作家アリスシリーズ

有栖川有栖(作家アリスシリーズ)「朱色の研究」何をオマージュしてるか解るよね!

作家アリスシリーズの火村は、「犯罪社会学」のセンセイだ。

犯罪と人間に真摯に向き合い、ストイックでシャープな印象を持つ火村。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
警察からも頼りにされてる 

その火村が、自分の生徒に、事件の解決を依頼されるという、ありそうでなかった展開が今回ご紹介する「朱色の研究」

朱色の研究
created by Rinker

女生徒と何か進展があるのか?(絶対ない。今までの火村を知ってる人なら解る)

詳しくみていこう!

有栖川有栖(作家アリスシリーズ)「朱色の研究」 あらすじ

火村のゼミに所属している貴嶋朱美は、なんと「オレンジ色恐怖症」。

きっかけは15歳の時に起こった放火事件。

彼女の家(朱美は離れに住んでいて無事)が燃えてしまい、世話をしてくれていた伯父が焼死してしまったのだ。

しかも朱美は、伯父が火だるまになって死ぬところも見てしまった。

そして朱美はこうも言う。

貴嶋朱美
貴嶋朱美
2年前に私の知ってる人が殺されましたが、まだ未解決なんです。

火村先生に解決してほしいのです。

そのために先生のゼミも取りました!

生徒を不憫に思う気持ちもあったが、興味もあり承諾した火村。

その後、アリスの家に泊まりに行くが、早朝に何者かがこんな電話をかけてきた。

 
 
オランジェ夕陽丘806号室へ、火村先生に行けと言え 

いぶかしみつつ行ってみる火村とアリス。

すると806号室のバスルームには男の死体が!

しかもそれは朱美のもう1人の伯父・陽介の死体だった・・・。

これは朱美が依頼した、2年前の事件と何か関係があるのだろうか?

火村とアリスが動き出す。

有栖川有栖(作家アリスシリーズ)「朱色の研究」 感想

タイトルが良い。
見た瞬間「おお」と思う。

ミステリー好きな人なら、何をモチーフにしているかはすぐに解るはず。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
言わずと知れた「緋色の研究」やな!
緋色の研究
created by Rinker

ここで言う「朱色」は「オレンジ色」。

ハードカバー本の表紙をはじめ、夕焼けや火の色など、オレンジにちなんだものが物語の随所で見られる。

もちろん殺人事件の現場でも・・・だ。

3つの殺人事件を中心に詳しくみていこう

「朱色の研究」見どころ1 朱美の伯父の死

まず朱美が居候していた伯父の家が放火されて、伯父も焼死するという事故だ。

放火だという事は解っているのだが、これもいまだに犯人が解っていない。

この事件の捜査を具体的にするわけではないが、これは次のマンションの事件に確実につながっていく。

「朱色の研究」見どころ2 マンションでの陽介殺害事件

これが前半の主要事件。

廃墟に近いマンション・オランジュ夕陽丘806号室で、朱美の伯父陽介が殺されていたという、シンプルな事件だ。

だが「六人部」という男が何者かに呼び出されて、事件当時そのマンションにいたというからややこしい。

しかもその陽介も六人部も、2年前の事件があった時は現場にいた人間なのだ。

マンションを使ってのトリックで、誰かが六名田に罪をかぶせようとしたのか?
それとも六名田が嘘をついているのか?

嘘を言ってるようにも見えないが、状況は限りなくクロ・・・・。

こんな状況を、火村と警察が必死に真相に迫り、最後は火村が鮮やかに真相にたどり着いてくれる。

その真相の決め手はここでもやっぱり「朱色」

六人部の存在に気づくきっかけになったのも、オレンジ系の香水がきっかけ。

真相にたどり着くのも、オレンジ色の何かが見えたのがきっかけや。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「白い兎が逃げる」でも思ったけど、有栖川氏の、この辺りの芸の細かさはさすが。 

「白い兎が逃げる」詳しくはこちら

「朱色の研究」見どころ3 2年前の未解決事件

物語後半の主要事件。

貴嶋が火村に頼んだ、2年前の未解決事件だ。
後半はこの事件の真相に火村たちが迫る。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
2年前の事件を軽く説明しよか。

宗像家の別荘にこの人間たちが遊びに集まった。

  • 宗像家の3人(貴嶋朱美の親戚)
  • 貴嶋朱美
  • 陽介
  • 六人部(宗像正明の友人)
  • 中村(宗像正明の友人)
  • 升田(陽介の仕事の付き合いがあった人間
  • 太田夕雨子(被害者)

で、その中の大野夕雨子が殺されるのだが、殺され方が異様。

まず撲殺された後に、崖から岩を落とされているのだ。

しかもなぜかその時間が開いている。

  • 撲殺時間・・・午後2時から5時
  • 崖から岩を落とされた時間・・・午後5時から6時

この両方の時間にまたがる、ハッキリしたアリバイを持っている人がいなかった。

そのうえ、アリバイがない・・・という人もいない。

という事で決め手がなく、あいまいになってしまっているのだ。

そこで火村が、もう一度別荘に行ってみて、再び事件を検証してみるのや。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
夕焼け大好きな中村と、六人部は「夕焼けコンビ」っていわれてたんやで。
ここにもちゃんとオレンジはあるな! 

有栖川有栖(作家アリスシリーズ)「朱色の研究」 まとめ

朱色の研究
created by Rinker

ネコ缶評価

設定はヨイ。
妙なるタイトルも、3つの殺人事件(うち2つは未解決)とモチーフの「朱色」の絡ませ方も。

ただ、犯人の動機に全く共感できなかった・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネコ缶、有栖川氏の作品では、これよくあるんや・・・。

「朱色の研究」のこの結末は、「読書メーター」やアマゾンのレビューでも、ネコ缶と同じ意見が多いな

賛否両論あるだろうが、恋に対してロマンチストな人におススメかな。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です