件が起こりやすい。
密室を作りやすいし、怪しまれる地元からは離れることができるからだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
コナンでも、しょっちゅう旅先で事件が起こってるしな

そんな事件が起こりやすい場所・旅先を集めたのが、今回ご紹介する「暗い宿」だ。

「絶叫城」も「ホテルや館を集めたシリーズ」だったが、今回はどんな感じなのか?

詳しくみていこう!

「絶叫城殺人事件」詳しくはこちら

有栖川有栖(作家アリスシリーズ) 暗い宿 あらすじ&感想

「暗い宿」はこの話からなる

  • 暗い宿
  • ホテル ラフレシア
  • 異形の客
  • ★201号室の災厄

★はネコ缶のお気に入りの話

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「異形の客」には建物らしき語句は入ってないけど、舞台は旅館やで。

どの話も大体70ページくらいで、読み疲れることはない。

では詳しくみていこう!

「暗い宿」 あらすじ&感想

鉄道廃線路が好きなアリス。
仕事もひと段落つけて、はるばる奈良県西吉村までやってきた。

ところがその途中で、風邪をひきダウン。

伊呂波旅館という、明日には取り壊すという古い古い旅館になんとかたどり着き
一夜を明かす。

だがしばらく後、こんなニュースを新聞で見る。

奈良県吉野郡大塔村の、伊呂波旅館から白骨死体を発見

一晩泊まった時、何かを掘り起こす音がしていた気がしたのだが・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「何かを掘る音がしたのなら、その骨を埋めたんでしょ?」

・・・と思うが、「死体」ではなくて「骨」って結構おかしな話やないか?

しかもその骨、10年以上前のものだって言うから余計におかしい。

  • なんでわざわざそんな骨を、明日取り壊す家の床下に埋める?
  • どこにその骨を今まで保存してたん?
  • で、その骨は誰?

というのが、この話の最大のテーマ。

ちょっと詰め込みすぎな感もあったので、長編にしたらもっと面白かったかも。

「ホテルラフレシア」 あらすじ&感想

犯人捜しのイベントに招待され「ホテル・ラフレシア」に来たアリスと火村(と、片桐)。

豪華なリゾートホテルの雰囲気に、アリスも大満足。
ラフレシアのリピーターでもある、寺坂夫婦とも知り合いになる。

夜にイベントも滞りなくスタート。
アリスたちも楽しく参加する。

だがその途中、知り合いになった寺坂夫婦の妻・満美子の様子がおかしいことに気づき・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
2つの事件が同時進行するのは有栖川氏の得意技。

今回は寺坂夫婦の謎と、イベントの犯人探しが同時進行していく。

「おや」と思ったのは、ネコ缶も大好きなイーグルスの「ホテルカリフォルニア」がうまくBGM効果として入っているから。

これをBGMにするなら、ハーリ・クィンのような幻想的な話のほうが良かった気もするが、繊細な有栖川氏らしい斬新な演出 。

ハーリ・クィンとは?⇒詳しくはこちら

「異形の客」 あらすじ&感想

中濃屋旅館に異形の客が現れた。

目深にかぶった帽子、サングラス。口元にはマスクそして手袋。

これだけでも十分怪しいが、顔にはなんと、包帯がぐるぐると巻かれていたのだ。

まるで透明人間のような客に、旅館の人たちは困惑気味。

離れに泊まっているこの客は、大浴場にも行かず、カーテンを閉めた部屋に閉じこもって過ごしていた。

だがこの異形の客がある日、死体で見つかって・・・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「離れ」は有栖川氏のミステリーで時々登場する。

「妃は船を沈める」とか「長い廊下のある家」とかな。

透明人間が離れに泊まっているという、ミステリーとして絶対に面白くなりそうなお膳立て。

少々是枝先生の話が説明的だったのが傷だが、楽しく読めた。

「妃は船を沈める」詳しくはこちら
「長い廊下のある家」詳しくはこちら

「201号室の災厄」 あらすじ&感想

友人からのプレゼントで高級ホテル・ダイナスティーに泊まることになった火村。

仕事も終え、バーでのんびり過ごした後、酔っていた火村は部屋を間違える。

その間違えた部屋には、なんと来日していたロックスター・ミルトン・ハースが泊まっていたのだ。

驚いた火村だが、もう1つ驚愕したことが。

なんとその部屋には女性の死体が転がっていた!

ミルトン・ハースは火村を急いで部屋に入れ、こう叫んだ

「俺はやっていない!」

火村はロックスターと、どう対峙するのか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
この話が一番好き。

「12人の怒れる男」を思わせるような、セリフのやり取りがひたすら続く。

ラストはかなり盛り上げて、ドーンと落とされるような感じやから、心して読もう。

火村の英語の達者さが感じられてヨシ。

12人の怒れる男はええで!↓

12人の怒れる男
created by Rinker

有栖川有栖(作家アリスシリーズ) 暗い宿  まとめ

ネコ缶評価 

これ!という強いインパクトのある話は無いが、安心して読める話ばかりが揃っている。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ラフレシアホテルに「ホテルカリフォルニア」をBGMに使ったのは斬新やったので、今後もこんなのがあるとええなあ!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です