アガサクリスティ

アガサクリスティ「バクダッドの秘密」とんでもないヒロインが活躍する冒険譚?

クリスティのノンシリーズには、元気な女の子が活躍する作品が多い。

具体的に言うとこちらとか。

「茶色の服の男」

茶色の服の男
created by Rinker

「茶色の服の男」詳しくはこちらから

 

これなんかもそう。

「チムニーズ館の秘密」

チムニーズ館の秘密
created by Rinker

「チムニーズ館の秘密」詳しくはこちらから

 

そして今回ご紹介する「バクダッドの秘密」も、そのうちの1つに入るだろう。

バクダッドの秘密
created by Rinker

ヒロイン・ヴィクトリアは、ノンシリーズの主人公らしく、とにかく行動力にあふれているが、ちょっと破格なところがある。

なんと、勤務先の社長夫人の物まねをしているところを見つかり、首になるというところから始まるのだ。

その後出会った、イケメンに一目ぼれ。

名前と行先しか知らないのに、バクダッドまで追いかけてしまうという無茶苦茶さもある。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
なかなかぶっ飛んだお嬢さんやな!

ではみていこう!

アガサクリスティ「バクダッドの秘密」 あらすじ

速記タイピストのヴィクトリアは、社長夫人の物まねを見つかり、会社を首になってしまう。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
もともと、仕事ができなかったっていう理由もある・・・。 

落ち込んで公園にいる時であったのが、元戦闘機乗りのイケメン・エドワード。

彼にすっかり一目ぼれをしたヴィクトリア。

うっとりしているヴィクトリアに、エドワードはこんなことを言った。

 
 
明日から、バクダッドに行かなければならないんですよ 

せっかく素敵な人に出会ったのに・・・と、がっかりするヴィクトリア。

だがもともと楽天的な彼女はこう決心した。

 
 
私もバクダッドに行かなければね! 

 

一方、あちこちの町で、不穏な動きがあった。

バクダッドに向かう様々な人物が追跡され、荷物を荒らされていた。

挙句の果てには、命をあやうくする人物も・・・・。

 

何かを見つけて、バクダッドへ運ぼうとしている人物がいるのだ。

そして、それを阻止しようとしている組織もちらほら見える・・・。

 

一体バクダッドで何が起こるのか?

そしてヴィクトリアは、エドワードとの恋を実らせることができるのか?

アガサクリスティ「バクダッドの秘密」感想

今回登場するヒロイン、ヴィクトリアは物まねで会社を首になるような女性だが、もう1つ大きな特徴がある。

それはこれ!

「嘘がうまい」

自分の事を嘘で塗り固めて、SNSでセレブみたいにふるまう・・・という嘘のつき方ではない。

自分がピンチになったときなどに、まことしやかに嘘をついて乗り越えてしまうのだ。

その有様をざっと紹介しよう。

ヴィクトリアの大嘘1 仕事を得るために私文書偽造

どうしてもエドワードに会いたかったヴィクトリア。

一文なしで旅費もないので、バクダッドに向かうクリップ夫妻の付添になる事に決めるが、雇ってもらうためにこんな手を使った。

・推薦状の創作
・ランガウ主教なる人物を作り上げ、伯父にし、自分に箔をつける

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
主教とは、ギリシア正教会、イギリス正教会の高位聖職。
ビショップのことや。

これだけでも「おいおい・・・」と思うやろう。
下手したら私文書偽造になりそうな感じだ。

おまけに、クリップ夫人から、なぜあなたはバクダッドに行きたいのか聞かれた時、こうも答えた。

「伯父を訪ねてまいります。(伯父は)ポーンスフット・ジョーンズ博士ですの
「まあ、あの有名な考古学者の?」
「はい!」

「バクダッドの秘密」P65

たいした度胸だ。
ネコ缶は絶対にできない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
今ならこれ、山中教授が伯父って言う事に近いかな?

ヴィクトリアの大嘘2 ついた嘘から誠もでる?

中盤、ヴィクトリアは監禁されるが、辛くも逃げ出す。

逃げ出したはいいが、そこはバクダッド。
21世紀の日本ではない。

砂漠で遭難しかけるのだ。

そこへ運よく発掘隊のキャンプに拾われるのだが、ここでも嘘を発揮。

「伯父のポーンスフット・ジョーンズ博士の発掘隊に、合流することになっていますの」

「バクダッドの秘密」 P309

だが助けてくれた発掘隊は、まさにそのポーンスフット・ジョーンズ博士の発掘隊の1人。

ヴィクトリアは博士の姪で、人類学者という事になってしまう。

実際にそんな姪がいたのだそうな。

万事休すと思いきや、ここからヴィクトリアは、嘘をつきとおすために意外な踏ん張りを見せる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
この辺り、嘘つきでもヴィクトリアは憎めへんなあ~・・・と思うところやな!

ヴィクトリアの大嘘3 大ピンチも嘘でなんとかしてしまう

ラスト、犯人に命を狙われそうになるヴィクトリア。

でもそこでも、まことしやかに嘘をつきまくって、窮地に陥りながらも犯人から情報を引き出したりする。

同時に一種の自己保存の本能が(略)極めて敏速に働いた。

ヴィクトリアは愚かしい、間の抜けた(略)表情を装い続けていた。

と言うのは、(略)今自分が非常に危険な瀬戸際にあることを感じていたのだ。
(略)助かる道はただ1つ、切り札は1枚しかなかった。

「(略)まあ!あなたって素晴らしい人だわ❤

「バクダッドの秘密」P379~380

得意の物まねの技術を使い演技をし、敵にメロメロなふりをして油断させる。

大ピンチを、嘘と度胸と演技力で切り抜けてしまうのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ある意味、メチャクチャたくましい。
新しいタイプのヒロインかもしれへんなあ~。

アガサクリスティ「バクダッドの秘密」まとめ

バクダッドの秘密
created by Rinker

ネコ缶評価

ヴィクトリアの気質は、身近にいるとちょっと厄介だが、物語だったので何とかセーフ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ほとんど出てこなかったが、アン・シェーレを主人公にした方が、締まった話になった気もする。

スパイとかサスペンス物も、クリスティは書くが、ネコ缶的には今一つ。

ビッグ4とか、スパイもの、サスペンスが好きな人向きかな?
ビッグ4詳しくはこちら

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です