アガサクリスティ

アガサクリスティ(ポアロ)クリスティの得意技がさく裂「ハロウィーン・パーティ」

アガサクリスティは、過去に起こった事件を掘り起こしたり、現在の事件と絡めたりするのがうまい。

大成功したのが「5匹の子豚」

「5匹の子ぶた」詳しくはこちらから

「マギンディ夫人は死んだ」も良かった。

マギンディ夫人は死んだ
created by Rinker

これは何年か前の事件が、実は冤罪じゃないかって言いだしたのが始めやったな。

「マギンディ夫人は死んだ」はこちらから

 

今回の「ハロウィーン・パーティ」も、過去の事件を掘り返して、成功している作品の1つだ。

ハロウィーン・パーティ
created by Rinker

 

「ハロウィーン・パーティ」は、ただ単に過去の事件を誰かが依頼して、ポアロが捜査の末解決・・・というのではない。

パーティの準備中、この一言を発した子・ジョイスがいた。

ジョイス 
ジョイス 
 私、人殺しを見たの!

みんなは当然「どうせ嘘だ」と言って相手にしていなかった。

だがジョイスは、パーティが終わる頃に死体で発見されてしまうのだ・・・。

この事から「本当に殺人事件があったのでは?そして目撃者のジョイスが殺されたのでは?」という疑問が生じたのだ。

そこから過去へとポアロたちがさかのぼっていく・・・。

ちょっと変わった構成だが、詳しくみていこう!

アガサクリスティ(ポアロ)「ハロウィーン・パーティ」 あらすじ

ジョイス 
ジョイス 
私、人殺しをみたの!
その時は人殺しって解らなかったんだけど、今は解るわ。
あれは人殺しよ! 

ジョイス・レノルズはハロウィン・パーティの準備の時、こういった。

もともと虚言壁のあるジョイスの事、だれも本気にはしなかった。

だがパーティが終わったとき、なんと彼女は死体で発見される・・・。

リンゴ食い競争の桶の中で、溺死させられていたのだ!

パーティに参加していたオリヴァ夫人の相談で、ポアロが動き出すと、かつてその地区には4つの事件があった事が判明。

殺人事件もモチロン含まれており、どの事件も犯人はまだ挙がっていない。

興味を持ち、調査を続けるポアロ。

次第に、過去に起こった4つの事件が、徐々につながりを見せてくる。

そしてパーティの参加者のうちの誰かが、ある事件とかかわりがあることが判明しだした時、第2の事件が・・・。

かつての友人、スペンス刑事も登場!

アガサクリスティ(ポアロ)「ハロウィーン・パーティ」感想

ネコ缶、実は「子供がからんだ事件」が嫌いなんや。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
子持ちの主婦やからかな~、
一応。

子供の葛藤や恐怖・苦悩なんかがつづられていると、絶対に読めない。

 

でもこのハロウィーン・パーティは不思議と読めた。

子供の恐怖とか葛藤などは、ほとんど書かれていないからかもしれへん。

もしネコ缶とおなじ人がいたら、安心して読んでな!

じゃあ見どころ行こうか

「ハロウィーン・パーティ」見どころ1 過去の事件が繋がっていく面白さ

ジョイスが殺される以前に、この地域では4つの事件があった

ミセス・ルウェリン・スマイス事件

大金持ちのスマイス夫人が死んだとき、親族ではなく、付添婦オルガにすべての財産を譲るという遺書が発見される。

そののち、その遺書はオルガの偽造と判明。
オルガは失踪し、今でも見つかっていない

シャーロット・ベンフィールド事件

女店員のシャーロットが殴り殺される。

2人の若者(ピーター・ゴードンとトマス・ハッド)が容疑者として挙がったが、決着はついていない。

レズリー・フェリア事件

弁護士の書記が刺殺される。
居酒屋の主人の奥さんと恋愛関係。亭主も奥さんもシロ。

レズリー自身も軽犯罪(文書偽造など)で捕まったことがある。

ジャネット・ホワイト事件

学校から帰宅する途中で絞殺された女性教師。
ストーカーのような男がいたらしい

それぞれが全然関係のない事件なんやけど、調査を進めていくと、じわじわとつながりを見せる項目が出てくる。

そしてパーティの参加者の中にも、これらの事件に関係している人間が何人かいたことも解る。

このつながりを見せていく過程が、ゾクゾクするほど面白いのだ。

当然読者はこう思うだろう。

 
 
ジョイスは、この事件のどれかを見たってことだよな?

小学生が見そうな事件かあ・・どれかなあ 

 
 
でも3~4年前には、殺人だとはわからなかったのよね・・・。

そんな殺され方した事件ってどれかしら? 

これがわかれば事件解決やで!

「ハロウィーン・パーティ」見どころ2 パーティでのイベントが凄い

「ハロウィーン・パーティ」にはいくつかの出し物が書かれている。

  • 箒の柄の競争
  • 小麦粉切り
  • リンゴ食い競争
  • ダンス
  • 鏡占い(未来の恋人が写る)
  • スナップ・ドラゴン

などなど。

作品の中で「リンゴ食い競争」と「スナップドラゴン」が結構詳しく取り上げられているので、紹介しよう。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
日本では、まずやらへんイベントやで!

リンゴ食い競争とは

リンゴ食い競争は、日本でいう「パン食い競争」に似ているかもしれない。

日本の場合は運動会などで、パンをつるして、手を使わずに口でパンを取り、ゴールまで走るというもの。

リンゴ食い競争は、「桶の中にリンゴを浮かせて、リンゴにかみついてすくう」というものなのだ。

画像はこちらからもらいました

歯、たつんかなあって心配になるよな。

これがジョイスの事件と直結するんやけど・・・さもありなんやなあ・・・。

スナップドラゴンとは

パーティのオーラスで行われていた「スナップドラゴン」。
おそらく日本では、聞いたことないイベントだろう。

簡単に言うとこういうことだ。

まず部屋を暗くして、お皿に干しぶどうをたくさん入れ、ブランデーをひたす。

そして・・・

火をつける!

で・・・

素手で火の中から干しぶどうを取る!

もはやこれ、度胸試し(ワイルド版肝試し)やないか?
もしくはなんか宗教的なイベント?

いやはや、日本では子供のパーティには絶対やらへんよなあ・・・。

水と火の、なんともワイルドなイベントでした・・・。

「ハロウィーン・パーティ」見どころ3 キャラの会話がマニア受け

「ハロウィーン・パーティ」はポアロシリーズではもう終盤。
全33作中の、31番目なのだ。

面白いことに、この辺りになってくると、「昔○○事件で・・・」などと、ポアロたちが話したりするのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
これがポアロマニアにとっては結構嬉しい!

今回ポアロは、情報をもらいにスペンス刑事のところに行っている。

スペンス刑事といえば「マギンディ夫人は死んだ」で、ポアロにこれは冤罪かもしれないと持ち掛けた人物だ(覚えてる?)
マギンディ夫人は死んだはこちらから

今回、そのマギンディ夫人事件をこんな風に振り返っている。

「我々が救ってやらなければならない男(略)その男は何かをしてやる気にはどうしてもならない男でしたね。
自分からは、世の中の役に立つということは絶対にしないという好例でしたよ。」

「あの娘と結婚したんでしたね?あのめそめそした女と。髪をオキシドールで脱色した、あまり頭のよさそうな女じゃなかった。」

「ハロウィーン・パーティ」P65

これって、ジェイムズとデアトリィの事いってるんやな~って、読んだことのある人はピンとくる。
「マギンディ夫人は死んだ」はこちらから

こんな描写もあるで。
今回出てくる、エルムズ校・校長の話だ。

「前にメドウバンクで校長をしていた、ミス・ブルストロードから伺いましたの。
覚えてらっしゃるでしょう?
(略)
今では少し変わりましたわ。目標も違う、やり方も違う。でもやはり進歩的で、伝統ある名門校の地位は保っております。」

「ハロウィーン・パーティ」148~149P

ああ~、これって「鳩のなかの猫」のことやなって解る!

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
新しい校長になって、改革されても名門校でいてくれてる!

あんなことがあったのに、名門校でいてくれている!嬉しい!
・・・と思ったで!

「鳩のなかの猫」詳しくはこちら

 

これは作品を、最初から読んでる人だけが感じるだいご味!嬉しいで!

ぜひあなたもアガサクリスティ、最初から読んでな!

アガサクリスティ(ポアロ)「ハロウィーン・パーティ」 まとめ

ハロウィーン・パーティ
created by Rinker

ネコ缶評価

クリスティ作品には珍しく、妙にファンタジーな感じがするところがある。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ミランダの存在、ミランダとマイケルの関係が、ちょっとふわふわしすぎかなあ~。

悪くはないが、そこだけちょっと作品の中で浮き上がってる感じがする。
ここがマイナス☆1

今回もオリヴァ夫人、活躍してるで!(もはや主要キャラ)

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です