メアリ・ウエストマコット

アガサクリスティ(メアリ・ウエストマコット)「春にして君を離れ」今でもいる!こんな人!

アガサクリスティが「メアリ・ウエストマコット」という名前で、恋愛小説を書いていたという事はここで書いた。
→「愛の旋律」詳しくはこちらから

今回ご紹介する「春にして君を離れ」は、その中でも最も評価の高い作品だ。

春にして君を離れ
created by Rinker

非の打ちどころのない主婦・ジョーンが、旅行の帰り道に砂漠で何日も足止めを食う。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
時代が時代やしなあ。
珍しいことやなかったんやろな。

何もすることがなかったジョーンは、たまたま前日遭遇した、学生時代の友人の言葉を思い出す。

その言葉を頼りに、自分の人生(夫婦・親子)を振り返ってみると・・・

本当に自分は正しかったのか?
子供たちは幸せだったのか?

という事を考え出し、隠された真実に行きつく。

という、昼ドラみたいな設定なのだが・・・・

実に、実に面白いのだ。

100年近く前に書かれた作品だが、今読んでも十分に面白い。
どのレビューも高評価なのもうなずける。

そして何より、100年前にどこにでもいたであろう、こんな女性にスポットライトをあてたクリスティを心底尊敬する。

ではさっそくみていこう「春にして君を離れ」!

アガサクリスティ(メアリ・ウエストマコット)「春にして君を離れ」あらすじ

ジョーンは、体調を崩した末っ子・バーバラへのお見舞いを終えた帰り道の途中、一人の女性と会う。

みすぼらしく老けた姿だったが、その女性は女学校時代の友人・ブランチ。

久しぶりの学生時代の友人に会い、屈託なく話をしたジョーン。

だがブランチは、なぜかジョーンにこんなことを言った。

ブランチ 
ブランチ 
バーバラの結婚は、早すぎたんじゃないの?
・・・でも今度はあの夫婦、うまくおさまりそうね。 
ブランチ 
ブランチ 
バーバラは、家から逃げ出したくて結婚したんじゃないの?ってみんなで噂してたのよ。 
ブランチ 
ブランチ 
ご主人のロドニーは・・・夫の座に収まってるわけでもなさそうな目つきだったわ。 

せっかくの再会は少しギクシャクしながらも、なんとか平和に終わる。

その後ジョーンはロンドンへの帰路につくが、なんと悪天候で、テル・アブ・ハミドという砂漠で何日もの足止めを食らってしまう。

砂漠の中、食べて寝ること以外、することもないジョーン。

すると不思議と、ブランチの言葉がよみがえり、自分の夫婦関係や親子関係を振り返ることになった。

自分の人生は一体何だったのか?
自分は本当に真実を見てきたのか?

次々と起こる疑問。
考えることしかない空間で、ジョーンが気づいた真実とは何だったのか?

メアリ・ウエストマコットの最高傑作!

アガサクリスティ(メアリ・ウエストマコット)「春にして君を離れ」感想

クリスティを読みなれた人であれば「春にして君を離れ」を読んだ時、こう思うだろう。

 
 
クリスティのミステリーに、よく出てくる女性キャラクターだよね。 
 
 
そのよく出てくるキャラクターを煮詰めて、主役にして殺人を引いた感じかしら 

ネコ缶だけかな(笑)こんな風に思うのは。

それくらい、主役のジョーンはクリスティ作品によく出てくるキャラだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
クリスティ、こんな女が本当に嫌いだったんやろうなあ・・・・

では今回は、このジョーンのキャラを中心に、感想を詳しく書いていこう。
(ネタバレもあるので、読んでない方は注意してくださいませ)

「春にして君を離れ」 主婦・ジョーンという人物

「春にして君を離れ」を読んだ後、こう思う人も多いかもしれない。

 
 
こんな人、今でもいるよなあ・・・・ 

どんな人かというと、こんな人だ

  • 自分の見たいようにしか(自分の思い描いた幸せ図を通してしか)物事を見ない。
  • 自分の見たいものでなければ、見なかったことにする
  • 自分の思い描いた幸せ図が壊れることを恐れている
  • 自分の望みに関して、相手はどう思っているのだろうという思いやり・想像力は全くない

こういう人は「悪い人ではないのだが、一緒に居るとものすごく疲れる人」になる。

相手の望みのために、ひたすら尽くさなければならなくなるからだ。

そのうえ、相手の望んだこと以外の意見を言ったり、行動をすることを厳しく禁止される。

そしてジョーン(みたいな人)が禁止するとき、それはたいていこういう言葉がついてくる

「家族のため」「あなたのため」
「あなたの事を心配してるから」

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ジョーンもこう言っていた

息子のトニーが、父親の後を継いで弁護士になることはせずに、農場を経営すると言う。

父親のロドニーは賛成したが、ジョーンは大反対した。

ジョーン「父親を失望させないようにするのは、息子の義務じゃありませんか

「春にして君を離れ」P213~214

子供の幸せ云々のまえに「子供の義務」。

今では義務なんてことを口にはしないかもしれないが、口でどういおうと、内心こんな気持ちで子供の進路に反対する親は多いだろう。

  • 「自分の思った通りの○○でいてほしい」
  • 「自分が思い描いた人生図を、崩さないでほしい」

ジョーンもこの時本当は、こう言いたかったのではないか。

「息子は自分の思い描いたように、仕事を選ぶことが義務」

まだ友人や恋人であったら「別れる」ということも出来る。

だが自分の母親がこんな人であったら、かなりキツイ子供時代になるだろう。

その最大の犠牲者というべき存在が、ジョーンの末っ子バーバラだ。

バーバラは母親の呪縛から何とか逃れようとしてあがく。
その結果どうなったのかは、しっかり作品を読んでほしい。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
旦那さんのロドニーも気の毒な人だけど、逃げるか戦うかはできたやろうしな~。

「春にして君を離れ」を読んで母親として思うこと

母親は多かれ少なかれ、ジョーンのような側面があると思う。

  • 子供はこんな風に育ってほしい
  • 子供はこんな学校に行き、こんな仕事をしてほしい

多くはそれを「愛情」と言う。

だがネコ缶、それはたいてい「親のエゴ」だと思う。

子供の人生は子どものものだし、仕事も学校も人生の伴侶も子供が選ぶものだ。

そして子供には、チャレンジして失敗する権利もあるのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネコ缶も一人の母親として、愛とエゴを間違えないようにしたい。

そして何より「きちんと真実を見ることを恐れない」ようにせんとな!

アガサクリスティ(メアリ・ウエストマコット)「春にして君を離れ」まとめ

春にして君を離れ
created by Rinker

ネコ缶評価

よくできた話。非のうちどころがない。
人間観察(女性)を書かせたら天下一品の、クリスティの真骨頂だ。

ただ一つだけ、最後にロシアの貴婦人と会うエピソードは、無くてもいいかなとは思う。

そこだけマイナス0.5だが、10点満点に近い内容やで!

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
そういえば、ジョーンによく似た知り合いが高校生の時いたな~。
彼女はどうしているんやろな~。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です