アガサクリスティ

アガサクリスティ 恋も冒険も謎解きもテンコ盛り「茶色の服の男」

元気で冒険好きな若い女性が、探偵のような役割をするミステリーはよくある。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
三毛猫ホームズシリーズの晴美とかは典型や。
もちろんアガサクリスティの中でもいるで。

「ゴルフ場殺人事件」のシンデレラとか。
「なぜエヴァンスに頼まない?」のフランキーとかな!

今回ご紹介する本も、そんな冒険好きな若い女の子が、恋に冒険に謎解きに活躍するミステリーだ。

それは「茶色の服の男」!

茶色の服の男
created by Rinker

「ポアロ」も「ミス・マープル」も出てこない、クリスティのシリーズ第1号、詳しくみていこうか!

アガサクリスティ「茶色の服の男」 あらすじ

アンは、考古学者の父親を亡くしたばかり。
お金もないが、落ち込みもせず気丈にくらしていた。

ある日アンは、ロンドンの地下鉄で奇妙な事件を見る。

外国人の男が、何かに驚いて転落死。

それを検視した、通りすがりの自称「医者」が暗号らしきメモを拾い、その後行方不明になるのだ・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
この暗号を、その後アンは拾うんやで!
そこからアンの冒険は始まるのや

その後、ミル・ハウスという家で、若い女性が殺されるという事件が発生。

地下鉄で死んだ男とは関係ないと思うが、その男はなんと、ミル・ハウスへの紹介状を持っていたのだ。

この2つの事件はつながっているのか?
ミル・ハウスに、若い女性の直後に入った「茶色の服の男」は何者なのか?

好奇心旺盛なアンは、この事件を調べることを決心。
暗号に書いてあった、南アフリカ行きの船「キルモーデン・キャッスル」に飛び乗る。

その後、単純に思えた事件は、大きな犯罪組織と過去に起こったダイヤモンドに関する事件が、背後に隠れていることが次第に判明。

事件を嗅ぎまわるアンも、何度か命を狙われることに・・・。

 

アンはこの事件を解決できるのか?

そして冒険の最中に恋に落ちたアン。恋の行方はどうなる?

アガサクリスティ「茶色の服の男」感想

「茶色の服の男」は大きく「アンの冒険&恋物語」と「謎解き」に分かれる。

ごった煮のような感があるので、分けてみていこう。

「茶色の服の男」 アンの冒険&恋愛譚

アンはものおじしない、思い立ったらすぐ行動する元気で冒険好きな女の子だ。

アン 
アン 
キルモーデンキャッスルとは、お城じゃなくて船の事だ!

今この目の前にある、この船の事だわ 

・・・と気づいた瞬間、その船に飛び乗るくらいだ。

全財産は87ポンドしかない。
ハッキリ言って船賃しかないが、飛び乗ってしまうのだ。

そこからアンの冒険、そして本当の人生が始まる。

持ち前の勇気と行動力で、何度か危ない目にもあうが、無事にくぐりぬける。
そして念願の、事件担当の記者という地位まで手にするのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
凄いよな!

しかもアンはこの冒険で、ちゃっかり恋もするんや。

持ち前の行動力と素直さで、その男性に近づき、見事射止めてしまうのも「あっぱれ」の一言。

謎解きも奥が深くて面白いが、このアンの成長と冒険物語を読んでいくのも面白いで!

「茶色の服の男」 謎解き部門

では次に謎ときもみていこう。

まずは構成からな!

「茶色の服の男」はメンクリタイプのミステリー

ネコ缶は、場面がちょいちょい変わっていくミステリーを「メンクリ型ミステリー」と呼んでいる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「メンクリ」ってわかる?
ゲームでよくいう「●面をクリアーした」みたいな言いかたの略やで

「茶色の服の男」もこのタイプ

この物語は、場面がこの5つにバンバン変わっていく。

・イントロ(怪しげな男女が話をしている。最初は何のことか解らないが、これは後から回収する伏線)

・アンのエピソード(アンが冒険に出るようになったいきさつ)

・殺人事件発生(ここで「茶色の服の男」が出てくる)

・キルモーデン・キャッスル船(ひょんなことから舞台は船に移動)

・列車と陸地(船を降りた後、専用列車と陸地に物語は移動)

普通の文章もあるが、やはり会話が多く、「手記」というページもあるのでちょっとややこしい。

船を降りてから、謎が一気に深まり、そして伏線が回収されていくで!

「茶色の服の男」の登場人物は、しっかり把握

クリスティのミステリーにしては、登場人物は少なめ。

でもやっぱり全員怪しい。

エピソードも交えて紹介しておくので、しっかり把握しとこう
「容疑者として考えられる主な人」だけ書いとくな!

サー・ユースタス・ペドラー
下院議員で、殺人事件のあったミル・ハウスの持ち主
ユーモアがあり、遊びと女好き
ガイ・パジェット
ペドラーの秘書
超真面目で融通が利かないところもある
なぜか「フィレンツェ」の話題を出すとうろたえる
ハリー・レイバーン
ペドラーの秘書として、派遣されたというが、どうも怪しい謎の男
船で夜中撃たれて、アンの部屋に助けを求めて入ってくる
過去の事件に関係がありそう?
スーザン(ブレア夫人)
オシャレで無邪気な社交界の花形
アンとは船の上で出会い、良き協力者となる
レイス大佐
諜報部員とのうわさ
スマートな男性で、いろいろと助けてくれる
過去のダイヤモンド事件を、詳しく知っている・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ちなみにアンは、レイス大佐からもペドラーからも、好意を持たれるで。

モテモテやな~。 

エドワード・チチェスター
自称、宣教師(だが、何かと怪しい)
誰かの手先として働いている?

謎は「犯罪を牛耳る大佐」とはいったい誰の事なのか?ということがメイン。

クリスティのミスリードもあるが、ものすごく意外な人物やで!

アガサクリスティ「茶色の服の男」まとめ

茶色の服の男
created by Rinker

ネコ缶評価

つかみはOK。
孤児になってしまっても、めげないアンのエピソードや、謎の茶色い服を着た男の登場、そして怪しげなメモ・・・。

面白くなりそうなエピソードが、たくさんちりばめられていたのだが、残念ながらちょっとごちゃごちゃしていた。

「茶色の服の男」が出版されたのは1924年。
この作品はまだクリスティ4作目という事なのも、大きいのだろう。

ごちゃごちゃしてはいるものの、設定はさすが。
クリスティ得意の「聞きなれない、専門的な薬品」もしっかり登場していた。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
元気一杯のアンが、その後幸せに暮らしていることを祈る!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です