アガサクリスティ

アガサクリスティ(ポアロ) またしてもマザーグース?「マギンディ夫人は死んだ」

ポアロシリーズにはマザーグースが良く出てくる。

一番有名なのは言わずと知れた超名作のこちら

「そして誰もいなくなった」詳しくはこちら

 

この作品にも、タイトルや見出しで出てくる

5匹の子豚詳しくはこちら

今回ご紹介する「マギンディ夫人は死んだ」も、ちょこっとマザーグースが出てくる作品だ。

マギンディ夫人は死んだ
created by Rinker

ポアロの友人、スペンス警視も物語の中で、ご陽気にこう歌ってくれる。

マギンディ夫人は死んだ
どんなふうに死んだ?
あたしのようにひざついて
マギンディ夫人は死んだ
どんな風に死んだ?
あたしのように手を伸ばして
マギンディ夫人は死んだ・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
マギンディという名前は、この歌から取ったんかもしれへんな。

では「マギンディ夫人は死んだ」いってみよ!

アガサクリスティ(ポアロ)マギンディ夫人は死んだ 内容

スペンス警視 
スペンス警視 
彼がやったとはどうも思えないのですよ・・・

久しぶりにポアロを訪ねてきたスペンス警視の、衝撃的なセリフから物語は始まる。

ジェイムズ・ベントリィという若者は、マギンディ夫人をお金目当てに殺したとし、死刑を目前に控えていた。

ジェイムズの服に、被害者の毛髪や血液も付着していたし、彼の身近にお金も隠されていたので、彼が犯人という事は動かしがたい事実のように思える。

だがスペンス警視は、どうも疑わしく思い、最後の頼みとして、ポアロに再調査を頼みに来たのだった。

友人のたっての頼みともあり、快諾し動き出したポアロ。

町の人たちに聞き込みを始めると、マギンディ夫人が殺される直前、こんなことをしていたことを発見する。

  • マギンディ夫人が、30年前の事件をテーマにした新聞記事を切り抜いていた
  • めったと手紙を書かないマギンディ夫人が、わざわざインク瓶を買っていた

ここから事件は、少しずつ意外な面を見せだす。

そしてついに起こった第2の殺人事件!

ポアロが動いたことにより起こった事件。
やはり真犯人は別にいるのか?
だとしたら誰?

宿泊先の食事のまずさに悩まされながらも、ポアロの灰色の脳細胞が光る。

アガサクリスティ(ポアロ) マギンディ夫人は死んだ 感想

「マギンディ夫人は死んだ」も、いつものように最初からグイグイ引き込まれる。

腑に落ちない事件を、なんと警察自らポアロに依頼しに来るのだ。
このエピソードに惹かれないわけない!

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
スペンス警視、いい人やなあ・・・。
でも「5匹の子豚」は冤罪やったしなあ・・・。
警察の汚名返上せんとなあ・・・。

5匹の子豚」詳しくはこちらから

そんな「マギンディ夫人は死んだ」の、読みこなしポイントを書いておこう。

マギンディ夫人は死んだ 読みこなしポイント1 人間関係の把握

「マギンディ夫人は死んだ」は、親族系の事件ではないので、さまざまな家庭が出てくる。

これを把握しておくのが大事なのは、言うまでもない。

ただ結構家庭数が多いので整理しておこう

出てくる家庭は、マギンディ夫人が、掃除をしにいっていた家だ。

サマーヘイズ家 (ジョン・サマーヘイズ、モーリン・サマーヘイズ)

・ロング・メドウズという下宿屋の夫婦。
・ポアロもここに滞在。
・かなり大雑把な気質の夫婦なので、几帳面なポアロはげっそりしている。

アップワード家(ローラ・アップワード、ロビン・アップワード)

・老婦人と養子の息子の家庭。
・息子は劇作家

レンデル家(ドクター・レンデル、シェラア・レンデル)

・医者の家庭。
・ポアロのファン。
・脅迫状が来たと、レンデル夫人は後半おびえていた

ウェザビィ家(ロジャー・ウェザビィ、エディス・ウェザビィ)

・継子にデアトリィ・ヘンダースがいる。
・エディスは足が少し不自由。
・ロジャーはあまりデアトリィをよく思っていない。
・少し訳アリな感じの家庭

カーペンター家(ガイ・カーペンター、イヴ・カーペンター)

・この町の有力者で、お金持ちの家庭。
・イヴはガイよりかなり若い

沢山の家庭が出てくるので混乱するが、これらの家庭中心に、話は進んでいくのでしっかり押さえておこう。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
これらの家庭以外にも、ジェイムズ・ベントリィの勤め先のモード・ウィリアムス嬢も、押さえとこな。

マギンディ夫人は死んだ 読みこなしポイント2 30年前の事件

人間関係把握と同時に、30年前に起こった事件も整理しておこう。

マギンディ夫人が、興味をひかれた新聞記事にのっていた4つの事件の紹介だ。

クレイグ事件
19歳の女性、エヴァ・ケインと、妻子持ちの男性アルフレッド・クレイグが恋に落ち、奥さんを殺害。

殺人罪でクレイグは逮捕、処刑。
エヴァ・ケインは妊娠していたが、アメリカに渡る。

ジャニス・コートランド事件
夫に不満を持ったジャニスは、若い男性の友人を作った。

その男性はジャニス夫婦のいさかい現場を見たので、夫を殺害。

男性は逮捕され、ジャニスはその後海外へ。

リトル・リリイ・ガンホール事件
子だくさんだったリリイは伯母に育てられたが、その伯母に映画界に入ることを反対されたことで伯母を殺害。

その時リリイは12歳だった。

ヴェラ・ブレイク事件
ヴェラ・ブレイクは、付き合った男がみんな犯罪者になってしまう女。

彼女の子供も万引き犯に。

・・・などなど、スポーツ紙の隅や週刊誌に出るような事件なのだが、この事件はしっかり頭に入れておこう。

だが、記事を書いた記者いわく

記者
記者
正確さなんて問題じゃないのよ。最初から最後までロマンチックの寄せ集めよ。 

・・・なので「ちょっとだけ」注意。

アガサクリスティ(ポアロ)マギンディ夫人は死んだ まとめ

マギンディ夫人は死んだ
created by Rinker

ネコ缶評価 

冤罪なりかけの事件が、実は過去にぐーんとさかのぼる必要があった・・・という展開はなかなか良かった。

でもこれがちょっとマイナス。

ちょっとそれはやりすぎなんじゃ?というミスリード
それは最初に言ってほしかった・・・という重要なエピソードが、最後に出てきた

1度読んだ後に、もう一回読むと、そこでしっかり理解できる感じがある。
そんな内容だ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
今回は久しぶりにポアロが最初から出てるで!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です