アガサクリスティ

アガサクリスティ(短編)ミステリーマニアはみんな入りたい!「火曜クラブ」

アガサクリスティの、ミス・マープルシリーズは抜群の安定感だ。

どの作品も絶対に75点以上だし、クリスティ自身も楽しんで書いてるのが解る。

その安定感で人気の、ミスマープルの短編集がこちら!

「火曜クラブ」

火曜クラブ
created by Rinker

毎週火曜日に集まって、未解決事件(でも自分だけが真相を知ってるという)を皆で考えましょう・・・

という、ミステリーファンなら、絶対に入部したいと思わせるクラブのお話なのだ。

早速みていこう!

「火曜クラブ」あらすじ&感想

火曜クラブはこの話が入っている。

  • ★火曜クラブ
  • アスタルテの祠
  • 金塊事件
  • ★舗道の血痕
  • 動機対機会
  • 聖ペテロの指の後
  • ★青いゼラニウム
  • ★ニ人の老嬢
  • 四人の容疑者
  • クリスマスの悲劇
  • 毒草
  • バンガロー事件
  • ★溺死

「青いゼラニウム」からは、火曜クラブのメンツが変わる。
メンバーの話が一巡したところで、新しい面々に変わったという事かな。

★はネコ缶おススメの話だけど、ミス・マープルシリーズらしくどの作品も完成度は高め。

内容をざっと見ていこう

「火曜クラブ」火曜クラブ あらすじ&感想

・レイモンド(作家)
・サー・ヘンリー・クリザリング(元警察官)
・ペンダー博士(牧師)
・ペサリック(弁護士)
・ジョイス(画家)
そしてミス・マープル

この6人で、毎週火曜日に未解決事件をみんなで話し合おう・・・という会が結成された。

まず最初は、サー・ヘンリー・クリザリングが話す、食中毒事件に似せた殺人事件だった・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ミス・マープルの実力を知らない人たちが、タダのおばあさんと思い、メンバーに入れようとしなかったくだりは苦笑い。

英語が堪能な人は、うんと楽しめる話

「火曜クラブ」アスタルテの祠 あらすじ&感想

ペンダー博士が参加していたパーティ。
そこでは仮面舞踏会が催された。

皆が仮装して楽しんでいると、外で突然参加者の1人・ダイアナがアスタルテの巫女の真似をしだした。

そして彼女に近づこうとしたヘイドンが、なぜか突然死んでしまった!

ヘイドンはなぜ死んだのか?
ダイアナ、いやアスタルテの呪いか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
トリックは割とよくあるもので、目新しいものではない。
でもオカルトっぽくしたことで盛り上がった。

ただ、登場人物を半分に減らしてもよかったのでは・・・

「火曜クラブ」金塊事件 あらすじ&感想

マープルの甥・レイモンドは面白い男と知り合った。

金塊を積んで沈んた船を本気で探し、引き上げることに情熱を燃やしている男だ。

共感したレイモンドは、さっそく彼の家に行くが、その後彼はなぜか行方不明になり・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
事件云々というよりも、「うっかりレイモンドのやらかし事件」という感じ。

マープル叔母の、辛辣かつ暖かいお言葉がナイス・・・と母でもあるネコ缶は思う

「火曜クラブ」舗道の血痕 あらすじ&感想

ラトゥールの村にスケッチに行ったジョイス。

そこで奇妙な事件に遭遇する。

地味な奥さんを連れた男性が、少々奇抜な女性の友人に久しぶりに出会い、3人で海水浴に行くのだ。

だがしばらくすると、その地味な奥さんの死体が見つかる。

死体発見の前に、道に血痕を観ていたジョイスは不審に思う。

その後ジョイスは、別の村でも地味な奥さんを連れ、奇抜な女性に偶然出会っている同じ男性を見つけて・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
一瞬「鶴の倒叙がえし」かと思った。

道に血痕云々より、そのデジャヴな設定が物凄く印象に残る。 

「鶴の倒叙がえし」詳しくはこちら

「火曜クラブ」動機対機会 あらすじ&感想

孫娘を失った後、怪しい霊媒師に入れ込んでいるサイモン・クロード。

親族たちは、遺産がその霊媒師に譲られる不安にさいなまれる。

ある日、新しい遺言を作成したサイモンは、その後すぐに死亡。

クロード家の弁護士だったペサリックが、新しい遺言状を開いてみると、なぜかその紙は真っ白だった・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
(遺言を白い紙にすり替える)
動機のある人は機会(チャンス)がない。
機会(チャンス)があった人には動機がない。

物凄く面白い設定&タイトルよくできたタイトル。
トリックは子供のイタズラみたいやで。

「火曜クラブ」聖ペテロの指の後 あらすじ&感想

ミス・マープルの姪・メイベルが夫殺しの噂をたてられていた。

メイベルは絶対にそんなことをする人間ではないと信じるミス・マープル。

とはいえ手掛かりは、死んだ夫の「ひと盛りの魚」という最後のひと言だけ。

ミス・マープルは、ここからどうやってメイベルの無実を晴らすのか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
マープルの正義感が「ポケットにライ麦を」を思い出す作品。
クリスティの薬学の知識も炸裂していて、長編でもよかったのでは? 

「ポケットにライ麦を」詳しくはこちら

「火曜クラブ」青いゼラニウム あらすじ&感想

ワガママな病人、ミセス・プリチャード。
彼女はある日信頼している霊媒師にこう言われた。

「青い花はいけない。青い花は不吉だ。
青いサクラソウは警告。
青いタチアオイは危険信号。
青いゼラニウムは死の象徴」

夫のジョージは笑い飛ばす。

だが壁紙の中に、かつては見なかった青いサクラソウが混じっていて・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
O・ヘンリーの「最後の一葉」の悪夢バージョンと言った感じ。
ここでも元薬剤師・クリスティの知識が炸裂。

「火曜クラブ」ニ人の老嬢 あらすじ&感想

グランド・カナリア島に2人の老嬢が訪れた。

だがその翌日、そのうちの1人の老嬢・エイミー・デュラントが海水浴中におぼれ死んでしまう。

この事故のしばらく後に、こんな証言が出る。

「エイミー・デュラントを助けにいったもう一人の老嬢・メアリーが、頭を押さえておぼれさせているのを見た」

だがエイミーは、メアリ―に雇われているコンパニオン。
裕福なメアリーが、わざわざエイミーを殺す理由がない。

この事故の真相は・・・・?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
マープルシリーズにおなじみの言葉「老嬢」。
「予告殺人」を思い出させる、これまたよくできた作品。
ネコ缶この話好き。 

「予告殺人」詳しくはこちら

「火曜クラブ」四人の容疑者 あらすじ&感想

とある秘密結社「黒手団」を解体に追い込んだローゼン博士。

だが博士に恨みを持つ黒手団の残党らが、博士の命を狙っていた。

十分注意していた博士だったが、ある日自宅で殺されているのが見つかる。

容疑者は4人。

だがその容疑者の中には、今回の語り手の元部下・チャールズ・テンプルトンも含まれていた・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
まずタイトルが良い。

「悪の秘密結社」という鷹の爪団みたいな言葉の響きも、「黒手団」という名前もいい。

これだけでミステリーファンなら、ご飯が3杯いけそうだ。

トリックそのものは、これまた英語が堪能な人でないと解らないので残念。

「火曜クラブ」クリスマスの悲劇 あらすじ&感想

ミス・マープルは気づいていた。

Mrサンダースが、妻をそのうち殺すような人物であることを。

むろん奥さんのグラディスは、そんなことに気づきもしていない。

マープルは細心の注意を払っていたが、とうとうグラディスは殺されてしまう。

だが、Mrサンダースには鉄壁のアリバイがあった・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
マープルのカンと正義感が、ここでもいかんなく発揮されている。

殺人を防げなかったことは残念だけど、「人殺しをする人」というのを、どうやって見分けているのか?

ぜひ防犯セミナーをやってほしいところだ。

「火曜クラブ」毒草 あらすじ&感想

毒草のジキタリスを、ハーブのセージを間違えて、ソーセージに入れてしまい食中毒が出た家があった。

不幸にもその患者の1人、シルヴィアが死んでしまう。

よくある不注意による中毒事故と思われていたが、シルヴィアの婚約者が浮気をしていた事や、シルヴィアがまとまった遺産を相続する可能性があることが判明。

これは本当に事故だったのだろうか・・・?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
最後の話「溺死」にもちょっとつながるが、「六条の御息所」のような、年齢がアンバランスな恋を、クリスティがどう思っていたかが垣間見える作品

「火曜クラブ」バンガロー事件 あらすじ&感想

とある青年が、女優のミス・ヘリアのところに戯曲を送ったところ、ぜひ会いたいと言われた。

喜びいさんで訪問し、歓談の後・・・・なぜか意識をなくし、気が付いたら道で寝ていた上逮捕されてしまう。

近所で泥棒騒ぎがあったそうなのだ。

その上、ミス・ヘリアはそんな青年と会ったこともないと言う・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
唯一これは「まだ起こっていない事件」。
ここでもミス・マープルのすごさが解る。

ちなみにミス・ヘリアは「エッジウェア卿の死」に出てくる、ジェーン・ウィルキンソンとよく似ている。

「エッジウェア卿の死」詳しくはこちら

「火曜クラブ」溺死 あらすじ&感想

ブルー・ボア館のローズが溺死体で発見された。

彼女はサンドフォードという青年と恋仲になり、妊娠して捨てられたというのだ。
それを苦にしての自殺とみられていたが、ミスマープルはこう断言した。

「ローズは自殺ではありません。だれが殺したかは解っています」

そして犯人の名前を書いた紙を、サー・ヘンリーに渡して捜査を頼む。

ミス・マープルの推理は当たっていたのか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
この作品だけ、クラブの集まりの作品ではない。

でもクラブでのマープルの実績があったからこそ、解決した事件。

犯人は意外過ぎる人物で、ちょっと哀しい。

アガサクリスティ(短編) 「火曜クラブ」 まとめ

火曜クラブ
created by Rinker

ネコ缶評価

全編にミス・マープルの推理力と冴えが光る。
「ミス・マープルの独壇場」な作品。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
それ以外にも、「ああ、これは○○の原型かな」とも思える作品がいくつかある。

クリスティファンの人は、それも楽しんでな!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です