アガサクリスティ

アガサクリスティ 33冊あるポアロシリーズの順番と面白ポイント!

アガサクリスティのポアロシリーズは全部で33冊ある。

同じくアガサクリスティの、ミス・マープルシリーズの12冊に比べると、倍以上の多さだ。

それだけ人気があったという事なのだろうが、これだけ多いとフトこんな疑問が出てくる。

 
 
順番ってどうなってんの? 
 
 
どれから読めばいいのかしら? 

結論から言うと、どれから読んでも大丈夫。

途中から読んで、話が解らない・・・という事はないが、これだけは押さえておこう

ラストの「カーテン」だけは最後に読むこと!

でも順番通りに読みたい方のために、ここでポアロの順番をご紹介します!

Contents

ポアロシリーズの順番1「スタイルズ荘の怪事件」

ネコ缶評価

ポアロのデビュー作。
クリスティ円熟期の文章と比べると、粗削りな感じは否めない。

だが構成や、毒に精通しているところなど、クリスティの良さ・個性が早くも表れた作品。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ラストの「カーテン」を読む前には、絶対押さえとこな! 

スタイルズ荘の怪事件詳しくはこちらから

ポアロシリーズの順番2「ゴルフ場殺人事件」

ゴルフ場殺人事件
created by Rinker

ネコ缶評価

ポアロが以来を受けてさっそく行ってみると、その依頼主はすでに死んでいた・・・。

こんな出だしから始まる物語。

ゴルフはちっとも出ないが(建設中だってことだけ)話は本格的でナイス。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
内容もモチロン面白いが、相棒ヘイスティングスの恋、ポアロVSジローの対決も見もの

ゴルフ場の殺人詳しくはこちらから

ポアロシリーズの順番3「アクロイド殺し」

ネコ缶評価

ラストがとにかく衝撃的。

設定、トリック、すべてが良くできている。

ネコ缶が「殿堂入り」と呼んでいる作品のひとつ。
殿堂入りについてはこちらから

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
三谷幸喜さんがドラマにしたよな~、めっちゃ面白かったわ 

アクロイド殺し詳しくはこちらから

ポアロシリーズの順番4「ビッグ4」

ビッグ4(フォー) (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ]
created by Rinker

ネコ缶評価

ミステリー・推理小説というよりは、サスペンス。
国のためにポアロが戦う・・・という感じなのだ。

いつもとはちょっと毛色の違う話

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
体はって悪と戦うポアロは、黒の組織と戦う名探偵コナンみたいやで~ 

ビッグ4詳しくはこちらから

ポアロシリーズの順番5「青列車の秘密」

ネコ缶の評価

あまりにも有名な「オリエント急行殺人事件」の姉妹版と言おうか。

列車内の殺人事件というところは同じだが、こっちは恋愛のもつれと、宝石盗難もからんでいる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ポアロの相棒を、ヘイスティングスではなく、キャサリンという女性がやるで! 

青列車の秘密詳しくはこちらから

ポアロシリーズの順番6「邪悪の家」

ネコ缶の評価

3回も命を狙われているという女性(ニック)が登場。

ポアロが護衛を言い出すんやけど、まだまだ狙われ続けるニック・・・。

ニックが狙われる理由がわかったときから、物語が俄然面白くなるで。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
テンポがちょっと遅いけど、犯人とトリックにはうなるものがあるな! 

邪悪の家詳しくはこちらから

ポアロシリーズの順番7「エッジウェア卿の死」

ネコ缶評価 

トリックに度肝を抜かれた。

そういう方法があったのかあ~・・と歯ぎしりすること請け合い。

個人的にはエッジウェア卿の性質を、もう少し掘り下げてほしかったところ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
このトリック、クリスティは好きみたいで、ほかの作品でもよく使ってるで。

エッジウェア卿の死詳しくはこちらから

ポアロシリーズの順番8「オリエント急行殺人事件」

ネコ缶評価

名作中の名作。

もはやネコ缶がどーこー言わなくても、素晴らしさは全世界に伝わってる。

オマージュ作品もあるし、映画化もされている。

これからクリスティを読んでみたい人は、必ず押さえておこう。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネコ缶のミステリー好きに拍車をかけた1冊。

殿堂入りの作品でもある 

オリエント急行殺人事件詳しくはこちらから

ポアロシリーズの順番9「三幕の殺人」

ネコ缶評価
俳優とプロデューサー、そしてその友人の女性とポアロが、2手に別れて捜査するという珍しい内容。

ちょっと俳優の気質が鼻につくけど、なかなか面白いで!

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ここでも「元・薬剤師クリスティ」の面目躍如やで。

三幕の殺人詳しくはこちらから

ポアロシリーズの順番10「大空の殺人」

ネコ缶評価

子供用文庫にもなってる、比較的読みやすい作品。
(だが謎は本格的)

小道具の使い方が上手い!

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
この作品は「大空の死」「大空の殺人」「大空を飛ぶ殺人」「雲をつかむ死」とか、いろんな言いかたされてるで! 

大空の殺人詳しくはこちらから

ポアロシリーズの順番11「ABC殺人事件」

ネコ缶評価

Aから始まる町でAで始まる名前の人物が殺された。
Bで始まる町でBさんがまた殺された、お次はCで・・・。

でもこれ無差別殺人でも、愉快犯でもないんやで。

犯人と思われる人間の記述と、物語の同時進行という書き方が物凄くナイス。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
 これまた「殿堂入り」した作品やな!

連続殺人事件の考え方が変わるで!

ABC殺人事件詳しくはこちらから

ポアロシリーズの順番12「メソポタミアの殺人」