アガサクリスティ

アガサクリスティ(ポアロ)こんなに面白いのになんで有名じゃないの①「5匹の子豚」

ポアロと言えば「灰色の脳細胞」だ。

しゃにむに現場に行き、地面をはい回り、証拠品を探す刑事を尻目に、自分は安楽椅子で灰色の脳細胞を働かせるだけでOKという名探偵っぷり。

そんな「証拠命」ともいえる捜査のやり方を拒む、ポアロにぴったりの事件が舞い込んだ。

その話が「5匹の子豚」だ。

なんせ「16年前に起こった事件」の真相を解明してほしい・・・という依頼なのだから大変だ。

指紋や証拠は残ってないし、人の記憶もあやふや、現場もとうに解体されている。

今回、ポアロはその実力を発揮して、16年前の事件の真実に迫ることができるのか?

「5匹の子豚」いってみよ!

アガサクリスティ(ポアロ)「5匹の子豚」あらすじ

カーラ・ルマルジョン 
カーラ・ルマルジョン 
16年前に逮捕された、母の無実を晴らしてください! 

突然ポアロの元にやってきた女性、カーラ・ルマルジョン。

カーラの母親、キャロライン・クレイルは、夫(カーラの父)エイミアス・クレイルを毒殺した罪で終身刑になっている。

だが、獄中で死ぬ直前に、「自分はやっていない」という手紙を、娘に書いていたのだ。

母の無実を信じるカーラ。

殺されたカーラの父、エイミアスは、才能あふれる画家ではあったが、女癖が悪く、しょっちゅうキャロラインを泣かせていた。

事件があった16年前も、若い女性エルサ・グリーアに夢中で、モデルをさせるという名目で自宅にあげるしまつ。

そのせいで夫婦は、言い争いが絶えなかった事を何人もの人が見ていた。

そんな状況の中、毒入りビールによる殺人事件は起こってしまったのだ。

キャロライン 
キャロライン 
エイミアスは自殺なんです・・・。 

そんなキャロラインの言い分は、当然聞き入れられない。

状況証拠や、当時の周りの人の証言も、完全にキャロラインが黒と出ている・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
キャロライン自身も裁判では、戦おうという姿勢はなかったんやな。

無実とはいうものの、なぜかあきらめたような態度をとってた。

これも謎や。

 

調査を引き受けたポアロは16年前の真実にたどり着くことができるのか?

そして真相はどうなっているのか?

灰色の脳細胞がフル回転する。

アガサクリスティ(ポアロ)「5匹の子豚」感想

控えめに言って・・・

隠れた傑作じゃないだろうか、これ。

確かに「5匹の子豚」は有名ではない。

「そして誰もいなくなった」「オリエント急行殺人事件」や、映画にもなった「ナイルに死す」には完璧負ける。

そして誰もいなくなったはこちら
オリエント急行殺人事件はこちら
ナイルに死すはこちら

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
で、「メソポタミア殺人事件」みたいな、旅情あふれる作品に比べると、かなり地味でもあるしな。

メソポタミア殺人事件はこちら

でもケタ違いに面白い。面白過ぎるのや。

ページをめくる手が止まらないことは間違いない、本当に面白いのだ。

見どころや、読みこなしポイントを紹介しよう

「5匹の子豚」見どころ 5匹の子豚の意味

「5匹の子豚」とは、16年前の事件が起こったとき周りにいた人たちのことだ。

その紹介に、クリスティ得意のマザーグースの歌を使ってるという事。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「5匹の子豚」は、数え歌みたいやな。

お母さんが赤ちゃんの足の指を親指からつまみながら歌って、最後は足の裏をこちょこちょくすぐるんやて~。

そんなかわいくて平和な歌なのだが、クリスティは証言者兼、容疑者の紹介に使っている。

「この子豚はマーケットに行った」・・・フィリップ・ブレイク

  • 被害者の親友
  • 株(マーケット)で経済的に成功した、陽気で抜け目のない男
  • キャロラインをかなり嫌っていて、彼女が犯人だという

「この子豚は家にいた」・・・メレディス・ブレイク

  • フィリップの兄、田舎でのんびり暮らす
  • 事件当時は趣味で薬の調合をしていた。
  • 凶器に使われた二コイルはメレディスが作ったもの(盗まれた)
  • キャロラインに長年好意を寄せていて、彼女は犯人ではないという

「この子豚はローストビーフを食べた」・・・エルサ・グリーア

  • エイミアスが夢中になった若く進歩的な女性
  • 肉屋で材をなした家庭の娘
  • 「欲しいものは必ず手に入れる」という考えの持ち主
ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
当然、彼女はキャロラインが犯人やって激しく言ってるで

「この子豚は何も持っていなかった」・・・セシリア・ウィリアムズ

  • アンジェラの家庭教師
  • キャロラインのことは敬愛していたが、エルサやエイミアスのことは心底嫌っていた
  • キャロラインが、犯人である決定的なところを見たという

「この子豚はウィーウィーウィーと鳴く」・・・アンジェラ・ウォレン

  • キャロラインの妹。
  • 幼い頃、キャロラインが投げたペーパーウエイトが当たり片眼を失明している
  • 事件の後は寄宿制の学校に行く
  • 姉を慕っていて、キャロラインは無実だという。

 

1部で5人はポアロに「証言」し、2部では「手紙で記述」して当時のことを教える。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
そして第3部で謎を解くという、ワンツーパンチな展開

これら5人の証言者が、当時を思い出し、それぞれの考えを述べるところは、本当に興味深い。

そのうえ、当時は明らかにならなかったことを、ポアロが発見していくさまは、まさにこれ。

さすが、ポアロ!

「5匹の子豚」読みこなしポイント 時系列はきっちり書こう

事件は2日にかけて行われた。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
5人の証言と、時系列をしっかり押さえておくことが、めっちゃ大事やで!

1日目・・・9月17日

午前中の出来事

キャロラインとエルサの間で激しい口論。

エルサ
エルサ
私がここに住んだら、家具はこうしてこうするわ 
キャロライン
キャロライン
何を言ってるの?エイミアス、どういうこと? 
エイミアス
エイミアス
 (エルサに)黙っている分別はないのか!

とはいえ、エイミアスは、本当だとしぶしぶ認める。

キャロライン 
キャロライン 
そんなことはさせないわ。エルサに渡すぐらいならエイミアスを殺すわ!

この言い争いを、ウィリアムズ先生と、遊びに来ていたフィリップも聞く

午後の出来事

クレイル夫妻、エルサ、アンジェラ、フィリップで、メレディスの家にお茶をしに行く。

メレディスはここで、趣味の薬草について大いに語り、コニインの話もする。

その後、メレディスは、薬が置いてある実験室も案内・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
17日午後の、こまごまとした会話をよーくメモしておこう!

2日目・・・9月18日

朝の出来事

キャロラインとエイミアスが口論。

キャロライン 
キャロライン 
女癖が悪すぎる、いつか殺してやる 
エイミアス 
エイミアス 
君と子供の幸せを祈っているが、エルサと結婚したい 
キャロライン 
キャロライン 
あなたを失いたくない、殺す。 

 

そしてこの口論を、エルサも偶然聞いていた。

午前中の出来事その①

コニインが半分に減っていることにメレディスが気づき、フィリップに相談。

午前中の出来事その②

エイミアスが砲台庭園で、エルサをモデルに絵を書く

途中寒くなったので、エルサがカーディガンを取りに屋敷に戻る。

その帰り道、キャロラインとエイミアスが、アンジェラを学校にやる話をしていたのを聞く。

(砲台庭園の)ビールがぬるくてまずいとエイミアスが言うので、キャロラインが冷えたものを持ってくる。

持ってきたものを飲んだエイミアス、こう発言。

エイミアス 
エイミアス 
今日のビールはぜんぶまずい 

その後、エイミアスの体がこわばりだす。

エイミアスは砲台庭園に残るといい、みんなは昼食に。

昼食後、様子を見に来たキャロラインが、死んでいるエイミアスを発見。

 

・・・これが2日間の流れだ。

この時系列と、5匹の子豚(5人の容疑者)が、どんな行動をしたのか、どんな考えを持っていたのか、5人の人間関係はどうだったのか・・・。

それをしっかり合わせて、読み込んでいくことが、面白さと謎解きのポイント。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネコ缶も1つやけど、妙なとこ解ったで!

アガサクリスティ(ポアロ) 「5匹の子豚」まとめ

ネコ缶評価

地味だが非の打ちどころがない。
あまり有名でないのが不思議なくらいだ。

時系列や5人の感情、人間性を主に述べたが、もちろんトリック・構成も素晴らしい。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ああこれで終わったなあ~(いつも通り)めっちゃ意外な人が犯人やったなあ~

・・・と思ったら、なんとラスト15ページくらいで、特大どんでん返し。

内容も、最後の大どんでん返しも本当に素晴らしい、「クリスティを読み込みたい」人には本当におススメの1冊だ。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です