アガサクリスティ

アガサクリスティ(トミー&タペンス)「NかMか」あのカップルが中年夫婦で再登場!

スパイ&スリラーものが意外と好きなクリスティ。

彼女が作った「スパイ&スリラー」専用キャラがトミー&タペンス(以下トミタぺ)だ。

デビュー作の「秘密機関」では「二人合わせて45歳にもならない」ほど若かった2人。
「秘密機関」詳しくはこちら

2作目「NかMか」では、なんと2人とも40歳を超えて、いつの間にか子供もできていたうえ、その子供も成人していた。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「秘密機関」が世に出てから、20年近くたってからの出版やからなあ~。

トミタぺも、ちゃんと年取ってたってことか

もちろん年だからと「危ない仕事」を、隠居する気はさらさらない2人。

時は1940年、第2次世界大戦がヨーロッパでは始まっていた。
ふたりの仕事も危険度を増す。

トミタペは、今回どんな仕事を請け負うのか?

早速みていこう!

アガサクリスティ(トミー&タペンス)「NかMか」あらすじ

1940年春。

戦争がすでに始まっており、トミタぺの2人も、仕事にあぶれてどんよりとした生活をしていた。

そんな中、あの懐かしいカーターから仕事の依頼があった。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
覚えてるか~。初めて2人に仕事をくれた、あのカーターやで!

カーターの仕事はこんな内容だった。

イギリス海軍や空軍の要職に、ドイツのスパイが紛れ込んでいる可能性がある。

そのスパイを見つけてほしい。

手がかりは、死んだ情報部員が残したこの言葉しかない。

・NかM
・ソング・ス―ジー

Nは男のスパイ、Mは女スパイ。
ソング・スージーは「無憂荘」である可能性が高い・・・というところまでは突き止めている。

危険な仕事ではあるが、快諾したトミー。

だがカーターはこんなことを言った。

 
 
この仕事は、トミー1人でやることが条件 

仕方なくタペンスには嘘を言い、1人で無憂荘にきたトミー。

個性豊かな、泊り客に挨拶をすると・・・

なんとそこにはタペンスの姿が!

カーターとの話をすっかり聞いており、裏をかいて(偽名で)すでに泊まっていたとのこと!

バタバタと、久しぶりの冒険がこうして始まった・・・。

 

トミー&タペンスはスパイを見つけることができるのか?

無憂荘の隣に住むヘイドックは何者なのか?

中年になったトミタぺの冒険物語!

アガサクリスティ(トミー&タペンス)「NかMか」 感想

前回の「秘密機関」は、若い2人がドタバタと、素人感丸出しではしゃいだ感じがあった。

だが「NかMか」は、2人が年を取った+クリスティの力量が上がったという事だろう。

かなり落ち着いて、締まった仕上がりになっている

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「秘密機関」って、実はクリスティのデビュー2作目。

「スタイルズ荘の怪事件」の、次に出した本なんやで!

トミタぺは、あのマープルよりもだいぶ先輩なんやな。

スタイルズ荘の怪事件くわしくはこちら

内容と見どころを詳しくみていこう。

「NかMか」見どころ1 ミステリーの後のサスペンス

物語のスタートから、289ページまでは、こんな謎を含むミステリー形式で話が進んでいく。

NとMはこの宿泊客の中にいるのか?
宿泊客の子どもが連れ去られたのは何故なのか?
無憂荘を除いていた外国人女性は誰なのか・・・・

まるでクローズドサークルで、犯人当てをしているように話は進んでいくのだ。

どう考えてもそんな怪しい(ヤバいことしてるスパイ)はいないように思えるのだが、そこは小説。

やはり登場人物の中に、ちゃーんとスパイはいるのだ。

スパイの1人(まずはN)が解ってからは、急にサスペンスになっていく。

あまり言うとネタバレになるが、トミーがその犯人に捕まり殺されそうになるのを、タペンスが必至に救出に向かうのだ。

この流れが、手に汗握るサスペンス。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
そしてラスト近くになって、もう一人のMがあざやかに判明するんやで! 

この流れが「NかMか」の最大の見どころだろう。

最後は例によって大団円になるが、懐かしいキャラも登場して、2人をフォローしてくれるので楽しみにしていよう。

「NかMか」見どころ2 戦争の影

「NかMか」が書かれたのは、1940年。

ヨーロッパでは、もう第2次世界大戦が始まっている。
ナチスも猛威を振るい始めていたことだろう。

そのせいだろうか。

この戦争が、トミタぺにも暗い影を落とす。

以前の「秘密機関」は第1次世界大戦の4年後とはいえ、まだまだ戦争に対して無邪気に構えていたところがあった若い2人。

今回はこんなことを言っているのだ。

(トミー)「前の戦争の時とは気分が全然違う」

(タペンス)「いまの私たちには、戦争の悲惨さとか、むなしさおぞましさ・・そういったものが見て取れるのよ。

昔は若くて思い至らなかった、そういったいろいろなことが・・・

「NかMか」P114~115

そのせいか、与えられた仕事に対してもこんなことを言ったりもする

「以前の仕事(秘密機関での仕事)でどんなにワクワクさせられたか(略)どんなに私たちが夢中になったか・・・。
(略)どうして今度は同じようにいかないのかしら

「NかMか」P114

クリスティの作品は、時々こんな風に戦争の影が見えることがある。

「NかMか」は、第2次世界大戦を舞台にしているから、リアルさが増す。

秘密機関には無かった、ちょっと暗い影を感じるのは、トミタぺが大人になったというのもあるが、ネタもとが戦争だからかもしれない。

クリスティの不安や、敵国ドイツをどう考えていたかなども解って、興味深い作品だ。

アガサクリスティ(トミー&タペンス)「NかMか」まとめ

ネコ缶評価

スパイ小説を、好きだから書いてます!
楽しく書いてます!

という感じにあふれていた「秘密機関」に比べると、構成や読ませ方を意識して書いていることが解る。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
これが「トミタぺシリーズのベスト」と言われるのも納得だ。

前回同様「おいおい、うまくいきすぎじゃね?」と思う所が、なきにしもあらず。

でも、まだまだ現役の、トミタぺ次回作に期待やな。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です