学生アリスシリーズ

有栖川有栖「学生アリスシリーズ」の順番と読むときの注意ポイント

有栖川有栖といえば「学生アリス」!やな

いや、有栖川氏は、他にもいろいろ書かれてるで。

でもネコ缶、有栖川有栖を初めて読んだのが、学生アリスシリーズだったもんで、思い入れもひとしおなんや。

でも学生アリスシリーズ読んでみよ!・・・って思ったとき、ふとこう思たわ。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
どれが最初なん?順番は?何冊くらいあるん?

そこで今回は、ネコ缶と同じように思ってる皆さんのために、有栖川有栖先生の「学生アリスシリーズの順番をお伝えします。

有栖川有栖 「学生アリスシリーズ」とは?

では学生アリスシリーズの順番を!
・・・・と、その前に、学生アリスシリーズとは?について書いときます。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
知ってるしええわ!・・・ゆう人は、飛ばして先読んでな。

学生アリスシリーズとは・・・
作家・有栖川有栖による推理小説のシリーズ。

1988年~1990年の日本を舞台に、京都の私大・英都大学の「推理小説研究会」が、様々な事件に巻き込まれ、そして解決していく物語。

洗練された本格推理小説としてだけでなく、若者たちの将来への不安やもどかしい恋愛を描いた、青春ミステリー小説としても評価が高い。

ウィキペディアより抜粋

英都大学の学生、有栖川有栖(作者がのことやね)が、一癖も二癖もある連中ばかりの推理小説研究会というサークルに入部。

その後、メンバーといろいろな事件に遭遇し、みんなで解決していくというお話なんやね。

謎解きの面白さはモチロンなんやけど、ぜひ味わってほしいのがこれ。

推理小説研究会のメンバーの絆と、ミステリー好きな彼らならではの会話(オタクな会話)。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
そして文中に垣間見える、有栖川有栖(作者の方ね)の豊富な知識も見ものなんやで!

それだけでなく、ミステリーだけではない、学生ならではの自由な時間に淡い恋、そして濃い人間関係を十分楽しめるで!

有栖川有栖 学生アリスシリーズ 順番

ではお待たせしました!
学生アリスシリーズの順番を書いていきます。

学生アリスシリーズ 順番1 「月光ゲーム」

学生アリスシリーズ・順番トップは「月光ゲーム」です。

「月光ゲーム」簡単なあらすじ

アリスが入部した夏、推理小説研究会のメンバーは夏休みにキャンプに出掛ける。

そこにいた他大学の学生たちとも打ち解け、淡い恋の予感もし、夏を満喫できそうなアリスとメンバー。

ところが、なんと火山が爆発。

なんとか全員無事だったものの、下山もままならない状態に。

そしてとうとう起こってしまった殺人事件。犯人はこの中にいる・・・?

疑心暗鬼になる学生たち。それをあざ笑うように起こる第二の殺人、火山の噴火・・・。

みんなは無事に下山できるのか?そして連続殺人事件の犯人は・・・?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
密室が火山という設定が斬新!

「月光ゲーム」内容・詳しくはこちらから

学生アリスシリーズ 順番2 「孤島パズル」

「孤島パズル」簡単なあらすじ

EMCに女性メンバーが入部した。彼女の名前は有馬麻理亜。

夏休みに麻理亜の親戚の別荘で、遺産をかけたパズルをすることになった江神とアリス。

バカンスとパズルを楽しむはずが、台風の直撃を受けてしまい、島から出られなくなってしまう・・・。

孤立するアリスたちと、麻理亜の親戚と友人たち。そしてその島でとうとう連続殺人が起こる・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ミステリーよりも、パズルが解ったとき最高に感動するで!

「孤島パズル」内容・詳しくはこちら

学生アリスシリーズ 順番3 「双頭の悪魔」

「双頭の悪魔」簡単なあらすじ

麻理亜が、四国の山奥に行ったきり帰ってこなくなってしまった。

心配する両親が、EMCのメンバーに様子を見に行ってくれるように頼みこむ。

しかし麻理亜の居るところは「他人の侵入を拒絶する芸術家の村」。

ようやくたどりついたものの、侵入できたのは江神のみ。しかも唯一の道である吊り橋が雷で落ちてしまう・・。

2つにわかれてしまったメンバー。そしてそれぞれの場所で殺人事件が起こる・・・。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
話が2つに分かれてるし、飽きずに読めるで!

「双頭の悪魔」内容・詳しくはこちら

学生アリスシリーズ 順番4 「女王国の城」

「女王国の城」簡単なあらすじ

人類協会の調査に行った、江神が帰ってこなくなった。

心配したメンバーが探しに行ったところ、そこは新興宗教の基地だった・・・。

他にも調査に来た人たちと、なんとか中に入れたものの、なぜか今度は全員外に出してもらえないことになる。

人類協会は、一体何を隠しているのか?

そして起こってしまった殺人事件。
11年前の未解決事件は何か関係あるのか?
そしてみんなは無事に脱出できるのか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
5人がそろって動く最初で最後の話や

「女王国の城」内容・詳しくはこちらから

学生アリスシリーズ 順番5 「江神二郎の洞察」

「江上二郎の洞察」簡単なあらすじ

学生アリスシリーズ初の短編集。
アリスが入部してからの1年で起こった、細かい事件が書かれている。

ミステリー要素もあるが、どちらかといえば推理小説研究会メンバーのやりとりや絆の強さ、そして自由闊達な空気などが前面に出されている。

最後の話で、麻理亜入部のいきさつが書かれている

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
英都大学・推理小説研究会ファン、そして江神二郎ファンの方は必読。

「江神二郎の洞察」内容・詳しくはこちら

学生アリスシリーズ 順番 読み方の注意点

学生アリスシリーズを、じっくり味わって面白く読むためには、今書いた順番で読むことをお勧めします。

でも基本的に、どれから読んでも話が解らないという事はありません。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ネコ缶も1→3→4→2→5で読んだしな。

ただ、最後の「江神二郎の洞察」だけは最後に読むこと!

これはファンの方に書かれたものなので、最初に読んだら面白さが半減。

なのでぜひこれだけは最後に読むべし。

学生アリスシリーズ おススメは

どれも面白いのですが、ネコ缶が押すのはこれ

「双頭の悪魔」

話の進め方が斬新だし、読み飽きない。

2つに分かれたEMC。江神のいないグループは、江神なしでも事件解決できるのかハラハラするが、そこはちゃんとチームワークで解決してくれる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「読者への挑戦」が3か所もあるので、気を緩めずに読まんとあかんで!

学生アリスシリーズ 順番 まとめ

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ではまとめます。

学生アリスシリーズ 順番

1 月光ゲーム
2 孤島パズル
3 双頭の悪魔
4 女王国の城
5 江神二郎の洞察

中でもネコ缶一番のおススメはこちら

「双頭の悪魔」


2つに分かれて進む物語で、飽きずに読み進むことができる。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
2冊分の本を、読んだような気分になれること請け合いやで!

「双頭の悪魔」内容・詳しくはこちら

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きさんを救う!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です