アガサクリスティ

アガサクリスティ「七つの時計」 タイトルだけでなんか面白そうな感じやで!

以前「チムニーズ館の秘密」という作品を紹介した。

チムニーズ館の秘密
created by Rinker

「チムニーズ館の秘密」詳しくはこちら

一国の王政復古や革命、そして殺人事件に恋と、テンコ盛りな内容だ。

クリスティは、よほどこの話が好きだったのか、続編ともいえる話も書いている。

それが今回ご紹介するこちら。

「七つの時計」!

七つの時計
created by Rinker

「七つの時計」の中には、ちゃんとこんなくだりもある

「刺激ならば、4年前に、イヤってほど味わったはずじゃないのかね?」
byケイタラム卿

「七つの時計」P77

「チムニーズ館の秘密」から4年後の設定なんやな。

登場人物も何人か「チムニーズ館の秘密」とかぶっているが、読んでいなくても話は十分理解できるので心配ご無用だ。

ではみていこう!「七つの時計」

アガサクリスティ「七つの時計」あらすじ

朝寝坊なジェリー・ウェイドを起こすために、仲間がこんなことを考えた。

 
 
目覚まし時計をたくさん置いて、大きな音でならそう! 

このたくらみは成功し、朝早くからけたたましい音が鳴り響いた。

だがジェリーは起きてこない・・・。

不審に思った仲間が見に行くと、なんとジェリーは死んでいた!

しかも8個置いたはずの時計が、7個になっており、きちんと並べられてもいた・・・。

事件のショックも冷めやらぬ時、仲間のうちの1人、ロニー・デヴァルーが何ものかに銃で撃たれ死亡する。

死ぬ直前、彼はこんなことを言い残す。

ロニー
ロニー
セブン・ダイヤルズ・・・伝えて・・・ 

 

その後の調査で、ジェリー・ウェイドが死ぬ間際、妹に書いていた手紙にも、セブン・ダイヤルズの名前があった事が判明。

セブン・ダイヤルズとは何なのか?

時計が7個に減らされていたのは、関係があることなのか?

行動力抜群のバンドルが、セブン・ダイヤルズ・クラブの謎に挑む

アガサクリスティ「七つの時計」感想

クリスティは、時として「元気な若い女性が、事件に首を突っ込んで大活躍」という作品を書いている。

「茶色の服の男」

茶色の服の男
created by Rinker

「茶色の服の男」詳しくはこちら

 

「なぜエヴァンズに頼まなかったのか?」

なぜエヴァンズに頼まなかったのか?
created by Rinker

今回の「七つの時計」も、そんな元気なお嬢さんが大活躍する作品だ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
活躍・・・というより、かき回す感じやけどな

その若い女性の名前は「アイリーン・ブレンド」。
通称「バンドル」。

「七つの時計」の見どころは、そのバンドル活躍ぶりだろう。

バンドルが縦横無尽に駆け巡ることで、読者も同じ目線でストーリーを理解していく。

そんな彼女の活躍をご紹介しよう。

「七つの時計」見どころ バンドルの活躍

バンドルは、ケイタラム侯爵の令嬢だ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「侯爵」は爵位で言うと上から2番目。相当高いよな。

「超いいとこのお嬢さん」なんやけど、とかく元気にあれこれやってくれる。

〇セブン・ダイヤルズ・クラブが絡んだ、政治がらみのパーティがあると聞くと、作戦を練って忍び込む。

〇ビルやジミーが、夜中に見張りをするから、おとなしく寝ていてと言われても、全く聞かずに夜中に抜け出す

〇愛車・イスパノを駆って走り回る(しかもかなりのスピード)

 

そのなかでも特に驚くのは、1人で「セブン・ダイヤルズ・クラブ」のアジトに乗り込んで、食器棚の中に忍び込むところだろう。

そして勝手に穴まであけて、隣の部屋をのぞき見している。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
侯爵令嬢のやることやないよなあ・・・。

しかも、セブン・ダイヤルズ・クラブに入る際、門番が元チムニーズ館の召使アルフレッドだった・・・というのをいいことに、半分脅しのようなことまでやってくれる。

「ねえアルフレッド、この部屋のなかで、
どこか私が身を隠せそうなところを探してちょうだい」

「そんなことは無理でございます!
私までが面倒に巻き込まれて、職を失う羽目になりかねません!」

「監獄行きになれば、どうせ失業するのよ」

「七つの時計」P195

 

食器棚になんとかもぐりこんだ後(当然ここまででも、ひと悶着ある)のやり取りも面白い

「今度はキリを持ってきて」

「とおっしゃられても・・・さて・・」

「ばかおっしゃい。キリが無いなんて家があるもんですか。
ないと言うなら、外に買いに行ってもらうことになるんですからね。
なんとか探し出してきた方が利口というものよ」

「七つの時計」 P198

彼女の眼を通して、読者もリアルにセブン・ダイヤルズ・クラブの実態が解るので、この場面は見ものだ。

ラストまで読むと、彼女の活躍は「事件解決に役立った」とは、あまり言えないことに気づく。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
でもバンドルの行動力にあこがれ、共感できる同年代の女性も多いと思うで!

アガサクリスティ「七つの時計」 まとめ

七つの時計
created by Rinker

ネコ缶評価

バンドルとその父ケイタラム卿、バトル警部はなかなか個性豊かに描かれてナイス。

だが、物語を引っ張る若い男性たちのキャラがどうも薄い。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ビルとジミーは、主役級やし、もうちょっと書き分けてほしかったな~残念!

トリックや謎解きよりも、ライトな冒険小説が好きな方におススメの1冊だ。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です