アガサクリスティ

アガサクリスティ(ポアロ)「ナイルに死す」1つの殺人だけでも1冊分の値打ちアリ

旅情あふれるポアロものといえばこれ「メソポタミアの殺人」だ。

「メソポタミアの殺人」詳しくはこちら

これはもう、完璧に面白い

ネコ缶満点出したしな

でも実は、ポアロの旅情物で、もっと面白いものがある。

それが今回紹介するこれ

「ナイルに死す」

ナイルに死す
created by Rinker

満点を「メソポタミアの殺人」で出してしまったので、それ以上だと思う「ナイルに死す」を、どうしようか考えるなあ・・・。

とりあえずいってみよ「ナイルに死す」!

アガサクリスティ(ポアロ)「ナイルに死す」 あらすじ

遺産相続をし、20歳の若さで大金持ちになったリネット。

欲しいものは、何でも手に入れる人生を送ってきた。

あるとき、親友のジャッキーが、リネットにこんな相談をしてきた。

ジャッキ―
ジャッキ―
婚約者が失業して困ってる、リネットの屋敷で雇ってもらえないか・・・ 

軽い気持ちで引き受けたリネット。

だがリネットは、なんとその婚約者・サイモンに一目ぼれし、略奪結婚してしまう・・・。

新婚旅行に、ナイル川の船旅を選んだサイモンとリネット。

幸せなはずの新婚旅行だったが、なんとそこにはジャッキーが待ち構えていて、二人をつけまわすのだった。

不安になるサイモンとリネット・・・。

そしてついに豪華客船の中で、ジャッキーとサイモンの拳銃を交えての大ゲンカが始まった!

とどろく銃声。

だがそれは、美しいナイル川での豪華客船で起こる、連続殺人の幕開けだった・・・。

アガサクリスティ(ポアロ)「ナイルに死す」 感想

進み方がゆっくりなのが、アガサクリスティのミステリーの大きなポイントだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
会話が多いしな~。

小さな町の中を、ポアロやマープルと一緒に捜査しているような気分になる。

だが「ナイルに死す」は、その路線からはちょっと外れる。
ちょっと変わった作りなのだ。

詳しくみていこう

ナイルに死す 構想

「ナイルに死す」は、全部で400ページを超す大作なのだが、内容は前半と後半に分かれる。

それはまあいいのだが、なんと殺人事件が起こるのは、200ページを過ぎてからなのだ

それまでは豪華客船・カルナク号に乗る前の、乗客たちのエピソードがつらつらと書かれている。

慣れた人ならこう思うだろう。

読者
読者
一体いつ事件が起こるのか? 

そこをぐっとこらえて、読んでいこう。

幸い、前半も読みづらいものではまったくない。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ちょこっと事件らしいこともあるしな

真ん中あたりで、いったん事件が起こってしまうと、後は一気に物語は進んでいく。

のんびり話が進む、クリスティとは思えないくらいのスピード。

立て続けに3件の殺人が起こり、真珠のネックレスの盗難まで起こるのだ。

そこで初めて、前半の物語が、伏線として必要だったんだなと気づくのだ。

400ページはかなり長いが、一気に読ませてしまうポイントはここにある。

他の面白ポイントも書いておこう

ナイルに死す 面白ポイント1 ポアロのやさしさ

ポアロは几帳面で自信家で、超オシャレな男性だ。

身近にいるヘイスティングスを、よくからかったりもしている。

ちょっと鼻もちならないところもあるが、達観したような態度で、優しさを見せてくれる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「大空の殺人」やったら、犯人が次に狙う女性を、自分の秘書という事にし、離すために遺跡の発掘に行かせたりもしてるんやで。

「大空の殺人」詳しくはこちらから

今回もポアロは、嫉妬にかられて、いわゆる「ダークサイト」に落ちかかってる女性を、さりげなく戒めたりするのだ。

あなたの心を悪魔のために開かないでください。
なぜなら、あなたが心を開けば・・・悪魔が入ってくるからです。

入ってきた悪魔は、あなたの心の中で巣を作ります。
しばらくしたら、絶対に追い出せなくなってしまうのです。

「ナイルに死す」早川書房 135ページ

 

ポアロは決して、荒々しく言ったりはしない。

嫉妬にかられて、感情的になっている女性に諭すように言うのだ。

ポアロはいい人だな~・・と思うのは、こんなところだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネコ缶やったら、絶対に説得されるな!

ちなみにポアロは、ラストでも犯人に十分同情し、話をじっくり聞くなどして、優しく接している。

誰かを決してとがめたりしない。

「ナイルに死す」は、ポアロのそんなやさしさに満ちている。

ナイルに死す 面白ポイント2 人間の本質をよくついている

 
 
お昼のメロドラマか! 

・・といいたくなるような出だしだ。

親友に彼氏を取られた女性が、意地悪したさに新婚旅行先につきまとう・・・。

SNSが発達した今でもいそうだ、こんな女性は。

嫉妬に狂った女性の怖さが描かれているのだが、アガサクリスティが本当に書きたかったことは、おそらくそれではない。

男性への愛が異様な女性が、たどる道を書きたかったのではないだろうか。

ラスト、犯人が護送されていくときに起こる事件も、愛し方がちょっと歪んだ女性がとる行動で、胸がキリキリする。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
なんだか解るな~・・・みたいな感じだ。

また、男女の愛憎だけでなく、歪んだ親子関係のたどる道などもあり、いつの時代も、人間のやることは変わらないのだなと、思わせる。

人間の本質を書かせると、クリスティは本当にうまいと思わせる1冊だ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「そして誰も死ななかった」も、恐怖に陥った人間の本質書いててええで!

「そして誰もいなくなった」詳しくはこちらから

ナイルに死す 面白ポイント3 3番目の殺人が物凄い臨場感

「ナイルに死す」では、3つの殺人事件が起こる。

その3番目の殺人事件がすごい。

なんとポアロたちの、目の前で行われるのだ。

モチロン計画的に行われた犯行ではない。
追い込まれた犯人の、突発的な犯行なのだが、それにしても大胆だ。

難しい状況の中、見事にやってのけた勇気、現行犯逮捕されなかった敏捷性にも感服する。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
この臨場感あふれる、3番目の殺人だけでも、かなりの見どころや。

アガサクリスティ ナイルに死す まとめ

ナイルに死す
created by Rinker

ネコ缶評価

文句なしに満点だ。
ネコ缶、ポアロシリーズ神9(かみナイン)でもこれを第1位にした。
「ポアロおススメ神9」はこちらから

女性作家だからか、女性の書き方が本当にうまいと、うなること間違いなしだ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ちなみに名探偵コナン3巻の「旗本家の一族」は「ナイルに死す」のオマージュだと思うんやけど・・・。

同感のかた、いーひん?

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です