アガサクリスティ

アガサクリスティ(ミス・マープル)イギリス版❝家政婦は見た❞「パディントン発4時50分」

家政婦というのは、とかく不思議な存在だ。

お姫様や奥様のような、豪華な暮らしをするわけではない。

ましてや主人公になったりも・・・しない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
どちらかと言うと、クリスティでは殺される方になるよな~。

でも!

そんな黒子的存在の「家政婦」が大活躍するミステリーがある。

それが今回ご紹介するこちら!

「パディントン発4時50分」

ここに出てくるルーシー・アイルズバロウは、そんじょそこらの家政婦ではない。

家事が出来るのは当たり前、オックスフォード大学を優秀な成績で卒業する才女だ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
 学者じゃ儲からない、稼げるからって、家政婦やってるんやしな。

今の時代やったら、間違いなくカリスマ主婦やな。

ミス・マープルから絶大な信頼を置かれるくらい、殺人事件に対してもものおじしない。

そのうえ美人でモテモテなのだ。

そんなスーパー家政婦の活躍するミステリー、早速みていこか!

アガサクリスティ(ミス・マープル)「パディントン発4時50分」あらすじ

ミス・マープルの友人、エルスぺス・マギリカディは、クリスマスの買い物を終えて、パディントン発4時50分の列車に乗り込んだ。

ホッと一息ついたところで、窓を見ると、対向車線の列車で、女の首を絞めている男の姿が!

慌てたミセス・マギリカディ。

すぐに車掌に報告するも、取り合ってもらえない。

おまけにその列車のどこからも、死体が見当たらないうえ、新聞記事にもなっていないのだ。

困り果てたミセス・マギリカディは、マープルに相談、任せることになった。

マープルがいろいろ調べた結果、死体が見つからないのは、犯人が窓の外から落とし、とある豪邸の敷地に入っているからだと推理。

その豪邸は「クラッケンソープ家」。
広い敷地を持つ、由緒正しい家系を持つ大金持ちだ。

早速そこに乗り込むことにしたミス・マープルだが、彼女は年で体が動かない。

そこでスーパー家政婦のルーシーに、自分の代わりに屋敷に入り込み、死体を探してもらうことを依頼。

ルーシーは死体を見つけることができるのか?

そして起こった第2、第3の殺人事件・・・。

闇を抱えたクラッケンソープ家と、その中ではつらつと活躍する魅力たっぷりのルーシーが見もの!

アガサクリスティ(ミス・マープル)「パディントン発4時50分」 感想

「パディントン発4時50分」の見どころは、ミステリーの謎解きももちろんある。

だが、見どころNO1は、スーパー家政婦・ルーシーの活躍だ。

抜群の行動力だけでなく、若い女性らしい一面も存分に見せてくれる。

女性を描くのが上手いクリスティだが、今回もその手腕を、いかんなく発揮してくれている。

見どころを紹介しよか!

「パディントン発4時50分」見どころ1 ルーシー大活躍

クリスティのミステリーらしく、「パディントン発4時50分」でも、莫大なお金を持った闇深い家庭が舞台だ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「ポアロのクリスマス」「死との約束」「葬儀を終えて」なんかも、闇深い家族が主役やな。

「ポアロのクリスマス」詳しくはこちらから
「死との約束」詳しくはこちらから
「葬儀を終えて」詳しくはこちらから

 

閑話休題

 

屋敷の敷地内に、あるであろう死体を見つけてほしい・・・というのが、マープルからルーシーに課せられた依頼だった。

実はその死体、割と早い段階で見つかる。

なのでルーシーは、こんな怖い仕事、さっさとやめても良かったのだが、そこは好奇心旺盛な才女。

クラッケンソープ家の闇の謎を解きたい・殺人事件解決を見届けたいと、家政婦として残ることを選ぶ。

そこからがこの「パディントン発4時50分」の魅力の始まりと言っても過言ではない。

なんせルーシーは、クラッケンソープ家の男たちほぼ全員から、求婚されまくるのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
美しく賢い、そして家事能力が高い女性は、いつの時代もモテモテなんやな!

クラッケンソープ家の闇、殺人事件の犯人解明と同時に、ルーシーはクラッケンソープ家の男の誰かを選ぶのか?

女性なら、誰でもワクワクする設定だろう。

実は「パディントン発4時50分」のトリックそのものや、犯人の殺害動機は、割とありきたり。

だがそれを補って余りあるのが、ルーシーの存在やで!

「パディントン発4時50分」見どころ2 ルーシーの料理がおいしそう

ルーシーはスーパー家政婦らしく、料理はすべて手作りだ。

そしてルーシーの料理も、この作品を大いに盛り上げてくれる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
読んでるとお腹がすくで! 

ちょっと見てみよう!

スパニッシュオムレツ


画像はこちらから

ルーサー・クラッケンソープ 
ルーサー・クラッケンソープ 
ジャガイモをゆですぎだ! 

クラッケンソープ家・頭首から、こう攻められた時に、スパニッシュオムレツにしますと如才なく切り返すルーシー。

残り物をうまく生かすのも、料理上手な人がやるよな!

ローストビーフ

言わずとしれたイギリス料理。

ルーシーが作ったこのローストビーフ、クラッケンソープ家の少年たちが、グレービーソースをたっぷりかけて、パクパクと食べている(いいなあ・・・)

糖蜜タルト


画像はこちらから

ハリーポッターでもおなじみのタルト。

糖蜜とは、白砂糖を精製する時にできる副産物で、茶色~黒色のシロップのことを言うそうやで。
それをパン粉で固めてパイに詰める・・・みたいな感じ?

ちょっと甘そうやな。

ヨークシャープディング


画像はこちらから

日本では、全くなじみのない食べものやないかな?

プディングとはいうものの、プリンとは全く違う。
ローストビーフに添える、シュークリームの皮っぽいもので、グレービーソースをかけて食べるそうな。

これもルーシー、手作りしてましたな。

ピーチ・フラン


画像はこちらから

桃のタルト。

この時代を考えると、冷菓やなくて、焼いたタルトやろな。

ちなみにルーシーはこのタルトも、ちゃんとパイ生地から手作りしてる。

シラバブ


画像はこちらから

これまた、日本人には全くなじみのない食べ物じゃなかろうか?

生クリームをベースに酸味を加えた、ムースみたいな食べ物やな!

カレーのデザートにしてたんやけど、辛いカレーの後のデザートとして、まさにベストチョイス。

 

なじみのない料理もあったけど、全部食べてみたくなるよな!

アガサクリスティ(ミス・マープル)「パディントン発4時50分」まとめ

ネコ缶評価

トリックや、犯人の動機なんかは、わりとありきたりと述べた。

だが、犯人が全くノーマークの存在やったわ~。いや~してやられた!

これからパディントン発4時50分を読む人は、ルーシー(と、料理)の魅力に気をとられんように、しっかり謎解きもしてな!

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ミス・マープルの存在感薄いけど、ルーシーに依頼を決めるまでのいきさつは、さすがやで!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です