作家アリスシリーズ

有栖川有栖(作家アリスシリーズ)「鍵のかかった男」これでもホテル暮らしにあこがれますか?

ホテル暮らし・・・と聞くと、あなたは何を思い浮かべるだろう。

 
 
スイートルームで億万長者の暮らし・・・ 
 
 
家事とかしなくていいし、食事もいいものが食べられる超リッチな暮らし! 

などと思い浮かべるだろうか。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ホリエモンとか、ココ・シャネルなんかもそうやな

今回ご紹介する「鍵のかかった男」は、そんな人もうらやむホテル暮らしをしていた男が主人公。

だが、彼は殺されてしまうのだ!

鍵のかかった男
created by Rinker

多額の貯金はあったものの、不思議なことに犯人はそれに一切手を付けていない。

そして何より、彼の過去やホテル暮らしの理由を誰も知らない・・・。

詳しくみていこう!

有栖川有栖(作家アリスシリーズ)「鍵のかかった男」 あらすじ

作家業界の大御所・影浦浪子から「相談がある」と持ち掛けられたアリス。

何事かといぶかしみつつ、聞いてみるとこんな内容だった。

 
 
大阪の銀星ホテルで、梨田稔さんが首をつって死んでしまいました・・・。

彼はそのホテルに5年暮らしており、私が大阪に行ったときに、よくご一緒しました。

警察は自殺で処理したが、私には彼がどうしても自殺をするとは思えないのです!

火村さんという人と一緒に、真相を調べてもらえないでしょうか?

その上、この梨田と言う人物、一体何者なのかも、皆目わからないというのだ。

5年間もホテル暮らしをしているから裕福で、家族は当然いない。
だが友人や知り合いも、全く訪ねてこないとのこと。

影浦浪子は、そういった謎めいた所にも興味を持ち、事件の真相と一緒に梨田の身の上も調べて欲しいという。

大先輩の頼みを断り切れなかったアリス。

だが火村は入試の時期で、一緒の行動は期待できない。

アリスは単独で銀星ホテルに乗り込み、捜査を開始するが、なんと梨田は死ぬ前に強力な睡眠薬を飲んでいたことが判明。

そのうえ過去に、犯罪歴もあることが解る。

徐々に明らかになっていく梨田の人となり。

アリスは真相にたどり着くことができるのか?

有栖川有栖(作家アリスシリーズ)「鍵のかかった男」 感想

面白かった。

梨田という、「過去に鍵かかかったような男の過去」が徐々に明らかになっていくことと、「梨田殺しの真相はいかに?」の2本立てで話が進んでいく。

この2点に注目して紹介していこう。

「鍵のかかった男」 見どころ  梨田稔を取り巻く環境と過去

話の8割は、この梨田という人間解明に割かれている。

正直言って、「梨田ナニモン?」だけでも十分面白く、ミステリー度も強い。

なのでネコ缶みたいなミステリーマニアは、これだけでも満足できるだろう。

今回は「梨田ナニモン?」を、アリスが孤軍奮闘で解明していくのだが、ターニングポイントが3つある。

・昔の友人の登場
・梨田が過去に犯した犯罪
・昔の恋人の存在

この3つが分岐点となり、まさしく「固く差し込まれた鍵が、ゆっくりと回り始める」のだ。

途中で「阪神淡路大震災」などもポイントで出てくるが、この災害もうまく使っていると思う。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
謎がすべて解けた時には、梨田と言う人物の数奇な運命に驚くこと請け合いやで。

「鍵のかかった男」 見どころ 殺害トリック

こちらは後半、火村がアリスに加担してから一気に進みだす。

推理ポイントをまとめておこう。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
なんせハードカバーで500ページ以上あるしな!

まずはホテルの従業員と客だ。

桂木鷹史・美奈絵・・ホテル銀星の支配人とオーナー夫婦

〇丹羽・・仙台オーナーからホテル銀星で働くホテルのNO2

〇露口・・美奈絵の友人 事情があり時々東京から泊まりに来る

〇日比野・・呉服屋オーナーの客 家族とケンカして非難してくる

〇鹿内・・のこぎりを使ったミュージシャン

〇萬夫妻・・自宅リフォームのためにここに泊まっている夫婦

外部からの侵入は考えられないため、必然的にこの中の誰かが犯人という事になる。

だが梨田に恨みを持つような程、深いかかわりを持つような人はいない・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ここを梨田の過去と照らし合わせてどう推理していくかやな!

そして死亡状況はこれ。

・遺書なし

・お金は全く取られていない(2億2千万の通帳もそのまま)

・梨田に持病はナシ

・カーテンの紐で首をつっていた(低い位置での首つり)

睡眠薬を飲んでいたが、包み紙や容器はどこにも残っていなかった

・死亡推定時刻は13日23時~14日2時ころ

ここで大事なのはやっぱり「睡眠薬」の存在。

自殺する人間が、睡眠薬を飲んで「首を吊る」のか?
しかも包みはどこにやった?

犯人の見当は、全くつかないまま物語は進んでいく。

が、火村が加担してから、床とズボンに付いていたチョコレートのシミを発見。

ここから一気に真相に進むのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
この辺り、さすが火村!や

今ブログを読まれているみなさんは、今のうちから考えておこな!

有栖川有栖(作家アリスシリーズ)「鍵のかかった男」 まとめ

鍵のかかった男
created by Rinker

ネコ缶評価

満点あげても良かった。
数少ない作家アリスシリーズ長編の中でも群を抜いて面白い。

だがネコ缶の心配通り、犯人の殺害動機がちょっと納得できなかった。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
犯人の逆恨み・・・とあるが、シンプルに梨田が犯した、犯罪被害者にすれば良かったのではないかなあ~。

とはいえ、梨田氏の過去が徐々に解っていく展開はとても良かった。

そして梨田が、銀星ホテルに住み込んでいたかの理由が判明したときは感動もの。

読んでも損はなし!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です