アガサクリスティ

アガサクリスティ「殺人は容易だ」ぎょっとするタイトルやけど、読めば納得?

以前「シタフォードの秘密」を読んだ時、こんな感想を書いた。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
登場人物、多っ!
シタフォードの秘密
created by Rinker

「シタフォードの秘密」詳しくはこちら

多いだけでなく、その登場人物が複雑に絡み合っているのだ。

そして今回ご紹介する「殺人は容易だ」を読んで、すぐに気づいたのがこれ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
登場人物、多っ!

でまた、今回は「シタフォードの秘密」以上に、とんでもなく複雑に絡み合っているのだ。

殺人は容易だ
created by Rinker

「シタフォードの秘密」以上やったで!

小さな村ならではの、濃密な人間関係の中で起こる事件。
噂好きな「老嬢」に、落ちぶれた元貴族、一発当てた成金に、怠け者のメイド・・・・・

もおクリスティの得意技が炸裂しまくってる。

どんなお話なのか?詳しくみていこう

アガサクリスティ「殺人は容易だ」あらすじ

元警察官・ルークは、列車でロンドンへ帰る途中、隣の老婦人・ピンカートンから奇妙な話を聞いた。

ピンカートン夫人 
ピンカートン夫人 
私の住んでいるウィッチウッド村で、殺人が起こっているんですよ。
しかも何度も!

だから私は、ロンドンの警視庁へ行って、報告しようと思っているんです。 

ぎょっとするルークに、ピンカートン夫人は続ける。

ピンカートン夫人 
ピンカートン夫人 
ある人が、誰かをある特別な目で見ると、その人は死ぬんです!

昨日はドクター・ハンブルビーがにらまれたんですよ。
だから彼を助けないとと思って・・・ 

ルークはあまり相手にせず、ピンカートン夫人と別れた。

だがなんとこの老婦人は、次の日交通事故で死んでしまう・・・。

ショックの冷めやらぬ1週間後、ルークは新聞でこの記事を見た

医学博士ドクター・ハンブルビー、自宅で死亡。

いてもたってもいられなくなったルーク。
ピンカートン夫人話したことが真実か、確かめにウィッチウッドへ行ってみると・・・・。

なんとそこでは、この1年間に5人もの人間が事故死・病死をしていたのだ!

小さい村ながらの、濃厚で複雑な人間の感情。
いがみ合うことはあっても、穏やかに暮らしている村人・・・。
ピンカートン夫人の言っていたことは真実だったのか?

ルークは真実にたどりつけるのだろうか?

アガサクリスティ「殺人は容易だ」 感想

日本でも小さな村は、とかく人間関係が濃厚になりがち。

とはいえ、1年間で5人の事故死・病死は出ないだろう。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
あったらめっちゃ怖いわ

ところがそんな怖いことがあっさり起こってしまう。

それが「殺人は容易だ」の基本ストーリー。

5人の死因は事故死か病死なのだが、それぞれ怪しいところも相当多い。

ちょっと整理しておいた方が、内容を理解しやすいので書いておこう。

「殺人は容易だ」それぞれの事件のポイント

それぞれの事故(事件)を詳しくみていこう。

トニー・・何にでも考えなしに口を出したり、参加したりする若者。
乱暴な面もある、村の鼻つまみ者

とある家の窓からの転落死。

エイミー・・怠け者のメイド。ホートン少佐の家を首になったり、トラブルが絶えない。

かぜ薬と塗料を、間違えて飲んで死亡

ハンブルビー・・上水道の開発でトラブル。古い考えにとらわれている面があり、部下とも衝突気味

医療方法の事故で死亡

カーター・・酒乱の気があり、特に家族から嫌われていた。

酔っぱらって橋から転落死

リディア・・超性格が悪い女性。メイドや夫をこき使い、罵倒していた。

突如、病気が悪化して急死

で、ピンカートン夫人は、何かに気づいて殺されたのかもしれない・・・ってところや。

死んだ5人の共通点は、みんなトラブルメーカーで、しかも特定の誰かに嫌われてもいる。

でも、5人全員を殺すような、強い動機を持つ特定の人物は見当たらない・・・。

 
 
これは○○が殺したのかもしれないけど・・・この事故は○○は無理だよなあ・・・。 
 
 
みんながグル?・・・っていうか、何人かが共犯? 

・・・って考えてしまうところが「殺人は容易だ」の一番面白いところやな!

ラスト近くになったら、なんと死体がもう1つ増える。

これはみなさんでまとめてみよう!

アガサクリスティ「殺人は容易だ」まとめ

殺人は容易だ
created by Rinker

ネコ缶評価

良かったんやけど、ちょっと殺害手段が甘い気がした。
トリック好きのネコ缶、そこでちょっとマイナス。

ノンシリーズお約束の恋愛も、今回は無くても良かったかな・・。

とはいえ、小さな村のいざこざという設定や、ラストのダブル落ちがナイス。

ダブル落ち⇒ラスト近くなって、犯人はこの人!・・・と定まってから犯人が別の人物と判明すること(ネコ缶命名)

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
これ、ミステリーではよくあるんやで!
「ひらいたトランプ」はトリプル落ちがあったで!

「ひらいたトランプ」詳しくはこちら

マープルのセントメアリーミードを思わせる、複雑な人間関係ものが好きな人には、超おススメの作品。

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です