アガサクリスティ

アガサクリスティ「忘られぬ死」「こんなに面白いのに」シリーズにあと一歩⁉

ネコ缶が独自にまとめている「こんなに面白いのになんで有名じゃないの」シリーズがある。

今回ご紹介する「忘られぬ死」も、これに後一歩のところだった。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
上から目線やけどな(笑) 
忘られぬ死
created by Rinker

だれが犯人でも、おかしくないような容疑者たち。
クリスティお得意の、人間描写が光りまくって、ぐいぐい引き込まれる。

ただちょっとラストが惜しかったかな・・・。

詳しくみていこう!

アガサクリスティ「忘られぬ死」あらすじ

絶世の美女で、男性を虜にしてしまうローズマリー。

男性たちにおしまれながら結婚した翌年、とあるレストランで、ささやかなバースディーパーティが行われた。

ショーが終わり、辺りが明るくなった時・・。

なんとローズマリーは、毒入りシャンパンを飲んで死んでいたのだ!

パーティの席にいたのは、彼女を入れて7人。

誰もグラスに触れたものはいない・・・。

 

インフルエンザが治ったばかりで、ちょっと精神的に不安定だったローズマリー。

彼女の死は、発作的な自殺として終わった。

 

それから1年・・・。

少しずつ、ローズマリーの過去や、本当はみんなからどう思われていたのかが解ってくる。

  • 妻子持ちの男性と、深い仲になっていたこと・・・
  • とある人物の秘密を握って恨まれていたこと・・・
  • ローズマリーの夫を、密かに思っていた女性の存在・・・・

そして今年、ローズマリーの夫・ジョージは、なぜかまた同じレストランで、同じメンバーを呼びパーティを行うという。

ジョージは一体、何をしようとしているのか?

そしてローズマリーは、本当に自殺だったのか?

アガサクリスティ「忘られぬ死」 感想

クリスティの作品は、登場人物がとにかく多いことで有名だ。

でも今回の「忘られぬ死」は、登場人物の人数もちょうどいいし、内容も非常に解りやすく読みやすい。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
クリスティ初心者の方でも、とっつきやすいと思うで!

見どころを詳しくみていこう

「忘られぬ死」見どころ1 女性の描写が上手いと改めて思う

何回も言ってきたが、今回も改めて思う。

クリスティは女性の描写が本当に上手い。

今回は4人の個性豊かな女性が登場するが、全員うまく書き分けてある。

ざっと書いてみるとこんな感じだ。

ローズマリー 絶世の美女
思慮が浅く、思いやりがあまりない
アイリス ローズマリーの妹
強い個性はなく、のんびりしている
ルース ジョージの秘書
冷静沈着でジョージに忠誠を誓う
アレクサンドラ 政治家・ファラデーの妻
名門の出 誇り高く感情を表に出さない

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ローズマリーは、「ウェッジウエア卿の死」の 「メソポタミアの殺人」の に似てる。

ルースはポアロの秘書のミス・レモンとかな。

「ウェッジエア卿の死」詳しくはこちら
「メソポタミアの殺人」詳しくはこちら

いずれにしても、この4人の女性の感情の動きや行動、言葉のやり取りは、ミステリー抜きにしても引き込まれる。

「忘られぬ死」見どころ2 政治家夫婦の愛

1でも書いたが、アレクサンドラはスティーブンという政治家の奥さんだ。

名門の出で、夫のスティーブンが、出世のために自分と結婚したことも解っている。

でも実は、アレクサンドラは夫の事が大好きなのだ。

よそに女を作った夫に気が狂いそうになりながらも、おくびにも出さない。

そんな中、ローズマリーの容疑者として、夫スティーブンは窮地に立つ。

初めて、自分の愛情をハッキリ伝えるアレクサンドラと、そんな妻に改めて惚れ直すスティーブン・・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
利害関係だけで結ばれていたと思われてた夫婦が、トラブルを乗り越え、絆を深めていくさまはこの作品の1つの見どころやで

「忘られぬ死」見どころ3 この人、覚えてますか?

登場人物の中に「レイス」大佐という人物が出てくる。

・・・皆さん・・この人、覚えてるだろうか。

この「レイス大佐」は、ポアロの友人で、あの「ナイルに死す」でも出てくる人なのだ。

ナイルに死す
created by Rinker

ナイルに死す詳しくはこちら

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
こういうマニア泣かせのところが、チョコチョコあるのがクリスティ小説のいいところやな!

ちなみに「ナイルに死す」はポアロおススメNO1やで!

ポアロのおススメシリーズはこちらから

さらにさらに・・・

ケンプという警部が出てくるのだが、なんとこの人は、バトル警部に似ているとレイスは言うのだ。

レイス大佐は(略)ケンプの部屋で彼と握手を交わしていた。

(略)ケンプにはどことなくあの老齢の警部、バトルを思わせるところがある。
事実、ケンプは長い間バトルの下で働いていた・・・

「忘られぬ死」 P241

バトル警部は、クリスティ作品にチョコチョコ出てきてるわき役さんだ。
「ゼロ時間へ」では、結構活躍してくれるで!
「ゼロ時間へ」詳しくはこちら

アガサクリスティ「忘られぬ死」まとめ

忘られぬ死
created by Rinker

ネコ缶評価

殺人は2回でてくるんやけど、1回目のトリックや真相に、あまり触れなかったのが本当に残念。

モチロン犯人は同一人物だ。

でも・・・

 
 
多分これで殺したんだろうな 

と読者に推察させるだけにとどまってる。

このマイナスポイントが無ければ、ネコ缶が独自にまとめてる「こんなに面白いのになんで有名じゃないの」シリーズに絶対入れてた。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
この内容・この容疑者たちだったら、ポアロに登場させてほしかったなあ・・・残念!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です