アガサクリスティ

アガサクリスティ(ポアロ)「三幕の殺人」こんなやつおったら絶対イヤやで!

ネコ缶のなりたくない職業NO1は、間違いなく芸能人だ。

売れなかったら給料もゼロで悲惨なうえ、売れたら売れたでプライベートは全くない。

そして売れても、人気は常に水物で、いつ何時落ち目になるかもわからない・・・。

そんなしんどい仕事をしている人は、素直に尊敬する。

 

今回はそんな「俳優」が主役として登場し、調査に挑む物語だ。

それがこれ「三幕の殺人」。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
俳優とか女優が出てくる物語は、他にもあるで!「鏡は横にひび割れて」とかな。

「鏡は横にひび割れて」詳しくはこちらから

さあて見ていこか!「三幕の殺人」!

アガサクリスティ(ポアロ)「三幕の殺人」 あらすじ

田舎に別荘を購入した、元俳優がパーティを開催。

そのパーティの途中で、この町の牧師が、毒入りのカクテルを飲み、死んでしまった・・・・。

牧師は、誰からも殺されるような人間ではないし、自殺するような動機もない。

この事件は謎のまま据え置かれる・・・。

しばらくたって、その俳優の友人の医者が、パーティをもよおした時に、またしても毒を飲み死亡した。

これはもう毒を使った、連続殺人しか考えられないのだが、死亡した2人の接点はまるでない。

この事件の犯人は誰なのか?そして動機は?

事件が難航する中、またしても毒殺された第3の被害者が出て・・・。

役者とその友人、そしてポアロが捜査に乗り出すという、ちょっと異色の物語。

アガサクリスティ(ポアロ)「三幕の殺人」 感想

連続殺人事件が起こったとき、その被害者全員が、犯人に恨まれているわけではない。

その人に何の恨みもないけど、やむにやまれず殺さないといけないという状況になる・・・という事は、ミステリー小説では結構当たり前。

今回もやっぱりそのパターン。

特に第一の被害者が、なぜ殺されたのかが全く分からず、しょっぱなから一番の難所が登場する。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
そしてどうやって毒を盛られたのかも、わからへんのや。

みんなが見てるところでの毒殺は、ミステリーでは結構よくあるパターンやな。

この最初の謎が、最後の最後まで解らず、ポアロをはじめ謎解きに挑戦する登場人物を、苦しめる。

この謎が解けた時は、びっくり仰天だ。

「三幕の殺人」のびっくりポイント

さて「三幕の殺人」では、意外な点がびっくりポイントだ。

それは使われた毒がニコチン」ということ。

ニコチンときいて、私たちが連想するのがたばこ。

 
 
あんな強いにおいがするもの、飲み込めるの? 

とか思うのだが、実はニコチンは精製すると、匂いが消え、結構な毒薬になるのだという。

最後に解るが、犯人はこの殺人のために、わざわざ実験室まで用意して、ニコチンを精製していたくだりをよんだ時など、ネコ缶こう思ったな。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
トリカブト事件の犯人と、同じことしてるやん!

トリカブト殺人事件詳しくはこちら

これはさておき・・・。

クリスティは、割と毒薬を使ったトリックが多いのだが、ニコチンを出したことにちょっとびっくり。
他のミステリーでは出てこない毒殺だろう。

薬剤師として働いたこともある、クリスティらしいトリックだ。

 

今回、謎解きの主役は、ポアロ&ヘイスティングスではなく、チャールズ・カートライトという俳優だ。

ポアロは、美術や演劇のパトロンをしている、サタースウェイトと行動する。

なんだ~と思うが、この人物が、観察眼が鋭くてホームズのような存在なのだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ポアロとホームズが一緒に行動しているようで、結構楽しいで。

アガサクリスティ(ポアロ)「三幕の殺人」 まとめ

ネコ缶評価

クリスティのミステリーは「会話が多く、話が流れていかない」という印象を受ける。

なので、東野圭吾さんなど、現代ものを読みなれている人には、読みづらいと思う人もいるだろう。

慣れているネコ缶でも、この「三幕の殺人」はちょっと苦しかった。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
エッグという女性が、ちょっとうるさい印象も受ける。

そこが減点ポイントなのだが、トリックや伏線、構成は相変わらず非の打ちどころがない。

メモを取りながら、読まれることをおススメする。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きさんを救う!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です