アガサクリスティ

アガサクリスティ(ポアロ)「アクロイド殺し」はラストのどんでん返しがめっちゃええで!

アガサクリスティのポアロものは、やたらと映画やドラマになっている。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
地中海殺人事件は「白昼の悪魔」が原作やな。

それだけポアロのキャラが立っていて、原作のクオリティが高いという事だろう。

今回ご紹介する「アクロイド殺し」も、ネコ缶大好きな三谷幸喜がドラマ化している。

なんと野村萬斎がポアロ役。
向井理を、ちょっと気の弱いチョイ役(ラルフ)にしてるところが凄い。

そんな、今をときめく監督から、ドラマの下地にされる「アクロイド殺し」とくとみていこう!

アガサクリスティ(ポアロ)「アクロイド殺し」あらすじ

大富豪・アクロイド氏が殺された。

彼が結婚しようと思っていた恋人、ファラーズ夫人が自殺してすぐのことだった。

アクロイドを殺すような人物など、さっぱり見当がつかないし、恋人の後追い自殺なのか?

そしてファラーズ夫人が、自殺の直前、遺書をアクロイドに充てて郵送していたのだが、その手紙もなぜか見つからない・・・。

ポアロ
ポアロ
ここにいるみなさん全員が、嘘をついています! 

謎が謎を呼ぶ中、厳しい一言で始まった、ポアロの本格的な捜査・推理。

容疑者全員がついている嘘、隠していることとはいったい何なのか?

事件が起こった時から、姿をくらましているアクロイドの甥、ラルフが本当に犯人なのか?

引退したはずの灰色の脳細胞がフル回転する。

アガサクリスティ(ポアロ)「アクロイド殺し」 感想

最後に「あっ」と言わせてくれるところ、容疑者を全員集めての謎解きのわくわくは、さすがアガサクリスティ。さすがポアロ。

「アクロイド殺し」は、ポアロが引退してからの設定になっているが、どうしてどうして、十分現役さながらの活躍っぷりだ。

アクロイド殺しの設定を見ていこう。

まずアクロイド殺しで大事なのは「事件発生時の時間軸」だ。

ここをしっかり押さえずして、犯人は絶対に解らない

事件当日・アクロイド家での夕食に、シェパード医師(この人目線で話は進む)がよばれる。

そして食事のあと、アクロイド氏とシェパードが書斎で話をする。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ここからが細かい時間軸になっていくんや。

事件発生までの時間軸

8:40 ファラーズ夫人からの手紙到着
8:50 シェパード医師、アクロイドの書斎から出る
9:00 シェパード医師、屋敷の外に出る
(若い男と出会う。その男はアクロイドの屋敷の場所を聞く)
9:10 シェパード医師、自宅に着く
9:30 アクロイド氏、だれかと書斎で話す声がするのを、何人か聞いている
9:45 アクロイド氏の姪、フロラがアクロイドに、おやすみの挨拶にいく
10:15  シェパード医師のところにアクロイドが殺されているという電話が入る
(この電話は、だれがかけたかわからない)

・・・という1時間半くらいの時間軸なのだが、この90分だけを見ていると、アクロイド氏が殺されたのは、9:45~10:15になる。

でも容疑者の供述をもとに、真面目に考えていくと、どうしてもつじつまが合わない。

ネコ缶もうーんとうなってしまっていた。

だが全員がついていた嘘を集めた中に、大きな突破口がある。

そして、捜査の基準に考えていたこの時間軸が、そこで根こそぎひっくり返ってしまうのが「アクロイド殺し」の一番の見どころだ。

容疑者一人ずつ自分が、ついていた嘘を正直に告白していき、謎が少しずつ解けていくところは本当にワクワクする。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
このあたり「オリエント急行殺人事件」に似てまんな。

アガサクリスティ(ポアロ)「アクロイド殺し」まとめ

ネコ缶評価

高評価だがマイナス点も若干ある。

  • キャロライン(シェパード医師の姉)がしゃべりすぎ。
    (アガサクリスティのミステリーにはこの手の女性は本当によく出てくる)
  • ポアロが犯人に自殺を勧めてしまう

若干のマイナス点はあるとはいえ、伏線の張り巡らせ方や設定はさすがの一言。

ヘイスティイングス代わりの助手も、ちゃっかり見つけて今回もポアロは元気一杯捜査をしてくれるで!

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きさんを救う!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です