アガサクリスティ

アガサクリスティ・ミスマープルシリーズのおススメベスト3はこちら!

アガサクリスティの、ミス・マープルシリーズは、全部で12冊ある。

・牧師館の殺人
・書斎の死体
・動く指
・予告殺人
・魔術の殺人
・ポケットにライ麦を
・パディントン発4時50分
・鏡は横にひび割れて
・カリブ海の秘密
・バートラム・ホテルにて
・復讐の女神
・スリーピング・マーダー

基本的にマープルにハズレはない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
クリスティがデビューして、大分たってからのキャラだからかもしれへん。

この中から今回は、ネコ缶おススメベスト3をご紹介しようと思う。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ベスト5にしようかと思ったけど、それって半分近くおススメしてることになるしな~。

泣く泣く3冊に厳選したわ。

そのベスト3はこちら!

1位 ポケットにライ麦を
2位 動く指&書斎の死体
3位 予告殺人

あ、4冊になってるな(笑)

ではこの内容を詳しくみていこか!

 

ミス・マープルを詳しく知りたい方はこちらから⇒ミス・マープルのすべての書評はこちらから

アガサクリスティおススメ 1位「ポケットにライ麦を」

クリスティお得意の「マザーグースの歌」「遺産相続」「問題を抱えた家族」「専門的な毒」「怪しげなメイド」などが、しっかり出てきて、もう完璧。グランドスラム。

2つ目の事件は、しっかり時系列を立てることが必要だが、全体的にとても読みやすい。

マープル初めての人は、ここから読んでもいいかもしれない。

マープルは半分くらい読んだ時に、やっと出てくるで~

「ポケットにライ麦を」詳しくはこちらから

アガサクリスティおススメ 2位「動く指」

クリスティは、「メアリ・ウェストマコット」という名前で恋愛小説を書いていただけあって、ミステリーにもうまく恋愛をからめている。

ネコ缶は、ミステリーと恋愛を組み合わせるのが嫌いだが、クリスティ物は許せる。

それくらい、うまくまとめてるのだ。

恋愛とミステリーの絡め方はいろいろあるが、これは世の中の女子すべてが好きな「王子様系」。

不器用な女の子と、ハンサムな貴公子の物語と、人間心理をうまくついたミステリー、おススメやで!

「動く指」詳しくはこちら

アガサクリスティおススメ もうひとつ 2位「書斎の死体」

朝起きたら、書斎に若い女性の死体が・・・という驚きのイントロから始まる作品だ。

出だしはこんな感じでバタバタと始まるのだが、奥行きが物凄く深い。

女性の身元確認から芋づる式に、さまざまな出来事が動き、思ってもみなかった方向に進んでいくのがナイス。

マープルが友達のために大活躍するで!

「書斎の死体」詳しくはこちらから

アガサクリスティおススメ 3位「予告殺人」

「書斎の死体」も驚きのイントロから始まるが、「予告殺人」も負けていない。

なんせこんな新聞広告から物語が始まる。

「今夜我が家で殺人があります!お誘いあわせのうえ、ご参加ください!」

トリックもなかなか良かったが、犯人の心理描写、追い込まれた人間がする行動などが、とても印象に残る。

人間観察に長けたクリスティの面目躍如な作品や。

返す返すも「リトル・パドックス」の見取り図がなかったのが残念や!

「予告殺人」詳しくはこちらから

アガサクリスティおススメベスト3 まとめ

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました

ではまとめます

ミス・マープルおススメベスト3

1位 ポケットにライ麦を
2位 動く指&書斎の死体
3位 予告殺人

あくまでネコ缶の独断と偏見やけどな!

あ、そうや。
2位、どっち読もうかな~と思ったときはこれで決めてな。

ラブストーリーが好きな方は「動く指」
本格的なミステリー好きな方は「書斎の死体」

両方読んでも、損はナシやで!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です