学生アリスシリーズ

有栖川有栖『孤島パズル』(学生アリスシリーズ第2段)犯人捜しよりコレが面白い

気に入ったミステリーに続編があれば絶対に読みたくなるのがミステリーファンの常。

三毛猫ホームズしかり、ポアロにマープル、加賀刑事・・・・

ネコ缶、結構いろいろ読みました。

今回もご多分にもれず、学生アリスシリーズを読み倒してやろうと意気込んで選んだのがこちら。

学生アリスシリーズ第2段「孤島パズル」!

孤島パズル 有栖川有栖(学生アリス) あらすじ

推理小説研究会に、女性部員が入部。

彼女の名前は有馬麻里亜。
麻理亜の叔父・竜一の別荘で、夏休みにアリスと江神は、遺産をかけた宝探しのパズルゲームをすることになった。

南の島でのんびりと、麻理亜の祖父が残した遺産をかけたパズルゲーム!
泊り客とも仲良くできて最高のバカンス!

・・・と思ったところが、いきなりの大型台風で頓挫。

江神一行やマリアの親族、その友人たちは島で孤立してしまい、そして連続殺人事件が起こる。

3年前に起こった、マリアのいとこが溺死した事件は何か関係があるのか?
莫大な遺産をかけたパズルの謎は解けるのか?

そして連続殺人事件の犯人はこの中の誰なのか?

今回も、部長・江神の推理が光る。

孤島パズル 有栖川有栖(学生アリス)感想

南の島・夏休み・パズルゲーム・ダイヤモンドの遺産、そしてバカンスの中突然襲った台風による孤立状態・・・。

などなど、「絶対面白くなる条件」「何か事件が起こりそうな条件」が整い、「3年前にも怪しい事故があった」という万全の伏線も完備。

その予想を裏切らない、よくまとまった話だと思う。

ただよくまとまりすぎて、今一つ新しさを感じない。
正直、最初の人物シチュエーションを知った段階で、もうこれが解ってしまった。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ふーむ、この人が3年前の復讐ってゆう設定で、なんかやらかしてくれそうやで・・・

ちなみに「被害者の兄貴に、劣等感を感じていそうな次男」という人物設定も、「こいつもなんかやらか事件にかみそうやなあ・・・」と、引っかかるものがあった。

ネコ缶、マニアすぎるしなあ・・・・。

 

ネコ缶にとって「孤島パズル」の面白ポイントは、むしろこっち。

ネコ缶サトコの「孤島パズル」おススメポイント
⇒謎解きよりもパズル解き

・何億というダイヤモンドの遺産の隠し場所をかけた、島全体を使ったパズル。
・その謎を解くのに、随所に建てられたモアイ像がヒントになっている
・パズルは「進化するパズル」

「進化するパズル」という言いかたに最初は「?」と思う。
でもいざ解けてみると、膝を打つようなパズルの進化に思わず感動。
これには犯人が解った時よりも衝撃を覚えた。

孤島パズル 有栖川有栖(学生アリス) まとめ

ネコ缶の評価

前回の「月光ゲーム」に引き続き、江神の推理がさえて、ネコ缶はすっかりファンになってしまった。
とはいえ、できればここに、望月や織田も入れて、4人でワイワイ謎解きをしてほしかった。

良くまとまった話なので、ミステリー初心者の方にもおすすめです。

本で床が抜けそうになっている方はこちら!⇒読書好きさんを救う「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です