アガサクリスティ

アガサクリスティ(ポアロ)「スタイルズ荘の怪事件」クリスティ作家デビュー第1号はこれ

アガサクリスティのデビュー作と言うと、もしかしたらこれを思い浮かべる人も多いかもしれない。

「そして誰もいなくなった」

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネコ缶も若い頃は、これかと思ってたわ。

でもこれは間違い。

ものすごく有名で、アガサクリスティの代名詞になってるから、ついついまちがえてしまうが、本当はこっちなのだ。

「スタイルズ荘の怪事件」

そして、「スタイルズ荘の怪事件」は、アガサクリスティのデビュー作にして、なんとポアロのデビュー作でもあるのだ。

そんな巨匠二人のデビュー作「スタイルズ荘の怪事件」いってみよ!

アガサクリスティ(ポアロ)「スタイルズ荘の怪事件」あらすじ

傷病兵として、休暇を与えられたヘイスティングズ。

行くところもないので、友人・ジョンの家「スタイルズ荘」にやってきた。

久しぶりの再会で、楽しい時間を過ごす二人。

その時ジョンの母であり、スタイルズ荘の女主人エミリーは、なんと20歳も年下の男性と結婚していた。

財産めあてだと、よく思わない人も多く、ビミョーな空気が漂うスタイルズ荘。

そしてついに恐れていたことが起こる。

女主人エイミーが毒殺されるのだ!

事件の前日に、エミリーが口論していたのは誰なのか?
そしてエミリーが燃やした遺言は、いつ書かれたものなのか?
エミリーが口にした毒は、いつ、どうやって飲ませたのだろうか?

そしてみんなから疑われる、エイミーの夫には完璧なアリバイがあって・・・。

長期化しそうだとにらんだヘイスティングズは、ポアロに解決を依頼。

灰色の脳細胞の物語がここから始まる!

アガサクリスティ(ポアロ)「スタイルズ荘の怪事件」感想

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
めっちゃ複雑な内容やなあ・・・

これが最初に読んだ時の、正直なネコ缶の感想

メモをしながら読んだが、それでもついていけず、出版社を変えてもう一度読み直し、メモも新しく取り直した。

そこでようやく理解できたのだ・・・とほほ・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネコ缶の脳細胞はダークグレー、チャコールグレーやしなあ~しゃあないか。

ちょっと難解な「スタイルズ荘殺人事件」の読みこなしポイントを書いていこう

「スタイルズ荘の怪事件」読みこなしポイント1 7月17日の時系列を細かく書いておくこと

 

※スタイルズ荘、2F見取り図

エミリー毒殺事件が起こったのは、7月18日の未明なのだが、7月17日に実にいろいろなことが起こる

7月17日 午後の時系列

  • 4:00 エミリー、誰かと言い争う
    その後、誰かに手紙を書こうとしていた
  • 4:30 新しい遺言状を作り、2人の召使に署名させる
    これが燃やされていたのか?
  • この後、ジョンの妻メアリーと、エミリーが口論になる
  • 夕方、バウアスタイン博士がスタイルズ荘を訪問、みんなでコーヒーを飲む
  • 7:15 召使がエミリーの分のコーヒーを2Fへ持っていく
  • 8:00 エミリーが部屋にコーヒーを持って入る

これを、とりあえずしっかりと頭に入れておくこと!
そうすると、大分話が解りやすくなる。

「スタイルズ荘の怪事件」読みこなしポイント2 検視審問の証言内容をしっかり書いておくこと

※スタイルズ荘、エミリーの部屋

日本ではあまりなじみがないが、ポアロ時代の本を読んでいると、実によく出てくるのがこれ。

「検視審問」

裁判みたいなものなのだが、容疑者たちがそれぞれ証言してくれる。

誰が何を言ったのか、しっかりと書いておこう!

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
特にローレンスと、エヴリンの証言な

「スタイルズ荘の怪事件」は、時系列と証言をメモしたうえで、2回読むことをお勧めする。

「スタイルズ荘の怪事件」読みこなしポイント3 ちょっと覚悟しておこう

この「スタイルズ荘の怪事件」の、複雑な感じは「アクロイド殺し」に似ている印象を受ける。
「アクロイド殺し」詳しくはこちら

だが、アクロイド殺しより妙に複雑な印象を受けるのは、この理由かもしれない

  • 伏線の貼り方がちょっと不十分
  • ものすごく細かい
  • 毒の使い方が超マニアック

最後の最後で「ええ?そんなことがいま判明するの?」と思うことがあったり、毒が入っていたと疑われるコーヒーとココアの動きも、ちょっと解りにくい位細かい。

結構重要だと思われる「ミセス・レイクス」という人物は、何の説明も解説もないままだった。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネコ缶、ミス・レイクス?誰の事?と大分悩んだえ。

そして、絶対に解らないと思うのが、毒殺の方法だ。

もと薬剤師の、アガサクリスティの面目躍如なのだが、この殺人方法を思いつくのは、アガサクリスティしかいないと思う。

この3つがが骨の折れるところだが、ここをクリアすると、とても面白い内容が見えてくる。

メモを取りながら頑張ってほしい。

ちなみに「毒殺が大得意」なアガサクリスティ、マニアックな毒殺をここでもやってる。
「三幕の殺人」詳しくはこちら

アガサクリスティ(ポアロ)「スタイルズ荘の怪事件」 まとめ

ネコ缶評価

ちょっと粗削りで、読むのに骨が折れる作品だが、構成はやっぱり、さすがアガサクリスティだなと思う。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
2回読んだ時に、ああやっぱりアガサクリスティはいいなと思うで!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です