アガサクリスティ

アガサクリスティ(ポアロ)読み終わったときタイトルに膝をうつ!に「死者のあやまち」

アガサクリスティはタイトルがうまいなと、うなることが多い。

「満潮に乗って」とか、「もの言えぬ証人」とかな。

内容を読んだら「うまいことタイトルつけたなあ~」と思う事請け合い。

「満潮に乗って」詳しくはこちら
「もの言えぬ証人」詳しくはこちら

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
タイトルがうまい代表格はもちろん「そして誰もいなくなった」やな!

「そして誰もいなくなった」詳しくはこちら

今回ご紹介する「死者のあやまち」も、そのなかのひとつ。

死者のあやまち
created by Rinker

アガサクリスティなもんで、当然死者が出るんやけど、その死んだ人・被害者のあやまちってことなんや。

そう言うと、こう思う人が多いかもしれん。

 
 
死んだ人が、なんかやらかしてたってこと? 

答えを言う前に「あやまち」の意味をみていこう

  1. 物事のしそこない
  2. 思いがけずしでかした悪い事、過失
  3. 男女関係での道徳的な過失

「死者のあやまち」の場合は②や。

②の意味が、読み終わったときに「あーだから”あやまち”やったんやな」ってグッとくるのやで!

そんな秀逸なタイトルの「死者のあやまち」いってみよか!

アガサクリスティ(ポアロ)「死者のあやまち」あらすじ

ポアロは、推理小説作家のオリヴァ夫人から、ナス屋敷に来いとお誘いを受けた。

殺人事件の犯人捜しのイベントで、優勝者に商品を授けるという役割を頼みたいという事なのだが・・・どうも様子がおかしい。

オリヴァ夫人 
オリヴァ夫人 
どうも嫌な予感がするのよね・・・。
なんかよからぬことが起こるというか・・・。

出来ればそれを、あなたに未然に防いでほしいと思うんだけど・・ 

そしてオリヴァ夫人の予感は当たる。

オリヴァ夫人の予感通り、殺人事件の被害者役をしていた少女・マーリンが、なんと本当に殺されてしまったのだ!

14歳の少女を殺すような動機を持つ人間は見当たらないうえ、変質者の犯行でもない・・・。

そしてなぜか、ナス屋敷の新しい主人の奥さん・ハティが同時に行方不明になっているのだ。

ハティは1か月たっても見つからず、殺人の犯人も見つからない・・・。

ハティがマーリンを殺したのか?
ハティはなぜ失踪し、そしてどこへ行ったのか?
突然船でやってきた、ハティの親戚は一体何者なのか?

そしてまたひっそりと第3の事件が起こる・・・。

ポアロと3人の警察が犯人を追う!

アガサクリスティ(ポアロ)「死者のあやまち」あらすじ

「死者のあやまち」まで、「スタイルズ荘の怪事件」から、順番通りアガサクリスティを読み進めた人は、きっとこう思うだろう。

 
 
この要素・・・○○で見たような・・・ 

その通り。

「満潮に乗って」「愛国殺人」からは構成のエッセンスを、「ヒッコリーロードの殺人」からは犯人像を、もらっているような感じがするのだ。

「満潮にのって」詳しくはこちらから
「愛国殺人」詳しくはこちらから
「ヒッコリーロードの殺人」詳しくはこちらから

でも、つぎはぎな感じはしないうえ、全く違った作品に仕上げているのは、さすが女王。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
そして「イギリスの庭園でイベントをして、殺人事件が起こった」という内容を、有栖川有栖氏がこの作品にした気がする。

「英国庭園の謎」


「英国庭園の謎」詳しくはこちらから

そんな「死者のあやまち」面白ポイントを書いていこう!

死者のあやまち 面白ポイント1 マーリンの殺害理由が解らなさすぎる

とにかくマーリンが、なぜ殺されたのかがまったく解らないのだ。

大金持ちが殺されたなら、その遺産狙いか?じゃあ親族・家族か?となる。
大人の男性であれば、女性関係を洗う。

これが殺人事件のセオリ―。

だが今回殺されたのは、全く財産を持たない14歳の女の子なのだ。

変質者でもないし、友人関係のトラブルもないとなると、もうそこでお手上げ。

マーリンが、何かよからぬものを見たのかと思いきや、別の殺人があったわけではない。

そしてもちろん、何か盗まれていたわけでもない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ポアロも警察も、これが本当に解らなかった。

ちょっとネタバレだが、物語の最後の最後で「やっぱりマーリンは何かを見ていたのだ」とポアロは解く。

そこで
「だから殺されちゃったんだ~!!!」
と叫ぶ事請け合いだ!

死者のあやまち 面白ポイント2 ハティの失踪理由が解らなさすぎる

とにかくハティが、なんでいなくなったのかが解らなさすぎる。

一つづつ考えられる理由の、見当をつけていこう。

怖いと言っていた親戚が、急に来るというから逃げたのか?
(大人げないが、彼女はそういうキャラだ)

誰か愛人がいて、駆け落ちしたとか?

この2つは、だれもがすぐに思いつく失踪理由だ。

でも、ハティがシクラメン色の派手なドレスと、8センチくらいのヒール靴を履いていたので無理。

そしてハティは、建築家のマイケルと仲良しだったが、マイケルはナス屋敷にまだいる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
で、ハティは、自分名義のお金を一切持ってへんのや。

逃亡は無理やな~。

じゃあハティが、マーリンを殺して逃げた?

二人に面識は全くなく、動機がなさすぎ。

逃げたにしても、これまた上記の理由で、1か月も逃げ続けることは無理。

実はハティも殺されて埋められてる?(マーリンを殺して、どこかで自殺?)

警察が総出で探しまくったが、全く見つからなかった。

 

・・・という理由で、すべてが却下になってしまう。

でもここに書かれていない、とても単純な理由で、彼女がなぜいなくなったのかが最後に解る。

これもまた、
「そうだったのかあ~(キーッ!!)」
と思う事は確実や。

 

今回、実はポアロも、この2つの謎に相当悩むのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
久しぶりにトランプの家が出るかと思いきや、今回はジグソーパズルやったで。

 

謎解きのキーマンは、ナス屋敷の元・持ち主フォリアット夫人。

この女性の発言には要注意やで!

アガサクリスティ(ポアロ)「死者のあやまち」まとめ

死者のあやまち
created by Rinker

ネコ缶評価

かなり面白い作品だったのだけれど、この2つで☆マイナス2

  • オリヴァ夫人の発言は、ヒントも多いが、ちょっと余分なところも多い
  • レッグ夫妻のトラブルは、無くても良い

ラストの20章、わずか13ページで、ポアロが一気に今までの謎解きをする。

ここで一気に、すべての謎が解けるんやけど・・・・ちょっと切なくなるなあ・・・。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です