綾辻行人

綾辻行人(館シリーズ)死体の多さはトップレベル「時計館の殺人」

館シリーズは第一期があるそうだ。
(綾辻さん曰く)

第一期はこちら。

「十角館の殺人」
「水車館の殺人」
「迷路館の殺人」
「人形館の殺人」
「時計館の殺人」

今回ご紹介する「時計館の殺人」は、その第一期のラストという事になる。

時計館の殺人
created by Rinker

第一期フィナーレを飾るにふさわしい大作。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
なんせ本の厚みが、3センチはあるんやもんなあ~。

どんな内容やろうか?さっそく見ていこう。

綾辻行人(館シリーズ)「時計館の殺人」あらすじ

十角館の事件から3年の月日は流れ、江南孝明は雑誌「CHAOS」で働く社会人となっていた。

そんな折、江南は、しばらく疎遠になっていた島田と、久しぶりに再会。

談笑の後、江南は、CHAOSの企画「時計屋敷の亡霊に挑む」の話をする。

霊能者・光明寺美琴、CHAOSスタッフ、W※※大学のミステリー研究会の学生、合計10人で、時計屋敷の霊と交流をはかるという企画だ。

だがその企画の舞台、時計屋敷は、中村青司が設計したという・・・。

何かありそうな予感を感じる2人。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
島田氏は、関係者やないし、仕事が終わったら時計館に行ってみるってことになったんやで

企画も始まり、時計館に入った10人。

早速その夜行った、交霊会中に霊の兆しを確認。

上手くいきすぎといぶかりながらも、幸先のよさに沸き立つメンバーたち。

しかしその翌日、なぜか霊能力者・光明寺が死体で発見された!

同時に時計館から出られる鍵もなくなっており、なんと10人は時計館に閉じ込められてしまう・・・。

そこから始まる、時計館の連続無差別殺人事件。

犯人の狙いは一体何なのか?

島田は間に合うのか?

時計館に秘められた10年前の悲しい過去・残された奇妙な詩は、どう事件に絡むのか・・・。

綾辻行人(館シリーズ)「時計館の殺人」感想

懐かしい名前が出てきて、嬉しくなる人も多いだろう。

なんせ「十角館の殺人」で、登場した江南くんが、今回は社会人として、また出てくれるのだ。

十角館の殺人詳しくはこちらから

それだけでなく、これまでぶらぶらしていた島田さんが、「ミステリー作家」という肩書を持って登場。

しかも「迷路館の殺人」で出てきた「鹿谷門実」というペンネームを使ってるんやで。
迷路館の殺人詳しくはこちらから

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
で、あいさつ代わりに、時計館の伊波紗世子に「迷路館の殺人」の本渡してるしな~。

そんな新しい局面を見せてくれた、「時計館の殺人」の読みこなしポイント、詳しくみていこう。

「時計館の殺人」読みこなしポイント1 二手に別れて真相に迫る。

 
 
2人が再開したんなら、今回は2人で謎解きかな?ワクワク 

と、館シリーズファンなら思うよな?

でも残念。

この2人が絡む場面は、最初と最後のみだ。

江南くんは雑誌編集者として、時計館の旧館の中に入る。
だが島田氏は関係者でもないので、門前払い・・・。

なので島田氏は、都合で企画に参加できなかったW※※大学の学生の1人・福西君と行動を共にする。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ここから話は「旧館(江南)」と「新館(島田)」の二手に分かれて進んでいくんやで。

2つの話の見どころをざっと見ていこう。

「新館・島田」編 

一度は門前払いされたが、ミステリー小説好きな家政婦のおかげで、なんとか潜入に成功。

その後、家政婦から時計館の主・故古峨倫典氏の話を聞く。

倫典の娘の10年前の悲しい話、そして古峨氏が残した、謎めいた詩・・・。

2人は時計塔にも登り、時計館を引き継いだ由希弥という少年や、故古峨氏の古い友人とも会う。

そしてとあることがきっかけで、犯人を突き止めるのだ。

 

ここまでで書くのはやめておくが、島田&福西君ペアは、時計館の謎に外側から迫っていくような印象を受ける。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「謎の外堀を埋めていく」感じやな!

「旧館・江南」編

江南くんは時計館の旧館で、殺人事件に巻き込まれながらも、懸命に犯人の殺人動機を探る。

こちらでも、10年前のあることがきっかけで、犯人は現在殺人を犯しているらしい・・・という事がおぼろげながら解ってくる。

だが旧館は、閉じ込められた空間で、次々人が殺されていくという極限状態。

そしてなぜか、時計がすべて壊されてしまい、いまは何時なのかも解らない・・・。

旧館バージョンは、ハラハラドキドキしながら、読み進めること必至だ。

 

ちなみこの2人の行動は、目次で分けて書いてあるから、解りやすいので安心してほしい。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
そして最後に島田氏と江南くんが出会い、真実にたどり着くさまは、「練馬3億円事件」みたいでカッコいいで。

練馬3億円事件はこちらから

ラストで書かれる謎解きは、78ページもあって、圧倒される。心して読もう!

「時計館の殺人」読みこなしポイント3 館のトリックがレベルアップ

館シリーズの大きな特徴と言えばこれだろう

建築家・中村青司の作った、秘密の抜け道がある建物

モチロン今回も、このトリックが使用されているのは言うまでもない。

だから今回のように、密室(旧館)で殺人事件が起こっても、今までのいきさつを知っている読者であれば、こう思える。

 
 
ああ・・中村青司が作った館だから、どこかに抜け道があるもんね 
 
 
時計館は、どこあたりにからくりがあるのかしら 

こんな感じで見当がつくので、ある意味落ち着いて読み進められる。

だが、今回の館に仕掛けられた謎は抜け道だけやない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ラストは本当にびっくりするで!

中村青司は、建築家というより、からくり館の専門家と言いたくなるわ・・・。 

今までにない壮大なトリックなので、ラストを期待して読んでほしい。

綾辻行人(館シリーズ)「時計館の殺人」まとめ

ネコ缶評価

ボリュームも内容も文句なし。
凝りに凝った内容だ。

ちなみに今回は、めったやたらと人が死ぬ。

やむにやまれない殺人も入っているが、ミステリー慣れしていない人は、気を落ち着けて読んでいこう。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
江南くんがまた出てきたり、島田さんの仕事が決まったりで「第二期」に期待が出来るな!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です