アガサクリスティ

アガサクリスティ(ポアロ)「ゴルフ場の殺人」ポアロ、ゴルフデビュー?・・・やないで!

ポアロは、なんかスポーツと縁がなさそうな気がする。

ホームズはボクシングがうまく、腕力も相当だという事だが、ポアロと格闘技やスポーツはなんとなく結びつかなそうだ。

そんなポアロだが、タイトルに「ゴルフ」というものを発見。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ゴルフならポアロにも合いそうやなあ・・・。
きっとゴルフクラブで、殴られた死体でも出たんやろなあ・・・

と思ったネコ缶。
真相はどうだったのか?

行ってみましょう「ゴルフ場の殺人」!

アガサクリスティ(ポアロ)「ゴルフ場の殺人」あらすじ

P・T・ルノーと名乗る男性から、助けを求める手紙がポアロのところに届く。

急ぎ駆け付けたポアロだったが、ルノー氏はなんとすでに殺されていた・・・。

ルノー氏のもとに、ひそかに通っていたとうわさされる女性の存在があり、女性からの愛を訴える手紙も出てくる。

女性関係だけではなく、ルノー氏により事件の直前に書き換えられた遺書、そして急に暇を出された運転手など・・・。

ポアロの捜査により、さまざまな出来事が複雑な要素を見せ始めた時、とうとう第二の死体が発見される。

だがそれはなんと、ルノー氏よりも前に死んだものだった・・・。

ポアロVSジロー刑事の対決、ヘイスティングスの恋愛も見ものの1冊!

アガサクリスティ(ポアロ)「ゴルフ場の殺人」 感想

のっけから物語に引き込まれる。

ヘルプの手紙をくれた人間が、行ってみたら殺された後だったり、妙に怪しい女性がいたりなど、ストーリーを盛り上げてくれる要素が次々に出てくるからだ。

おまけに出だしは「ヘイスティングス、妙な女性に出会う」とくるから、

 
 
ヘイスティングスが?彼女でもできるの?これは面白くなりそうだ 

とクリスティマニアは思わずにいられない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ワトスンもやけど、名探偵の助手は、女性好き・惚れっぽい人が多いんかな

さて物語が進むと、この事件は「2層構造になっている」という事に気づく。

昔あった大きな事件がベースとなり、今回の事件を引き起こしているのだ。
(しかも同じようなやり方で、今回の事件を引き起こしてる)

これだけでも「おお」と思うし、ここまで解ったんだし事件も解決!

・・・思いうが、ここで物語は折り返し地点。

なんとその2層目、今回の事件の途中で、大きなミスが起こっていたのだ。

ありえないミスにより、チャンスとばかりに事件をかっさらっていく、つわものの犯人が出現。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
そら、なかなか真相が解らへんはずやなあ。

この犯人が、あまりにも意外すぎる人物で、最後の最後であっと言わせてくれること請け合いだ。

「これでもう終わりだよね・・」と思ったら違ったというところが、何か所かあるので根気よく読むことをおススメする。

あ、ちなみにゴルフ場の殺人・・・とあるけど、詳しくは「建設途中のゴルフ場で、死体が見つかりました・・・な殺人」が正しいので、そこだけ注意。

アガサクリスティ(ポアロ)「ゴルフ場の殺人」 まとめ

ネコ缶評価

ストーリーのほとんどを、個性豊かな女性の登場人物が盛り上げてくれる。

「貞淑な女性」「献身的な女性」も登場するが、当時としてはかなり「進んだ女性」「性悪な女性」も出てくる。で、これがなかなか楽しい。

そのうちの一人と、ヘイスティングスが恋に落ちる(そしてヘイスティングスが恋愛のために大チョンボもする)のだが、その後二人がどうなったのかも、気になるところだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネコ缶が読んだポアロシリーズでは、まだ「ヘイスティングスの奥さん」は出てこーへんねんなあ。
残念~。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きさんを救う!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です