アガサクリスティ

アガサクリスティ(ポアロ)犯人はいるのに事件がない?「第三の女」

ミステリーには碇石というか、パターンがある。

何らかの事件が起こる→死体が見つかる(事件と死体は1セットになることも)→捜査が始まる→犯人が見つかる→探偵・刑事の謎解き

・・・という感じだ。

これはもう100年前から変わらない。

ところが今回ご紹介する「第三の女」は、かなりの型破りなパターンだ。

なんと最初に「私は、人を殺したかもしれない」と言う女性が、ポアロ宅に来るというところから始まるのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
wの悲劇を思い出したのは、ネコ缶だけやろか?

そんな謎のミステリー、「第三の女」みていこ!

アガサクリスティ(ポアロ)「第三の女」あらすじ

ポアロが朝食を摂っているところに現れた、一人の若い女性。

なんとこんなことを言っているのだ。

 
 
私・・・人を殺したかもしれないんです・・・。 

結局その女性は、そのまま何も依頼せずに、逃げるように帰ってしまう。
そしてそのまま、彼女は行方不明に・・・。

ポアロは不思議に思い、オリヴァ夫人にいきさつを話すと、オリヴァ夫人はこういう。

 
 
その女の子はアンドリュウ・レスタリック家の、ノーマじゃないかしら? 

興味を持ったオリヴァ夫人とポアロとで、調査を開始。

ノーマが、2人の女性とルームシェアをしているという、マンションに行ってみたり、ロンドン郊外のレスタリック家を訪問してみたりする。

そこではノーマがからんだ、これという大きな事件は見つからなかった。

だがノーマの周りでは、なぜか不思議な傷害事件があり、ナイフなどがノーマのタンスから出ていることが判明。

おまけにノーマは義母と折り合いが悪く、義母を毒殺しかけたという噂まで出てきたのだ。

 
 
ノーマはどうも、精神障害があるのではないか・・・・?

自分でも解らない間に、何かをしているのではないか? 

そんな疑問を、周りが持ち、不安になるみんな。
だが相変わらず事件もなく、死体も見当たらない。

一体どういうことなのか?

そしてノーマはどこへ行ったのか?

そんな中、とうとう本当に殺人事件が起こる。

そしてその現場には、ノーマが呆然と立っていて・・・・。

クリスティの分身とも思える、オリヴァ夫人とポアロが組んで、事件の調査に大奮闘!

アガサクリスティ(ポアロ)「第三の女」感想

ものすごく不思議な話。

なんせ犯人はいるのに、事件がないのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
で、「自白」した犯人は行方不明になるしな~。

奇妙に思いつつページをめくっていくと、ノーマの置かれている環境が、少しずつ解ってくる。

  • 父親が愛人と駆け落ち、父親不在の間に母死亡
  • ビジネスで成功して帰ってきた父は、再婚していた
  • ノーマは新しい母親とそりが合わず、どうも義母に毒を盛ったらしい
  • 素行の良くない若い男と結婚を考えているようだ・・・

そして未遂に終わっているが、ノーマはいくつかの障害事件をも、引き起こしているような感じがするのだ。

読者もつい、こう思ってしまう。

 
 
うーんこれは、やっぱり精神的に病んでいるのかも・・・。 
 
 
自分でもわからないうちに、殺人を犯してるのでは・・・。 

でもどれだけ探しても、ノーマが殺したらしき死体が見当たらない。

気をもみながら読み進めていくと、ようやく300ページを超えたあたりで(ほとんど最後の方)ようやく殺人事件が起こる。

その後ポアロの謎解きが始まるのだが、ここでようやく、ノーマが言っていた「殺したかもしれない」人物が解る。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
なるほど、それだったか~!と膝打つこと請け合いな

それまではポアロの感情や内省が、かなり書かれる。

ここまでじっくりと、ポアロの内面を書くのは珍しいかもしれへん。
その分ちょっとスピード感には欠けるけど、じっくり読んでいってな。

犯人のトリックのヒントは「満潮に乗って」とちょっと似てるし、復習してや。
「満潮に乗って」はこちらから

じゃあちょっと、ほかの見どころ紹介していこか!

「第三の女」見どころ1 オリヴァ夫人大活躍

今回の見どころその1は、オリヴァ夫人がめちゃ活躍すること。

「開いたトランプ」以降、何かと登場しているオリヴァ夫人。

これまでにも、何度か作品に登場し、ポアロの良き友人として活躍してきた。

でも「第三の女」では、尾行はするわ、犯人に襲われて負傷するわで、ポアロよりも積極的に動き、ポアロに指示まで出し、結構無茶をしてくれる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ビッグ4のヘイスティングス並みやで

「ビッグ4」詳しくはこちらから

オリヴァ夫人、意外と肉体派やってんやな!

「第三の女」見どころ2 状況が現代にかなり近くなってくる

読んでいて気づくことが、人々の暮らしの変化だ。

大分現在の生活に近くなっている。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
1920年のクリスティのデビュー(ポアロデビュー)から、もう46年たってるもんなあ・・・

「第三の女」が書かれたのは1966年で、戦後も大分たったころだ。

もう貴族が豪邸で、召使をもって優雅に暮らしている・・・・という時代でもない。
(イギリスだから多少はあっただろうが、ポアロの拠点・ロンドンではもうそんなことはなくなっている)

登場人物の若い女性たちも、当たり前のように仕事を持ち、仲間とルームシェアをして暮らしている。

ノーマの彼氏・デイヴィットも、ビートルズを意識したようなファッションをしていたりもする。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
で、ポアロたちから白い目で見られるんやで

もう一つ興味深いのは、2010年の今でも耳にするような名前の「麻薬」が出てくるところだ。

ファッションのように、都会の若者が麻薬を使っているような描写も出てきて、この辺りからも近代に来たなという感じがする。

そらポアロも嘆くで~。

アガサクリスティ(ポアロ)第三の女 まとめ

ネコ缶評価

ポアロシリーズには、「登場人物がラストで結婚しちゃう」という事がよくある。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ポアロの相棒、ヘイスティングスも「ゴルフ場の殺人」で、そうやったな!

「ゴルフ場の殺人」詳しくはこちら

今回もそのパターン。

「第三の女」は、ポアロの内面・感情の描写が多くて、なんだかモノクロの淡々とした映画を観ているような感じだった。

構成は良かったんやけど、内面を書きすぎたせいか、ちょっと重くなってしまったかな。

でもラストの結婚で、ちょっと明るい現実に戻される感じがあるで。

あ、ちなみに、ポアロとオリヴァ夫人が結婚するわけではないので、期待したらあかんで!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です